社長ブログ

社長ブログ

【リオ・オリンピックゲームを見ておもうこと】

2016.08.11

 リオデジャネイロ・オリンピックゲームにて連日の日本メダルラッシュで寝不足の方も多いでしょう。私も朝4時に起きてTVにかじりつく毎日です。実は私、マニアとまでいいませんが、オリンピックではメジャースポーツからマイナースポーツまで出来る限り全てみたいというくらいオリンピック好きなんです。

 

 一番の理由は間違いなくアマチュアスポーツであるという点ですね。そして4年に一度しかないこと。

 

 IOC(国際オリンピック委員会)はサマランチ会長となった80年代~90年代にかけて、間違いなく商業主義へと突き進みました。そのおかげでボイコット等冷戦の政治的部分を払拭し、NBAドリームチーム等プロフェッショナル選手が出ることにより、明らかに華やかな舞台となり巨額のTV放映権などにより空前の巨大ビジネスへと変貌しました。

 

 もちろん私はプロフェッショナルスポーツも好きだし、プロフェッショナルスポーツの存在を何一つ否定はしません。ただオリンピックゲームだけはアマチュアだけで構成してほしいということです。プロとアマの垣根が微妙な現代であることは敢えてこの場では触れませんが・・・。

 

 最近話題のMLBイチロー選手もシドニーオリンピックの際から、かたくなにオリンピックチームへの招集は拒否していました。下記は彼の先日のコメントです。

 

「オリンピックは、これは僕の意見ということですけど、昔から変わらないことですね。アマチュアの最高の大会であるべきだ、っていうふうに僕は思っているので。WBCという大会が世界大会としてもう一つあるんですけど、これはプロがベストのチームですね、プロを含んだベストのチームで戦うべきっていうのが僕の考え方ですね。オリンピックはやっぱりアマチュアの最高の大会であってほしいなっていうふうに思います」

 

 そう、プロフェッショナルとアマチュアは舞台が別であるべきです。サッカーにワールドカップがあるのに、何故オリンピックゲームにもサッカーという競技が必要なんでしょうか?22歳以下の若手という大義名分を振りかざしながら結局3人のオーバーエイジ枠。第一回アテネ大会からあるオリンピックオリジナル種目であるレスリングを外そうとしながら、今回のゴルフと入れるというIOCの暴挙。結局世界Top 10の大半にふられたゴルフは、別にPGAがあれば十分だということを世界にさらしましたが、レスリング選手は世界選手権以外何を目標にすればいいんでしょうか?

 

 やはりオリンピックゲームとはアマチュア選手の世界最高峰の舞台であってほしいと思います。4年に1度しかないから選手は美しく輝くんです。一部のプロ選手の敗戦のコメントで、「また来週頑張ります!」という言葉からは何も伝わってきません。敗戦後茫然としながら、「4年後まで気持ちが持つ自信がありません・・・」というコメントや、勝利インタビューで「4年間全てを犠牲にしてやってきた苦労が全て報われました!」という言葉に我々は感動するんです。そしてそこにはお金を目指してプレイをしていない選手だからこそ感動するんではないでしょうか。

 

 一発勝負の甲子園高校野球に感動するのもアマチュアスポーツです。勝っても巨額の賞金が入るわけではない。負けたら挽回する舞台まで4年もかかる一発勝負。だからオリンピックゲームは世界中の人々を魅了するんではないでしょうか。そしてアマチュア選手だからこその本音のコメントに我々は身近に感じ、感銘を受けるんじゃないかなと思います。彼らはプロではないので、誰かを意識する発言をする理由が無いですからそこに本音があるのかもしれません。

 

 昨日の内村航平選手個人総合ゴールドメダル後のインタビューがそれを感じさせてくれます。

 

「もうあまりやりたくないというのが本音ですね。今日は本当にしんどかったです。もう最後に終わった瞬間に、もう2度とやりたくないと思いました。」

 

 精密機械のような演技をする内村航平からの人間味あふれるコメントだからこそ、彼の演技と同様に我々の心を強く揺さぶられ涙が止まらなくなるのではないでしょうか。


【老眼とメガネと私】

2016.07.28

 突然ですが現在42歳の私は既に老眼です。

 

 まだ早いだろ!っとの声が聞こえてきそうですが、35歳前後から徐々に進行しており今では立派な老眼となりました。ありがちな話ですが、私は本来驚異的に視力が良く今でも遠くはかなり見えます。そう、だから老眼が人一倍早いんです。

 

  今でも鮮明に覚えていますが、小学校低学年時に視力検査で必ず2.0。しかもなんとなくでもなく鮮明に2.0が見えるんで、遊び心から教室の端っこから視力検査をしても2.0が見えるんです。「お前はサンコンか!?」と言われたことまで鮮明に覚えてます(笑)。それくらい視力が良かったんですが、当時の保健の先生に言われたことも鮮明に覚えてます。

 

「君は、視力が良すぎる。きっと目が疲れるのも他人より早いから、今のままでは若いうちから老眼になりますよ。専門機関に行って視力を少し下げるべきです。」

 

 へ~っと思った程度でしたし、まだ小学低学年であった私は当然軽く無視してました(笑)。更に生粋の勉強嫌いであった私は全くと言っていいくらい勉強しないもんだから、当然視力だけはハイレベルをキープし続け・・・。結果30代半ばからどうも新聞が読みにくくなり、丁度スマホに切り替えた頃でしたので、それに拍車がかかったのか益々進行していき、、、。新聞にしてもスマホにしても、当然手を伸ばして画面から距離を取りながら読む努力をしてましたが、いよいよ私の手の長さが足りなくなってきて・・・(笑)

 

 そう、42歳にして初メガネ購入!42歳で初メガネは遅いくらいだと言われそうですが、42歳での老眼鏡は早いくらいでしょうね!!悲しくなります・・・。

 しかし最近PCでのメールで誤字脱字が異常に増えてきておりまして。私は定期的に自分のメールを見直すことがあるんですが、それを読んでまさに茫然自失・・・。本当にショックが大きく、その誤字の頻度も確実に増えてきており、とうとうメガネ購入を決断しました。

 

 当然生まれて初めてメガネ屋さんに入ったんですが、今のメガネ屋さんの視力検査って一瞬なんですね。軽い感動すら覚えました。偶然にもそこは私の好きなサングラスメーカーOakleyのメガネがあり、Oakleyサングラス自体はいくつか持っていて馴染みがあるので、あっさり購入。納品まで時間がかかるということで、後は届くのを待つのみです。

 

 ちなみに私の通常視力は今でも2.0・・・。遠くは誰よりも良く見える・・・。ただ近くが見えないだけ・・・。まあ、本格的に目が悪くなったら速攻でレーシック手術しますけどね~。 

DSC_3763 1466235876709_0


【真のグローバル化の意味とは】

2016.07.13

 いきなりだが、 「イギリス」・「トランプ」・「イチロー」。この固有名詞に共通点を見いだせるだろうか?

この場で政治を語るつもりはないが、誤解を覚悟でいくつか私の主観を言えば前出の三つの固有名詞の意味は下記の通りである。

 

  • イギリス = EU離脱問題
  • トランプ = アメリカ大統領選挙
  • イチロー = 日米通算安打数世界記録

 

 ここ最近騒がれている三つのニュースである。この三つの問題を見たときに大多数の日本人の感覚は下記のとおりではないだろうか。

 

  • イギリス = EU離脱問題 → イギリス国民投票は大きな間違いを犯した。離脱すべきではない。
  • トランプ = アメリカ大統領選挙大躍進 → トランプ大統領が誕生されては困る。何故あんな候補者がここまで残るのか理解できない。
  • イチロー = 日米通算安打数世界記録 → メジャーリーグ(ピート・ローズ)はイチローの記録を世界記録として認定すべきだ。

 

 全ての日本人とは言わないが、恐らく確実に半数以上の日本人が、上記のコメントをうんうんと納得するであろう。しかし本質はそれで正しいのだろうか?メディア等に振り回されてないだろうか?そして何よりそれによって、一方向な視点でしかモノを考えてないのではないだろうか。ここで言いたいのは、モノ事を逆の目線で見ればまた違った風景が見えるということだ。

 

  • イギリス = EU離脱問題 → イギリス国民投票は大きな間違いを犯した。離脱すべきではない。 ⇒ それでは日本で自分の近所が移民ばかりになり自分の仕事も奪われる状況になったしたらどうだ?鳥取県人口の半分以上であるイギリスの毎年30万人の移民問題が身近にあれば中国人観光客どころの騒ぎではない。
  • トランプ = アメリカ大統領選挙大躍進 → トランプ大統領が生まれては困る。何故あんな候補者がここまで残るのか理解できない。 ⇒ 日本で自分が一生懸命働き払った税金が、不法移民の為や自国を助けてくれない同盟国へのお金として使われたらどうだ?安倍首相が日本をもう一度偉大な国とすると騒ぐ行為を国民すべてが否定するだろうか?
  • イチロー = 日米通算安打数世界記録 → メジャーリーグ(ピート・ローズ)は世界記録として認定すべきだ。 ⇒ 仮に台湾人野球選手が日本に来て自国のヒット数と合計して世界記録と騒いで認めるのか?韓国人野球選手がホームランを年間80本打ったら世界記録として認めて日本人は彼らに拍手を送るのか?

 

 私は上記のことで政治的、野球的に問題があるとは一つも言ってない。ただ理解してほしいのはメディアに振り回されて偏った思想に陥らないでほしいということである。物事には必ず多面性がある。当事者でなければ理解出来ないことも多々あるであろう。ただ騒ぐ前に多面的にものを見れるように考えてほしいということ、これがこれからの時代は重要になってくるはずであろう。

 

 何故ならばそれこそが日本人が大好きな言葉、グローバル化であるからだと私は思う。グローバル化、グローバルスタンダード、グローバリゼーション、日本人と日本のメディアが大好きな言葉。なんとなくざっくりと国際的でガッコいい言葉だからだろうか。いずれにしてもグローバル化というのは、我々からだけの視点ではなく本当の意味では彼らからの視点も理解し、両方からの見解・見識がなければ成立しない。

 移民が増えて治安が悪化することを自分に置き換えて考えれるだろうか?トランプが人気なのは、相手を倒してでも自分を守ってくれる力を感じるからではないだろうか?日本の大相撲で全ての関取がモンゴル力士となったときにTV中継は続くのだろうか?

 

 日本は島国だからしょうがないという一言で終わる問題ではない。グローバル化という言葉を聞かない日は無い時代が今ここに来ている。同時にメディアに翻弄されやすい時代でもある。更に言えば上記三点全てに共通するのが、恐らくメディアはその本質は理解している。特にトランプの人気の理由やイチローのそれが何故認められないかの理由も理解しているはずだ。しかし日本人世論を巻き込むためにはおよそこういったネガティブな内容で伝えないと興味を持ってもらえないだろうから、多少誇張表現をしながら伝えているように思えてならない。

 

 全てのものに表があり裏がある、光があり影がある。メリットがありデメリットがある。ポジティブ要素がありネガティブ要素がある。上記三点でメディアはネガティブ要素しか取り上げていない。イギリスEU離脱のメリットやトランプ大統領誕生の際の日本へのメリットをどれだけの時間語られているだろうか?多面性のある思考無くして、現代社会で正論を掲げることなど出来ないはずである。

 

 いずれにしてもその中で、我々日本人はもう一段階深く考えないと、真のグローバル社会から取り残されるような気がするのは私だけだろうか。そうならない為にはまずは一方向の目線でモノを見るのではなく、逆からの目線を考えれることが我々に今必要でありそしてグローバル化の第一歩であるはずだ。