CEO blog

CEO blog

【ボランティアの本質とは】

2020.11.29

 前回の地域清掃活動をおこなってみて、改めて「ボランティア」という言葉の本質を考えるようになり、色々調べてみました。

 

 そもそもボランティア(volunteer)の語源は、ラテン語の「volo」とのこと。意味は「自分から進んでおこなうこと」「喜んでおこなうこと」というように、受動的ではなく逆に能動的な表現のようです。要するに「自発的」「主体性」であることのようですね。

 

 現代社会で特に日本では「ボランティア」が語られるとき、肝心の「自発性」「主体性」がポイントではなく、どちらかということ「良いことだから、子ども達全員にやらせよう」という方が多いかもしれません。しかし、本来ボランティアとは、「自発性」「主体性」がないと意味がないはずです。要するに自分が好きなこと、得意なこと、大切に思っていること、何とかしないといけない事、あるいは憤りを感じること、放っておけないと思うこと。そこからスタートすることに大きな意味があるのです。

 

 義務や強制ではなく「volo(自発性・主体性)」であるからこそ、小さな問題の為に動いたり、「volo」だからこそ、もっとニーズに応えたいと思い、それが前例のない先駆的な取り組みを生み出すことに繋がります。そして、「volo」だからこそ、無償でも取り組むという「無償性」のアクションに結び付くはずです。

 

 日本ではこのボランティアという意味は、どうやら「奉仕活動」という本来の意味とは少し異なる訳語が使われるようになったようです。だからこそ、「自発性」「主体性」よりも「善い行い」というとらえ方が広がっているように感じます。よってボランティアといえば「福祉分野」的なイメージも浸透したように思われます。しかし、本来のボランティア活動は、福祉、医療、教育、環境、国際交流、多文化共生、国際協力、さらにスポーツ、文化、芸術なども含めた多様な分野で取り組まれています。

 

 ボランティアと言えば、災害時・緊急時にアクションをする方のイメージも強いようですが、今年開催予定であった東京オリンピックのおかげで、少しずつ社会認識の変化がみられるように感じますし、これは素晴らしいことであるはずです。

 

 活動分野や内容は何であれ、一人ひとりが、「自発的」「主体的」に社会の多様な課題に取り組むことによって、様々な発見やアイディア、解決策が生まれます。それが地域社会の基盤を強くしていきます。一人ひとりを活かし合える住み良い社会を作っていくために、ボランティア活動を社会に広めることは社会の一員として非常に大切だと思います。そしてこれは、一企業である我々も同様に取り組んでいくことが、結果として地域社会貢献に結び付くはずです。

 

 こういう活動をすると、必ず偽善行為だという揶揄も出るでしょうが、例え偽善活動としてもやらないよりはやった方がいいことは誰の目にも明らかであり、そしてそれが「自発的」「主体性」があれば尚更です。

 

 先日の弊社メンバーが取り組んだ、地域清掃活動は、まさに「自発的」「主体性」あるボランティア活動として我が会社のスタッフながら、非常に誇らしいですね。何故ならば、私は一切の指示を出していなく、彼彼女たちが、自発的に取り組んだことだからです。


【地域清掃活動】

2020.11.16

 先日、鳥取市弊社建屋がある、賀露町・里仁地域にて、地域清掃活動を行いました。

 

 例年砂丘一斉清掃に川口グループとして参加しておりますが、今回はコロナ禍ということから残念ながら不参加となりました。その時点で、取りまとめするメンバーより、砂丘一斉清掃がダメなら、是非とも会社地域清掃活動をしましょうという進言を受けました。

 

 正直私としても、非常に誇らしく、嬉しい気持ちになりましたね。こういうイベント系は、一般的に会社が主導となることが多いはずです。しかしながら、会社主導では参加者は受動態になり、本当にやりたいかどうかは分かりにくくなり、ボランティア活動の本質から外れてしまうはずです。

 

 当日は参加者みな朝早くから集まって下さり、写真の通りかなりの量のごみが回収できました。一生懸命やって下さっている姿は勿論、終わった後の達成感ある表情が、私にとっては何より印象的であり、何より心を嬉しくさせてくれます。

 

 ビジネスを行う上で最も大切なことの一つに、必ず数字の達成ということがあるはずです。これは全ての企業にあてはまることでしょう。それは企業経営する存在意義である、それこそが社会貢献であるからです。

 

 しかしながら、私にとっていつの時代もそれと同じくらい、こういったボランティア的なことは大切にしたいと思っています。何故か?それは、これこそが我々が掲げる「地域社会にとってなくてはならない存在」に繋がると信じているからです。

 

 企業とは地域があるからこそなりたっているということの本質を、改めて考えさせられ、そして我が社員の方々から教えられた一日でした。彼らの活動は、私にとって何よりも誇らしいことです。

2020.10.28 清掃活動_201110 2020_0.10.28 清掃活動_201110 2020_1.10.28 清掃活動_201110


【ファミリー参加型芋掘り】

2020.10.29

 10月25日(土)弊社中部オフィス近郊弊社農園にてのカンパニーイベントとして、会社メンバーとファミリー参加型の芋掘りを行いました。

 

 実はこの春より、「紅はるか」「シルクスイート」といった品種を、中部オフィスそばの畑を耕し、弊社スタッフにて栽培を行ってきました。

 

 その流れで折角だから、社員の家族に掘ってもらおうってこととなり、今回のファミリー参加型イベントとなりましたが、写真の通り想像以上の豊作となったようです。っというのも、残念ながら私は不参加でしたので、その興奮の様子を皆から聞いたことと写真からということです。

2020_0.10.25 サツマイモ掘り🍠_201110

 この春に芋を植えようかという流れになった際に、ファミリーイベントという位置付けにしていませんでしたが、結果的に皆さんやその子供たちの笑顔の写真を見ていると、大正解 & 大成功だったのかなと思っています。

2020_2.10.25 サツマイモ掘り🍠_201110

 ここ近年のさつまいもの品種進化はまさに目を見張るものがあります。焼き芋だけで、既にスイーツとしての完成形であるのは皆さんご存知でしょう。昔のように焼き芋に美味しくない芋が混じっているような当たりはずれはありませんし、芋から出てくる溢れんばかりの蜜で手がべとべとになるほどです。

 

 数年前にドン・キホーテが、焼き芋で集客し売り上げを伸ばしたのは、皆さんの印象にも残っているでしょうが、確かにこの値段とクオリティで集客することはマーケティングとして間違いのない選択肢ですよね。

 

 ちなみに私のお勧めは「シルクスイート」という品種。是非とも皆さんに御賞味いただきたいですが、今の主流はこれを含めて、「紅はるか」「安納芋」が御三家的な位置づけになってきていますね。加熱すると糖度40度以上になることも多々あるようですから、恐るべし現代のさつまいも!って感じですね。

2020_1.10.25 サツマイモ掘り🍠_201110

 寒い季節になりましたが、今回持ち帰ってくださったサツマイモで焼き芋をつくり、家族で身も心も温まる団らんしてもらえると、このイベントは大成功だと思います。ただし芋は収穫から、1か月前後は保存した方が甘みが増しますので、お気を付けて・・・。

2020.10.25 サツマイモ掘り🍠_201110