社長ブログ

社長ブログ

【ワールドカップとカミカゼ】

2018.06.25

 日本列島深夜0時スタートのTV番組に、驚異の30%超え視聴率。そう、ワールドカップセネガル戦の数字だ。結果はご存知の通り、2 vs 2のドロー。

 

 勝ち越せるチャンスが多々あり、西野監督はドロー狙いではなく明らかにこの一戦で本選を決めるという戦略が見えた中で、若干の消化不良はあったことは確かだ。しかしその後のコロンビア勝利で日本にとって最高のカミカゼが吹いた。

 

 そもそもたった2週間前に、ここまでの盛り上がりを誰が予想しただろうか。どん底の状態で、自信を喪失し史上最弱代表と揶揄された彼らが、今は自信に満ち溢れている。

 

 数週間前に、初戦がコロンビアではなくポーランドなら少しはチャンスがあるとまで言われた日本代表に、開始早々のまさかのコロンビア一発退場 & PK。そして前回コテンパンにやられたハメス・ロドリゲスの明らかな体調不良で途中出場、途中出場してから彼のせいで更にコロンビアのバランスが崩れるというカミカゼが吹き勝利。

 実は同組最強かと言われたセネガルも、明らかに前節ポーランド戦と別チームのような躍動感の無さ(これは日本が頑張ったという見方も当然あるが)。そして日本は前節と真逆で半端だった大迫が決定機を外しまくっても、西野監督が立て続けに投入した本田&岡崎コンビが得点に絡むというカミカゼ。

 この時点で最終戦は、既に脱落し戦意を失ったポーランドに引き分けでOKという最高な状態。セネガルは調子を下げており、逆に調子を上げてきたコロンビアが点差のある勝利を収めれば、仮に日本が負けても最小点差なら予選突破の扉をこじ開ける可能性すらある。

 それくらい今の日本代表は神がかっているというか、今風に言えば神っている。カープファンじゃないけど・・・。

 

 メディア含めて世論がここまで掌を返すことは通常疑問符だが、日の丸を背負うプロフェッショナルである彼らにしてみれば当然といえば当然か。それだけ勝負事とは紙一重で、恐ろしいほど怖い。勝負事にたらればは禁物だが、しかし今回のワールドカップ、日本にとってあのコロンビア戦開始3分の反則PKが無ければ、その後どうなっていたのか考えるとぞっとするほどだ。

 

 思い起こせば前回のワールドカップ ブラジル大会。今回の何十倍もの期待を希望を背負わせられ、特に良くも悪くも当時の本田の言葉を信じ、本当にベスト4も夢ではないという期待感のあった大会であった。初戦コートジボアール戦で本田が先制ゴールした直後なんて、国民皆そう感じていたはずだ・・・。そう、あのドログバが途中投入されるまでは・・・。結果は周知のとおり、そのドログバに好き放題やられ期待感で一杯だった4年前の日本代表は、まさかの一勝も出来ずブラジルを去るという屈辱の結果に終わる。

 

 期待が大きかっただけに、本田を中心とする日本代表はこれでもかと叩かれた。まさに今回の真逆。今回は8年前の状況に似ていると言われるが、反動の盛り上がりはそれ以上ではないかと感じるほど盛り上がっている。まあ、良くも悪くも日本人のナショナリズムが毎年急上昇していることを考えると、当然かもしれないが。

 

 私はスポーツ好きなので、当然の如くワールドカップは大きなスポーツイベントであるが、その側面すなわちメディアや国民の一挙手一投足を冷静に眺めるのもまた楽しい。実は明日から、北米出張。残念ながら最終ポーランド戦は丁度アメリカから国境越えでメキシコに入る時間なので、TV観戦は不可能。見れないからこそ、海外からだからこそ、少し冷静に客観的に日本を眺めるのもまた楽しいかもしれないと、ポジティブに考えている。

 それは情報やメディアに振り回される現代人の構図だ。

 

 2日前まで、「大迫半端ないって」が今年の流行語大賞最有力と言われた日本列島。それが今日の時点で既にひと昔前のフレーズと感じるのは私だけだろうか?時代の流れ、人の興味とはそれほど早く動くのが現代社会。逆に捉えるとそのスピード感がないと時代から取り残される。

 

 過去のことなんて、カミカゼが一瞬で吹き飛ばしてしまうということですかな・・・。

 

 

 


【鳥取スイカ出荷】

2018.06.10

 鳥取は6月になるといよいよ「鳥取すいか」の出荷シーズン到来です。 鳥取すいかというより、大栄すいかという方が分かる方も多いかもしれないくらい、スイカの有名ブランドとなっています。

 

 他のフルーツや野菜と同様に、この「鳥取すいか」、我々が子供の頃より飛躍的に進化を遂げており、本当に美味しい仕上がりになっています。いま、30年前のすいかを食べたらどんな感じなんだろうって思います。だって今時塩かける人なんていませんよね?(笑)。今の子供には理解できないでしょう。

 

 さて、その鳥取すいか、意外かもしれませんが、鳥取は4月~6月の日照時間が長く、日本一有名な熊本すいかの御当地熊本より、この期間の日照条件は長く恵まれています。このため、糖度の乗った極めて大玉な美味しいすいかが作れる条件が鳥取には揃っているんです。

 

 そして今ではフルーツの味覚を形容する「シャリ感」という言葉があります。恐らく昔は無かった言葉でしょう。しかしこのシャリ感がすいかには重要です。これによって瑞々しく、甘味をより感じるんです。冷やせば、このシャリ感のお陰で更に味は倍増します。

 

 更にここ近年はスーパーなどでカットすいかが主流になってきており、こういった形にはシャリ感が無ければ、口当たりの悪いすいかになってしまいます。

 

 さあ、夏の味覚の王様、「鳥取すいか」。弊社は苗から鳥取県大栄を中心にした中部地域にサポートしています。これを食べて、夏を感じ、日本の夏を満喫しましょう!!

32013198319732003199


【負の世界遺産とThe Holocaust】

2018.05.13

 リトアニア・クラクフから、ポーランド・ワルシャワ経由でバスを乗継、約15時間揺られながら、ポーランド・カウナスへ移動。この地へ来た目的は、あの負の世界遺産と言われる「アウシュヴィッツとビルケナウ強制収容所」へ訪れる為。

 

 日曜日ということもあるのか道も結構混んでいましたが、カウナスの街から2時間ほどでアウシュビッツへ到着。個人だと入場自体が困難のようで、急遽英語ガイド付きのツアー参加。ちなみに日本語ガイドツアーは3倍の価格・とのこと・・。

 

 実は今回週末を利用して東欧方面へ足を延ばした目的は、杉原千畝氏ゆかりの地訪問と、このアウシュビッツ訪問。

 

 私の人生で絶対に一度は訪れたいというより、訪れるべきだという思いがありました。本で読むのではなく、映画で見るのではなく、自分の肉眼でどうしても見たい。ただその思いだけで。

 

 アウシュヴィッツとビルケナウの2か所訪問のトータル4時間ほど。もちろん予備知識があったので、大概知っていることばかりでしたが、やはり自分の目で見、自分で直接感じるのではここまで違うのかということを痛感。

 

 諸説あるものの、この地で100万人とも150万人ともそれ以上ともいわれる無差別殺戮の数々。たったの数年間ほどで・・・。

 囚人女性の髪の毛で作られた布製品、老人の眼鏡や入歯、ハンディキャッパーの義足や車椅子。無差別殺戮の上に、使えるのは全て利用。子供や死体を使った、人体実験映像・・・。

 

 アウシュヴィッツやビルケナウがというより、「The Holocaust(ホロコースト)」がいかに恐ろしいかということを目の当たりにして、ただただ茫然自失となり、言葉も出ない。

 

 「負の世界遺産」という言葉だけでは表現出来ない大量殺戮が、70数年前にこの地で起きたという現実。。。たったの70年前。

 

 「The Holocaust」自分の肉眼で見て、現実を受け入れると、人類の犯した罪にただただ心が震えた。人は一体何のために生まれてくるんであろうか。虫けら以下の扱いの殺戮現場を見て、生きていることに対する感謝と、更に前向きに生きていく義務を感じずにはいられなかった。

 

 やはり生きていること生かされていることが全ての一歩であり、その全てが感謝である。

 

 週末使って訪れて本当に良かった。忘れられないのではなく、自分が生きている限り、絶対に忘れてはいけない訪問記であったことだけは間違いない。

 

 自分達は幸せだ。

32446404_1843643845654029_1765554578851364864_n32294613_1843643892320691_4418463162131546112_n 32332541_1843643992320681_7070243375898689536_n 32336864_1843644095654004_6433694368971882496_n 32336961_1843643925654021_5300673062755106816_n