社長ブログ

社長ブログ

【スポーツと興行の同時成立の難しさ】

2018.03.03

 先日の冬季オリンピックで証明された通り、スポーツの美しさや人々を虜にする力について疑いの余地はない。掛け値なしに、彼らの最高の技術やひたむきな涙や心からの笑顔に、我々は強く引き付けられる。

 面白いもので、毎回オリンピック直前には競技場が間に合うのかとか、政治色が強いとかというネガティブキャンペーンが巻き起こりながら、これまた毎回オリンピック直後にはスポーツによる感動ポジティブキャンペーンの嵐が列島を包み込む。

 

 やはりスポーツは偉大だ。美学とは個人の主観だが、私にとってスポーツの美しさは圧倒的であり、永遠に別次元の輝きを放ち続けるといっても過言ではない程の特別な存在である。

 

 そんなスポーツの美しさをオリンピックの余韻と共に感じている中、そのスポーツを根底から冒涜する者が現れた。前WBCバンダム級チャンピオン ルイス・ネリ。良く見てほしいが「前」である。そう、ご周知のとおり先日の山中との世紀のタイトルマッチを世紀の愚かな行為でボクシングというスポーツを踏みにじった男。

 

 昨年の山中とのタイトルマッチは、まさかのドーピング疑惑。しかもメキシコの牛肉を食べたことでドーピング反応が出たらしい。これは現地では良くあることだという苦し紛れの弁明。世界で最もボクシングが盛んな国でもあるメキシコで、こんな弁明がありえるんだろうか・・・。

 

 そして彼がその牛肉を食べたのは場所はメキシコ・ティファナ。そう弊社メキシコ工場があるアメリカ・サンディエゴとの国境の街。しょっちゅうティファナ出張して現地で牛肉食べている私もドーピング検査に引っかかるというわけなのか。

 くだらないにもほどがある。

 

 そして今回の明らかに意図的な体重オーバー。前日軽量2.3キロ違うということはボクシングでいう二階級の違い。当日非公式の軽量では三階級違ったという話まであったよう。

 ここでポイントはネリはまだ23歳で、無敗という点。要するに今回失格になろうと彼の無敗という経歴はキープされる。厳罰が下ってもまた時がたてばWBCタイトルマッチも出来るし、もっといえば、現在のボクシングメジャー団体は他に3つある。その他団体例えばWBAの試合なら出来るということだから、もうめちゃくちゃだ。

 

 何故山中はこんな二階級も三階級も違うどうしようもない相手と試合をしなくてはならなかったのか?相手は前日軽量の時点で失格し、ベルトはく奪。当日数キロ重い相手との試合は山中が勝てばベルトを貰えるが、負ければ引退。ボクシングは17階級あり、当然ルールあるスポーツでストリートファイトではない。

 

 正直誰がどう考えても勝てる要素は薄い。こんなのスポーツではない。試合をすべきではない。試合をすれば体重差で山中にとって大きな事故が起きるリスクも大きい。前回の敗戦から、この試合だけをモチベーションとしていた山中の胸中は・・・。

 試合をすれば間違いなく後世まで語り継がれる日本ボクシング史上に残る偉大なるスーパーチャンピオン山中が壊されるかもしれない。

 

 そして試合は行われた・・・。

 

 スリップダウン含めてのダウンが5回。しかも2ラウンド序盤までという合計4分ほどの試合時間で・・・。バンダム級タイトルマッチでこの短時間でこれほどの数のダウンは稀というほかない。形の上では惨敗。

 

 再度であるが、山中は何故試合をしたのか?ボクシングというスポーツとは言えない、さらに言えば殺されるかもしれない試合をしなくてはならなかったのか?

 

 答えはいたってシンプル。「ボクシングはビジネスであり、試合とは興行であるから」である。

 

 ここ数年で一番の話題の一戦にチケットは当然即完売。さらにはTV中継も決まっていた。そこにはスポンサーを含めた大きなお金が動いていた。特に近年のボクシングはお金でマッチメーキングが買えると揶揄される程、お金がモノを言うまさに巨大ビジネスであり、アメリカ・ラスベガス興行を見れば一目瞭然。2年前のパッキャオ vs メイウェザーで数百億円が1時間で動いたことは有名だ。

 

 いちボクシングファンである私も、正直答えが見つからないからこそ、今回は深く考えさせられた。「スポーツ vs 興行」の同時成立の難しさ。極論から言えば、ボクシングはいくら強くてもお金がなければ世界チャンピオンにはなれない世界だ。よって興行と表裏一体なのは当然の理屈だと理解はしている。

 

 しかしだ・・・。

 

 反則行為で失格となり、その汚れた体でリングに上がり、誇り高き日本のヒーローを打ち負かしたネリに対してやるせない感情しかうまれない。彼は山中が退場した後も、陣営と共にメキシコ国旗を振りながらリング上で喜びを爆発させていた。我が日本のリングで、しかも聖地両国国技館のリングで。

 

 何度も言うが、答えは分からない。でも分からないからこそ、今回は後味の悪さだけが残る。

 

 しかしそんな中、一つだけ分かったことがある。

 ネリはスポーツマンでもボクサーでもない。そして美しくもない。プロスポーツとは、ビジネスの側面があるからこそ魅せる美しさがあるべきだ。

 

 

 


【オリンピックの美しさ】

2018.02.20

 2月20日(火)終了時点で、日本のオリンピック獲得メダルは長野大会に並んだようです。

 

 金:2つ 銀:5つ 銅:3つ

 

 凄いというよりは毎日感動の連続です。二つ目の金メダルは皆さんご存知の通り、スピードスケート500M女子の小平選手。結果は圧巻の強さでしたが、彼女のスタート瞬間の「びくっ」とした動きには日本中が肝を冷やしたはずです。私もLIVEで見ていましたが、スタート前の緊張感でこちらまでドキドキしていた鼓動が、この「びくっ」の瞬間にマックスまで心臓が揺さぶられる思いでしたから。

 なので、記録を見た瞬間は「ほんとはもっといいタイムが出たんじゃないか。この後の最大のライバルである韓国の李相花選手に抜かれるんじゃないかという思いで更にドキドキしながら・・・。

 

 結果はご存知のとおり、最高に美しい色のメダル!!

 

 最高に喜ばしい結果となり、日本中歓喜したと思いますが、このレース直後からの小平選手の一つ一つの振る舞いが、何とも言えず印象に残りました。

 

 まずレース直後に、人差し指を口に当て「し~」っと観客に向けてアピール。どうやらこの直後のレースが、2大会連続金メダルの李相花選手なので、迷惑をかけないよう気遣ったようです。

 そして最終組レース終了後、涙にくれる銀メダル李相花選手を抱きかかえ、どうやらねぎらいの言葉を送ったようでした。

 

 金メダルが確定した瞬間、心から嬉しくガッツポーズした私でしたが、その直後の二人のこのシーンを見た瞬間、自然と涙が溢れました・・・。

 

 ここ30年ほどのオリンピックの中で、今回ほど政治色の強いオリンピックは記憶にありません。開催直前にはまともな大会になるのかという論議が出るほどの状況でしたが、いざスタートするとそんな話題がたった2週間前にあったのかと感じるほど激しい選手同士の戦い。やはりオリンピックの主役は選手だと再認識させられるほどの盛り上がり。

 

 そんな中での、この小平選手と李相花選手の美しい抱擁は、つい2週間前の我々の言動を恥ずかしく思わせるほどの美しさでした。

 自分の器の小ささ、そして彼女たちの懐の深さにただただ涙が・・・。

 

 そしてスポーツの偉大さ、オリンピックの素晴らしさを再認識させられました。だからオリンピックは素晴らしい!だからアマチュアスポーツは美しい!!

 

 さていよいよ明日はスピードスケート女子パシュート。8年前のバンクーバーオリンピックから高木美帆ファンである私には楽しみでしょうがないほど楽しみなレースです。

 15歳で彗星の如く現れ、期待されたバンクーバーで結果が出ず、ソチではまさかの代表漏れ。栄光と挫折の振り幅が大きい彼女が、23歳で再びこの舞台に。明日は彼女にとって最高な結果が出ますように!!


【歴史的ワンツー in オリンピック】

2018.02.16

 連日の日本人選手のメダルラッシュにわく平昌オリンピック。以前もここに書きましたが、自称筋金入りのオリンピックファンである私も当然の如く連日食い入るようにTVを見ています。普段TVをあまり見ないので、既に今年一年分くらい見てるかもです・・・(笑)

 

 そして今日は日本中が歓喜に沸いた、フィギュアスケート男子、羽生選手・宇野選手により歴史に残る金・銀メダル獲得。

 

 感動はもちろんですが正直震えましたね。スポーツを見て、一喜一憂する際に感動し興奮しというのは当然のことですが、今回の羽生選手のSPの演技は正直それらをも超越していました。「よし!」っと興奮し声が出たのはSP最初の4回転サルコウの着地の瞬間だけ。後は感嘆という言葉じゃないですが、茫然と見てしまいましたね。

 どういう精神構造とトレーニングをしていれば、この状況でこんな演技が出来るのか・・・。失礼ながら背筋がゾッとする程でしたし、今までスポーツを見ていてそして歓喜の瞬間に感じたことがない感覚でした。もやは我々世代には理解できないことが今の20代の方々にはあるということでしょうか。

 

 最大級の賛辞という前提で申し上げると、凄いというよりは、もはや恐ろしいというほどの感覚でしたね。

 

 また嬉しかった半面、個人的にはオリンピックが好きだからこそ、ワンツーの2人と対照的な結果に終わった田中選手やラージヒルジャンプで二本目に進めれなかった葛西選手に目が行ってしまいますね。今、いったいどんな思いでいるんだろうと・・・。スポーツ、特にオリンピックは国を挙げてとなり、どうしても結果重視となる為、陰と陽の部分が強すぎるほど強い。仕方ないと言われるともちろんそうなんだが、気になってしょうがないですね。アマチュアスポーツの祭典であるべきオリンピックの本来の趣旨はどうなんだろうとすら考えさせられる。

 

 本来、出場するだけで凄まじいことなのがオリンピック。アテネの時代からオリンピック選手のことをオリンピアンと呼ぶ。何よりもスポーツが好きで、特にアマチュアスポーツが好きな私からすると、オリンピアンは私にとってHEROであり、地球上でもっとも尊敬する人達である。

 将来会社がどんなに大きくなろうと、プロ選手のスポンサーになることはイメージわかないけど、資金集めに苦労しているようなオリンピアン、もしくはオリンピックを目指しているようなアスリートのサポートはしたいなって思いますね。

 

 今日、羽生選手の金メダル後のインタビューの一部で

 

「全部が全部欲しい、何もかも手に入れたいけど、捨てなきゃ取れないものもある」

「普段のこととか考えかたとか、今この幸せはいらない」

「そういうもの(小さな幸せ)をすべて捨て去ってきた」

 

 それを聞いてて分かっていてもぞくっとしましたね。自分が23歳の時を考えるのも恥ずかしい・・・。

 

 ほとんど全てのオリンピアンたちは、それぞれの競技に全てを捧げているんでしょう。そんな人たちは一般生活の世の中にどれくらいいるんでしょう。

 

 そんなオリンピアンたちの4年に一回の祭典も後半戦。いつも思いますが、国の為ではなく自分の為に納得するまで競技してほしいですね。