社長ブログ

社長ブログ

【川口グループ社員旅行 in 京都 <二日目>】

2016.05.29

 社員旅行 in 京都も二日目。

 

 前日は想像以上に盛り上がり楽しい夜となりました。京都社員旅行らしい教科書通りのホテル宴会場にての夕食では全員で大いに盛り上がり、同じホテルにある昭和を感じさせるカラオケにてこれまたギアを一つ上げ盛り上がり、その勢いで京都河原町に繰り出し深夜1時まで盛り上がり、盛り上がりついでにラーメン食べてホテルに帰還。3次会の河原町へはまさかのほとんどのメンバーが参加となり、ほんとにみんな楽しんでいるな~って私も実感がもてるくらいの盛り上がりで嬉しかったですね。

 

 特にKBCオペレーターの方々のように、普段ゆっくり話出来ない方々との時間は本当に楽しい時間でした。モノ創りというのはオペレーターあっての製造業です。彼、彼女たちのことを知るということや、ちょっとしたポイントに気付くだけで現場の職場改善に繋がるかもしれませんから。皆さんにとっても良い機会ということで、いろんな意見の直談判もありましたが、それも飲みの席ですからお互いに笑顔で笑いながら意見交換をしたり、飲みのノリで「よし、こんな職場KAIZENしよう!」みたいな話有りで、非常に楽しい時間でした。

 

 二日目も、朝6時から大浴場で色々話したり、清水寺・金閣寺をはじめとする京都巡り、各自お土産購入後、ランチを取り一路鳥取へという行程でした。京都とは不思議なところで、歴史の重みは勿論歩いているだけで今風に言えばマイナスイオンを感じるように癒されます。社員の皆さんと一緒とはいえ、日々の忙しさを忘れさせてくれる何かが京都にはあると感じますよね。

 

 今回の社員旅行を実行することに対し関係者の尽力は本当に頭が下がる思いでした。実行委員会の山崎さん、前橋さん、中嶋さん、大原さん、谷山さん、そして直前で故障者リストに入った前田アキレス真也さん・・・。本当にお疲れ様でした。そして農協観光様には心からの感謝を申し上げたいと思います。それほど楽しい時間でした。

 

 我々世代以上の一部のメンバーは、社員旅行ということに対してネガティブなイメージを持った方が多いかと思います。週末まで会社のメンバーと一緒にいたくない、上司の顔を見たくない、宴会でお偉いさんの御酌をするのがめんどくさい。しかしながら少なくとも我々川口グループ社員旅行にそんな雰囲気はありません。結局私も皆に「大ちゃん」と呼ばれながら過ごした旅行ですが、そう呼ばれるのもまんざらじゃなかったですからねえ(笑)

 

 私は仕事もプライベートも、「面白い」か「面白くない」かと非常に重要視します。要は面白い仕事はチャレンジしますし、面白くなければやらない。社員旅行も一緒ですね。今年本当に面白かったですよ。よって来年もやるでしょう。理由はそんなに深いものじゃありません。川口グループ社員旅行は面白いんです。それは準備をした社員旅行実行メンバーと、グループ社員参加メンバーが面白いんです。今回の参加メンバー全てが私のとって唯一無二の「面白いなかま」ですね!来年はまたなかまをもっと増やして更に面白い川口グループ社員旅行をやりましょう!!

 

 

DSC_3336 DSC_3338 DSC_3339 DSC_3341 DSC_3343 DSC_3346 DSC_3348 DSC_3350 DSC_3354 DSC_3356 DSC_3357


【川口グループ社員旅行 in 京都 <初日>】

2016.05.28

 本日5月28日(土)より二日間、川口グループ社員旅行で京都に来ています。今年は一泊二日ということでグループ内各会社より沢山のメンバーに参加頂きました。

 

 私は出張帰りということで大阪伊丹からの参加となりましたが、合流した時点で全員かなりのテンション・・・。飲み会途中参加のような出遅れ感に包まれつつ、どうやら今回は「苗字ではなくファーストネームで呼び合う旅」となったようで、合流の時点で「せ~のっ!!大ちゃんおかえり~!!」と一斉の掛け声で何とか参戦。鳥取から大阪までのバス道中で自己紹介を含めてかなり盛り上がったようで、ほんとにそれぞれの仕事場とはまた違った皆さんの笑顔でこちらも出張の疲れが一気に吹っ飛びました。

 

 さて合流後、大阪の「カップヌードル博物館」にて日清食品の歴史と各自オリジナルカップヌードル制作に挑みました。そこでもまた普段見れない皆の絵心や創作力が垣間見れたことは興味深かったですね。ちなみに私の中でのMVPはKBC河本さんでしたが、下の写真にある黄色いひよこの絵です。どうですか?かなりの力作でしょ?

 その後、京都へ入りランチをして一向清水寺にて自由行動。各自散策したり、寺の水を飲んだり、お茶したり、御土産購入したりと楽しい時間を過ごしたようです。

 

 只今夕方17時過ぎとなりホテルにチェックインしたところです。さあ、これから宴会兼ねた夕食となります。普段ゆっくり話せない方たちを含めて色んな交流があることが一番の楽しみですね。ここをメインとして楽しみにしているメンバーも沢山いるわけですから。普段のストレスやうっぷんを一気に晴らしてほしいと思います(笑)。さてさてどんな宴、どんな夜になるのやら・・・。

 

 P.S. 下記素敵な募集告知を作って下さった、RCO KHQ前田真也さんはレース直前アキレス腱断絶ということで出走できずリタイア。彼の「あの頃」の追憶はかなわなかったようです(笑)

キャプチャ DSC_3332 DSC_3329 DSC_3328 DSC_3327 DSC_3333 DSC_3334


【成田空港】

2016.05.22

 久しぶりの成田空港。

 

 ここ近年の海外出張はもっぱら羽田・関空・福岡のいずれかで、アジア諸国への出張は関空・福岡利用、欧米諸国であれば羽田利用となります。当然本社が鳥取なので西側の空港が多いのと、やはり羽田空港のこの近年の目覚ましい国際化が大きな要因ですね。羽田国際化は首都圏の方々にとって便利と言いますが、それ以上に地方人で羽田空港利用人にとって最も便利であろうと感じます。ターミナル間移動は無料シャトルバスで5分ですが、これが成田になると3,100円90分弱の移動が必要になりますからね。

 

 そんなこともありたぶん半年ぶり位の成田空港ですが、個人的に移動が面倒というのを除けは大好きな空港です。世代的なものなのか、やはり成田空港に来ると「これから海外に飛ぶ」という意識と興奮が高まるからでしょうか。ここに来ると何とも言えない高揚感に包まれます。若いころでも今でもその感覚は同じで、以前は「新しい出来事が待っているかも」「新しい出会いがあるだろうな」という感覚でしたし、今だとそれプラス「何か新しい仕事や機会に触れることが出来るかも」っという高揚感からでしょうか。

 

 今も昔も成田空港はそんな気持ちにさせてくれる空港です。(しかしながら、やはり羽田からの国際便利用は最高便利ですが・・・)

 

 P.S. ちなみに最後の着物着付けの写真は、ゲート内での簡単なイベントのようでした。まさに Cool JAPANですね!!

DSC_3216DSC_3220DSC_3221DSC_3222DSC_3224