社長ブログ

社長ブログ

【Tiger is Back !!】

2019.04.17

 強いタイガーが戻ってきた。14年ぶりにマスターズに戻ってきた。世界中を歓喜の渦に巻き込んだと言っても大袈裟ではない、久々のビックニュースでした。

 日本のレジェンド・イチローが引退し、脱力感ともいえるイチローロスの中、タイガーのマスターズ優勝!

 奇しくもイチローは私の一つ年上、タイガーは私の一つ年下。同世代アスリートの引退は悲しみに包まれるが、同世代の復活劇は我々に大きなエネルギーをもたらせてくれる。

 丁度10年前2009年、タイガーを巻き込んだ世紀の大スキャンダル劇。当時私はアメリカに住んでいたが、まさに連日連夜、徹底的にメディアはタイガーを叩きまくっていた。TVをつければタイガースキャンダルっていうくらい凄まじかったことを今でも鮮明に覚えています。

 日本でも有名人のスキャンダルに対して、メディアが徹底的に叩くのが最近の風潮という印象が皆あるであろう。しかしアメリカのそれは、日本のそれとは正直比にならないほど凄まじい。パパラッチにしても、過激メディアにしても、人権もひったくれもなく、ひたすら叩き続ける。

 あの精神力を持つタイガーでされ、自殺が頭をよぎったと後日コメントしていた程だから、それはもう凄まじかったのだろう。

 あれから10年の間に、世界一が当たり前のタイガーの世界ランクは674位まで下降。手術を重ね、試合に出るなんてレベルではなく、歩くことすらままならない。時が過ぎ、飛距離が重要な現代ゴルフで、若い選手に大きく引き離されるドライバー。誰しもタイガー時代の終焉を迎えたと思っただろう。

 

 しかし全ての予想を覆す、今回のマスターズ優勝。

 

 私は結果を知ったうえで録画中継に食い入るように観戦した。優勝したことを知っているのに一喜一憂し、TVに向かって声が出る程興奮した。マスターズ名物であるアーメンホールでは、10数年前の全盛期をラップさせるような経験豊かなショット。

 

 そして何より今回のタイガー復活劇で、強く感銘を受けたのは、アメリカ社会の一つの姿。

 

 全ての人たちが、タイガー復活を待っていたような盛り上がり方、そして心から称賛している社会背景が間違いなくある。

 

 そう、いつも見せつけられるのが、このアメリカ社会の「セカンドチャンスを与える姿」。人間は誰でもミスをする。もちろんミスをすると徹底的に叩くのもアメリカ社会。しかし、それだけで社会から消し去ろうとしない。叩くだけ叩いて、そのあとセカンドチャンスを与える。そしてそこで復活をすれば全てを忘れ去ったように迎え入れる社会であるといつも感じる。

 

 日本はどうだろう。芸能人でもスポーツ選手でも企業でも一般人でも、ミスをすると徹底的に叩く。そして社会から消してしまう。清原が覚せい剤で捕まったあと、ダルビッシュがツイッターで呟いたのが忘れられない。

 

「さぁ皆で清原さんのセカンドチャンス、応援しましょうよ! 
甘いとか自業自得とか聞くけど、そんな理由で 人の人生を消してもいいのでしょうか?」 

 

 人は必ずミスをする。 もちろん企業だってミスをする。しかし日本社会は倒産・破産をすると社会から抹殺される。「信頼・信用」が無くなるからだろう。

 

 しかし復活する人間は強いはずだ。そもそも何度も言うが人はミスをする生き物だ。ドナルド・トランプ大統領だって、4度も破産している。くしくも4度目の破産はタイガースキャンダルと同じ2009年。その数年後に大統領になれるアメリ社会。

 現代の日本では不可能であろう。

 

 仕事をしていて、誰かに何かを教えていても、いつも私が口にするセリフがあります。

 

「ミスをしてもいい、ミスをしない人間は何もしていない人間だ。何かにチャレンジしていれば人はきっとミスをするからだ。そしてミスは咎めないが、チャレンジしていないことに対しては苦言を呈す」

 

 世界一になる人間ですらミスはする。しかしそのミスを乗り越えたからこそ、もう一度世界一に戻ってくるチャンスがある。もし10年前のタイガーのミスにより、彼を社会から消し去っていたら、今回の復活劇は無かったわけだ。そしてこの復活劇によってどれだけの人々が勇気付けられたことだろうか。

 

 ミスをしても復活できる、セカンドチャンスが与えてもらえる日本社会になってほしいと切に思わせてくれる、今回のタイガー復活劇だった。


【インターペット出展 2019】

2019.04.01

 3月28日から4日間、国内最大ペット業界展示会である、インターペット2019が東京ビックサイトにて開催され、今年もリバードペットとして出展してまいりました。

 弊社も過去最大人数である6名を鳥取から派遣し、4日間朝から晩まで一生懸命頑張ってくれました。

 

 昨年から印象が強くなったことが、とにかく外国人バイヤーの多さ。去年のこのブログにも書きましたが、今年は更にその印象が強かったですね。

 業界の訪問者数での比較だと、国内に対して海外のお客様は25%ほどと感じる程でした。

 

 これは3年ほど前だと、せいぜい1~2%程であったと感じる数字でしたから、今年は尚更驚きました。他に出展されている同業者との立ち話でも、皆さん異口同音に仰っていたので、やはり年々急速に増えているんでしょう。

 

 しかし何故にここまで外国人バイヤーが増えたのか。理由はいくつかあります。当然、海外富裕層を中心とした、高品質Made in Japan製品の安定した人気。ここ数年のインバウンドの急増から日本製品に人気拡大。

 

 そして皮肉を込めて言えば、安定した「円安」と「デフレ」が大きな要因であると感じます。

 

 要するに日本製品は安いんです。ってか、日本って何でも安いんです。このインバウンド急増は、結局日本に旅行するのが以前と比べて格段に安いということです。

 だから、海外バイヤーは高品質で安い日本製品に飛びつくというわけです。

 

 今でも私がアジアのどこどこに出張するというと、「なんでも安いんでしょ?」って言われることが多々あります。いえいえ、アジア諸国でも日本よりよっぽど高い都市はいくらでもありますよ。軽くランチするだけで、結構いい値段取られますから。

 

 やはり大半の日本人にとって、日本はまだまだアジアの盟主であり、日本の物価はとんでもなく高いという固定概念がぬぐえないんですよね。

 

 現在日本のGDP(国内総生産)は第3位。この表現がやっかいなんですよね。それは、日本を世界3位の経済大国とみてしまうということ。しかし現実日本の人口は世界10位で、日本より上位の国は、アメリカ・中国を除くと全て発展途上国なんです。

 要するに日本は経済大国であると同時に、人口も非常に多い国となるわけですから、当然のことながら、人口が多い国ほどGDP順位が上になりやすいというわけですね。

 

 その反面、日本の一人当たりの名目GDPは、なんと26位。国としての金額はそれなりだけど、個人としては世界26位というわけです。この順位はアジアでも、香港・マカオ・シンガポールより下になります。

 結局日本は一人当たりのGDP直すと、実質そこまでではないということです。

 

 振り返ってみると、日本国民の大半がこの20年間物価が上昇した感はほぼ無いと感じるでしょうから、この結果は当然です。これが俗にいう失われた20年ということです。

 

 だから、外国人バイヤーが増え、外国人観光客が増えるというわけです。

 

 インターペットに出展するだけで、それらの世界を垣間見ることが出来るのもまた面白いことだと感じます。そして大切なのはこの現実をどれだけ理解し分析し、我々の将来に繋げていくかということです。

 

 要するに海外進出を加速するということは必然であり、海外進出しなくては、我々の未来は限りなく頭打ちとなる可能性が高いということです。

 

 企業とは「ブルーオーシャン」に進み続けなければならないということを強く感じる、インターペット出展でした。


【イチロー引退会見を見て ②】

2019.03.31

 イチロー引退会見で、実は最も衝撃を受けた一つに、「一弓」の名前が出たことだ。これはネット上でも大きな話題になった模様で、共有者が沢山いることを非常に嬉しく思った。

 

 その一弓とはイチロー家の愛犬の柴犬。イチローと弓子夫人との名前から取ったのだろうが、私も10年以上前にイチローのドキュメント番組で見たのが最後だったが、ファンにとっては超有名犬である。

 しかしここ数年、全く近況を明らかにされておらず、正直失礼ながらまだ生存しているとは思っておらず、本当に名前が聞けただけで感動した。

 

 一弓が発端になったかどうかは微妙だが、2000年代アメリカでは結構な柴犬ブームだった。発音は、「シバイ~ヌッ」(イにアクセント)。本当に街で散歩しているオーナーが沢山いたし、シバイヌは今でも普通に英語となっていて、普通にアメリカ人相手に通じる単語。

 私はペット関係の仕事をしているからというより、元々生粋の愛犬家なので、実はずっと一弓のことは気になっていた。10数年前、そのドキュメント番組でイチローの定番朝カレーの後、一弓とソファーで戯れるシーンの笑顔が、今でも目に焼き付いている。まさに勝負師が仮面を脱ぐ数少ない瞬間。

 

 犬の寿命は年々飛躍的に伸びている。私が子供の頃から比較すると、倍近いらしく、小型犬の犬種によっては15歳前後は普通らしい。一般的に言われるその理由は、当然のことながら医学の進歩とドッグフードの品質向上。

 しかしそれにしても、中型犬である柴犬の17歳は凄い。

 

 イチロー会見中、一弓の話題になった際、記者一同和やかな雰囲気になったようだが、逆にイチローは真剣な顔つきだったらしい。私は現時点でまだ引退会見を見ていないので、あくまでもニュースの描写だが、イチローだけ明らかに違ったようだ。

 

 私の見解として、一弓がイチローを支えていた家族だったことは容易に想像できる。私も我が犬に、日々支えられ癒されていることを実感出来るし、自分の日々のエネルギーは我が愛犬から、とんでもない程貰っている。

 

 犬の17歳とは、人間年齢でいう100歳を超えるという。イチローの現役引退を発表された今、一弓が一日でも長く生きて欲しいと心から思う。

 

 一説によると、犬にとって最も嬉しいことは、ご飯の時間でもなく、遊びの時間でもなく、飼い主と一緒に過ごす時間らしい。一弓は17歳と長く生きているが、現実として遠征続きで1年の半分以下しか家にいないMLBプレーヤーのイチローと過ごした時間は、かなり少ないことは容易に想像出来る。

 

 一弓が17年間寂しい思いをしたんであろうこともまた、容易に想像出来る。大きなお世話だが、これからの余生を、少しでも長くオーナーと過ごしてほしいと切に思う。

 

 世界のイチローを間近で支えてきた、陰の最大の功労者でもある一弓にも、心からお疲れ様と言わなくてはならない。