社長ブログ   |  【現在のブラジルより・・・】

社長ブログ

【現在のブラジルより・・・】

2016.07.07

 先週からの2週間出張でアメリカ・メキシコ・パナマと渡り、現在ブラジルに来てます。

 

 鳥取からここまで移動トータル時間は約50時間超え・・・。とどめはサンパウロからの国内線で乗った写真のおんぼろプロペラ機。多分人生で1,000回以上飛行機乗ったと思いますが、間違いなく最低最悪でしたね。20数年前に中国で乗った飛行機より更に酷い機体でしたから(笑)。今回の出張で共に行動しているビジネスパートナーで根っから明るいラテン系のリカルドもさすがに苦笑いで写真撮影。

DSC_3419DSC_3644DSC_3639

 ご存知の通り、来月よりリオデジャネイロにてオリンピックゲームが開催されますが、私はサンパウロ経由でカスカベルというかなりの田舎町にてのビジネス。ここから約100キロ程走ればアルゼンチンとパラグアイの国境で、かの有名なイグアス国立公園とイグアスの滝があるようです。当然そんな時間も無く、世界中の国立公園巡りが好きな私からすると千載一遇の大チャンスを泣く泣く諦めることとなりましたが・・・。

 

 ちなみに今回の出張でどのブラジル人と話してもオリンピック開催には超否定的。私の人生の中で、最も楽観的な人種はブラジル人ではないかと思うくらいですが、その彼らでさえ否定的なオリンピックってどうなんだとさすがに思ってしまいます。確かに現在のリオは毎日10数人平均で殺人が起きているとか、警察がストをおこした挙句リオ空港出ると「地獄へようこそ」と大弾幕を掲げているようですから世も末です。あくまでも個人的見解ですが、ここ数週間のプロアスリートが続々とジカ熱を理由にオリンピック不参加を表明してますが、実際の理由は違うところにあるでしょうね。

 現在日本では東京オリンピックが世界への恥だみたいなこと言      われてますが、正直まだ全然ましだなという印象でした(笑)

 

 7年前にリオ・オリンピックが決まった際のフィーバー、更に言えばその前のワールドカップ決定ニュースでの盛り上がりの際、まさに世界の中心がブラジルにあるかようのでしたが、あの時誰が現在のこの姿を想像したでしょう。これが国の難しさであり経済の奥深さであると思うと、怖さまで感じてしまいます。

 

 さてさて私の方は今回出張のミッションも無事完了しこれから帰路につきます。帰りはロサンゼルスよって一件仕事こなしてから日本なので、結局6本のフライトを経て今度は60時間オーバーの長旅です。ちなみにこの10日で12本のフライトで機中泊計6泊・・・。計算したら地球一周を超えてる・・・。それこそどこかの都知事のようにファーストクラスとはいいませんがせめてビジネスクラスなら楽なんですけどね。しかし私は万年エコノミー派で常に隣の外国人と肘掛の取り合いです(笑)。まあ一番の理由は結局乗ってる時間は同じなんでね。半分の時間で移動出来るならお金払うかもしれませんが、どのクラスに乗っても到着時間は当然一緒ですから。

 

 実はアマチュアスポーツの熱狂的ファンである私は、何よりリオデジャネイロオリンピックゲームの成功を心から祈ってます。全てのアマチュアアスリートが最高の条件で最高のパフォーマンスの出来るゲームであるといいですね。1か月後が楽しみです。それではサラバ・ブラジル!!

DSC_3624DSC_3629DSC_3627DSC_3634

 DSC_3632DSC_3637