社長ブログ

社長ブログ

【RIVERD USA Holiday Party】

2016.12.02

 只今北米出張中です。今回RIVERD USA MEXICO工場メンバーとHoliday Partyを行いました。まだ工場立ち上げ直後なので、少ないながら新しいメキシカンメンバーと一緒に初めての食事でしたが非常に楽しい時間でしたね。

 

 ちなみにこのHoliday Partyというのは日本でいうクリスマスパーティーや忘年会と近い内容です。なぜHoliday Partyというかということ、やはりこちらは他民族・他宗教国家だからという理由がメインですね。要するに、クリスマスというのはあくまでもキリスト教文化であって、世の中にはいろいろな宗教や民族がいるわけで、なぜ別宗教の私がキリスト教のイベントに強制的に参加しないといけないのかということ観点からです。

 

 さてそのPartyは夜だとメンバーのスケジュールが合わないようで、昼のランチ時間に工場近くのイタリアンレストランで行いました。食事の前に、メキシコ工場総責任者山田EVPより一人一人のメンバーにホリデーカードとプレゼントが贈られましたが、皆の心からの笑顔が印象的でしたね。やはりどの国でも言葉が分らなくても笑顔は全てを解決してくれるくらい相手をも幸せにしてくれます。

 そういう意味でも最初から最後まで笑顔いっぱいの楽しいPartyでした。私自身も、彼女達と片言のスペイン語を発しながら、同時にスペイン語を教えてもらいながらで非常に楽しい時間でしたね。料理はやはりメキシコにあるイタリアンという感じでしたが・・・(笑)

 

 来週はいよいよ工場監査ですが、それを乗り切ればいよいよ生産スタート。工場に入り3か月でやっとここまで来ました。山田さんを中心に、日本から田中さんの応援、メキシコサイドのサルバドール、アメリカサイドのレイチェルらコアメンバーと、写真の工場メンバー達とのチームワークでやっとスタートラインに立てそうです。

 

 今日のPartyのおかげで数年後に今日のこのPartyがきっと懐かしく素晴らしい思い出として蘇ってくるだろうなという確信を強く持ちました。

 

 しかし当然のことながら、お店の外に出るとここはアメリカ大陸西海岸。朝晩は冷えますがやはり日中は20度を軽く超える日々。半ズボンとTシャツのサンタクロースの恰好をした人がたまにいる程の気候ですから、基本的にはクリスマスムードは微妙ですね・・・(笑)。

 

 来週末は日本にて川口グループクリスマスパーティー。RIVERD USAに負けないよう、あちらも盛り上げたいですね!!

dsc_4358 line_p20161205_123403162 line_p20161205_123412437 line_p20161205_123415400 line_p20161205_123325144 line_p20161205_123332274dsc_4353dsc_4354dsc_4360dsc_4356


【Uber (ウーバー)】

2016.11.30

 前回のブログにも書きました、Uber(ウーバー)の実体験をここで少し。

 

 只今、アメリカはコロラド州デンバーに出張で来ています。今回初めて逢う予定のクライアントがここデンバーにオフィスを構えているということでの訪問ですが、日本人にとって比較的マイナーなここデンバーには、なんと成田空港とのユナイテッド航空直行便が飛んでいます。久々のアメリカ系航空会社の機内は、まるで冷凍庫のような寒さで凍えるように相変わらずレベルのサービスを受け、相変わらずレベルの機内食は食べず10時間を過ごし、やっとここデンバーまでたどりつきました。

 

 さてデンバーという街、スポーツ好きな方からするとちょくちょく聞く名前です。野球好きなら今年8月のイチローのメジャー3000本安打達成した球場ですし、一昔前に野茂英雄がノーヒットノーランした場所でもあります。そしてアメリカンフットボールではあのペイトンマニングを擁し去年のスーパーボールを劇的に制した名門デンバーブロンコスの本拠地です。そしてQちゃんこと高橋選手をはじめ、多くのマラソンランナーがここで高地トレーニングをします。そう、ここはロッキー山脈の麓で標高1,600メートル以上の高地なんです。

 

 まあ、そんな余談はそこそこにして、今回はUberのトピックです。Uberとは日本でいうハイヤーにニュアンスが近く、ドライバーは自家用車を利用し空いた時間で仕事をすることが可能なシステムです。そして利用は基本的に全てスマホ上ですませます。

 まずUberのセットアップは、自分のスマホにUberアプリを入れて、そこに自分のプロフィールとクレジットカード情報を入力すれば完了。せいぜい5分もあれば十分ですね。もちろん初回のみでOKです。

 

 これであなたはもう世界中のUberを利用可能となるわけです。それではアプリ上でUberを呼びます。このとき今自分がいる場所を位置情報GPSで指定してもいいですし、例えば1時間後に自分がいるべき場所をしてすることもOKです。当然住所入力でもいいですし、スマホらしく位置情報をマップ上にドラッグして指定してもOKです。さらに自分の行先もここで入力します。この時点でおよその見積金額まで出るので利用前に本当に安心出来ますね。

line_p2016121_072909

 さあUber呼び出しを決定をして通信開始すると、アプリが最寄りのUber車を呼び出します。日本でいう流しのタクシーみたいにそこら中にいるので、だいたい4,5分でお迎えに来てくれます。ここで感動なのは、車種・ナンバーはもちろん、運転手の顔写真や評価数字まで記載されているので本当に安心です。下の写真は一部モザイクをかけてますがなんとなく雰囲気はわかると思います。

 そして自分の位置までUberが移動してくる様子がわかるので、あと3分・あと2分・あと1分で到着しますという細かい状況確認までわかるわけです。

 

 車が到着すると、スマホ上で到着したことを告げられ、自分の顔をスマホ画面から現実社会に戻すとそこにはスマホに出ていた運転手と車がいるというわけです。早速車に乗ると、運転手のハンドルの横にはスマホがセットされてます。そう、スマホは私のスマホのUberアプリとリンクされているので、既に私の行先は指定されているわけです。ここまで会話をしながらでもOKですし、言葉がわからなければ会話しなくてもOK。すべてのコミュニケーションはスマホ上で完了しているからです。

 

 そうこうして目的地まで到着すると、スマホが到着を知らせてくれます。もちろん運転手も教えてくれますが(笑)。ここでもう一つポイントなのは支払いはカード決済ですが、すでにアプリ上に登録してあるので何もする必要性がありません。到着したら車から降りるだけです。そして海外で面倒なチップを払う必要も全くないということですので、初めていく海外では便利ですね。

 Uber降りて、数分もすればUberアプリからメールで領収書が届きます。さらに日本語スマホを使っていると日本語で届くという素晴らしさ。

 

 そして前回のブログにも書きましたが、最大の魅力は料金がタクシーの半額以下・・・。オペレーター等の人件費の削減効果でしょうね。それとUber運転手は基本自分の車を使うためにそのコストもカット出来るということです。

 わかりやすく言うと、日本のハイヤーのデジタル版みたいな感じですかね。

 

 安くて便利で安全なこのUber。流行らないわけがありません。まさに今の全世界のイノベーションを巻き起こしてます。日本は白タク規制等に引っかかるということで、まさに規制鎖国しているようですが・・・。既得権益を守ることも大事ですが、消費者が求めていることを考えると規制緩和させるべきだと思います。

 

 さてこのUberをはじめた方は、日々暮らしててどうしてこんなサービスがないかと疑問に感じ、世の中にないもんだから自分で始めたというわけです。去年のUberの売り上げは1年間で1兆円を軽く超えるらしい・・・。ほんとにふつーに暮らしててふつーの疑問点からとんでもないイノベーションが生まれる時代。

 皆さんの身近な生活に100億円規模のビジネスチャンスが眠ってるはずです。考えて行動すれば、誰にでも平等なチャンスはあるはずです。ミリオネラー・ビリオネラーへのチャンスを探してみてはいかがですか?意外といけるかもしれませんよ!!

 

 

line_p20161130_075541705 dsc_4304 dsc_4308 


【タイ・バンコク国際空港にて思う事】

2016.11.23

 東南アジア出張中にて、現在バンコク・スワンナプーム国際空港にいます。っと言ってもタイに用事があるわけではなく単にトランジットという理由です。

 

 我が拠点鳥取空港は全日空しか就航しておらず、当然の如く海外も含めてスターアライアンス系の飛行機会社を好んで使うため、東南アジアを動く際は基本的にタイ国際航空を利用します。そうなると必然的にバンコク空港の利用率が高いということです。

 この空港に来るたびに思うのが、とにかく綺麗でデカい!そして常に人でごったがえしています。そう、ここはアジア有数のハブ空港なんです。ハブ空港とは自転車の車輪の中心からスポークが伸びるように拠点から広がるという意味で、読んで字のごとくその地域の中心空港ということです。

 現在の東アジア・東南アジアの代表的ハブ空港というと、韓国インチョン国際空港・シンガポールチャンギ国際空港・そしてこのタイスワンナプーム国際空港の三ヶ所でしょう。

 

 日本の成田・関空・中部空港というと、残念ながらこれらの空港に敗れ去ってしまったというのが現実ですね。過去50年の日本の空港戦略とはおそまつの一言でしょう。

 成田は新東京国際空港と言われながら、千葉のはずれでもはや茨城のそば。そこまで田舎に行きながら騒音問題から24時間空港に出来ず、今では羽田の国際化に伴いその存在意義まで問われている悲しい空港。

 関空はこれまた和歌山そばに作りながら、開港早々地盤に問題が出たかと思うと、そのアクセス性の悪さから関西地区の人々は伊丹空港からインチョン空港経由で海外に行く人が多いらしい寂しい現実。今後は神戸空港・伊丹空港との住み分けが大きな課題。

 中部国際空港にいたっては、某大手車会社の為の空港と揶揄されながら、山奥に作ったもんだからそれこそ新幹線で東京へ出て羽田で海外という地元の人が多いらしいもはや閉口のレベル。

 

 結局、国の政策がブレブレだから気が付けば東アジアの飛行機はみんな韓国インチョンに取られるという始末。国策がはまったインチョンは空港使用料も格安なので、そりゃこぞって各航空会社は値段の高い成田よりインチョンに行くというわけ。

 現実に世界国際空港順位では1位がシンガポールチャンギ、2位が韓国インチョン。要するに外国人を根こそぎ取られている。それでも日本は観光客誘致を挙国体制で進めている中で何とか善戦しているが、だからこそ逆に空港さえもっとしっかりしていればと思えてならない。

 

 噂では福岡空港も街中過ぎて滑走路の問題から、北九州に移転の動きが強いらしい。私の今回の出張も福岡空港戻りなんだが、日本の国際空港で最も便利であるといっても過言ではない程、街中にある福岡空港が北九州に移転なんて・・・。この時代になってまた同じミスを繰り返すのかと理解不能である。

 

 さて、そんなことを考えながら8時間近くトランジット時間の為、あまりに時間を持て余すので一度空港から出ることにしました。久々に空港出ると、なんと「Uber」のサインが。早速自分のスマホのUberアプリを立ち上げると、Uberの車がうじゃうじゃ。

 ちなみにこれ「ウーバー」と読みます。Uberとは、簡単に言うと流しのタクシーがそこら中にうじゃうじゃいて、スマホのアプリで呼び出すと自分の位置情報に一番近い車が手配され迎えに来るという日本で言うハイヤーのようなシステム。事前にカード登録がしてあるので、運転手と支払のやりとりをする必要性もないし、もっと言えば会話をする必要性がない。これはどういうことかというと、海外で言葉が分らなくても全く問題ないということ。

 そして何がすごいって、スマホ上に車のナンバーから運転手の顔写真等のプロフィールが載るから運転手の身元確認も安心。そして一番はスマホでのやりとりで目的地もスマホに入力するだけなので、電話等のオペレーターの必要性がない。そう、人件費がかからないのだ。実際Uberはタクシーの半分以下の料金である。

 

 日本は残念ながら白タク規制があるのでなかなか諸問題を突破できず普及できてない。皆さんにも一度は利用してみてほしいってくらい、衝撃的に便利で衝撃的に安い。実は最近の私の海外出張はレンタカーよりUber利用の方が多い。だって安いし駐車場代も必要ないし、知らない土地でも安心だし。

 

 結局これも日本の規制が普及の大きな壁になっている。世界ではUberがスタンダードになっているのに。外国人観光客なんて言葉で行先を伝える必要性が無いUberはどんなに便利だと思うだろうか。

 

 そして只今ニュースを騒がしているアメリカのTPP脱退問題。日本のメディアはこぞって大変なことだと騒いでいる。おいおい、つい最近まで世の中はTPP反対の風潮だったじゃないかと突っ込みたくなる。そもそも慎重論だなんだと言いながら、決断が遅いということ。安倍総理が強く推進しても、なんでもかんでも文句ばかり言いたがる野党とメディアが正論無き否定論。

 

 空港問題も、Uberも、TPP問題も共通点は、「スピード感」「将来ビジョン」「グローバル感覚」これら3つの欠落であろうと思う。そしてこの3つとも、日本の最大の弱点だ。

 

 会社も同じだ。逆に言うとこの3つが強みとなれば、この時代を生き残るための大きな武器となるだろう。最近チラホラと外部の方々から、弊社はスピードが速いとか、将来ビジョンがしっかりしているとか、グローバルな会社だとかというお言葉を貰います。っが、私の中では全く満足出来ないというか、まだまだとしか感じないというのが正直なところです。

 

 世界はもの凄いスピードで動いています。そして変化をしています。これに追いつきその流れをつかむためには、「スピード感」「将来ビジョン」「グローバル感覚」はこれが出来るから強いのではなく、最低限必要なことレベルなくらい基本的なことなんです。

 真の意味でこれらの言葉が弊社にとって強みであると言われるようになりたいですね。