パーパス  |  トップメッセージ

パーパス

トップメッセージ

 「なぜ長くアメリカで暮らしながら、鳥取に戻ってきたのですか?」

 

 私の帰国後、内外の方々から一番多く受けた質問の一つでした。理由は非常にシンプルです。私は日本国民であることと、それ以上に鳥取県民ということに誇りを持っているからです。10代で上京した際に生まれた感情はまず鳥取に対する「郷里愛」でした。その後大学卒業後に渡米した際に生まれた感情は、日本に対する「母国愛」でした。よって東京で、そしてアメリカで学び経験した最先端ビジネスを伝える場所は、日本であることはもとより生まれ故郷の鳥取以外に考えられず、それこそが私の社会的存在意義であると感じたからでした。

 

 そしてこの度、その社会的存在意義として、川口グループの「パーパス / ビジョン / ミッション」として定義し、言語化致しました。

 

【 川口グループ PURPOSE / パーパス(存在意義)= why 】

『モノ創りの力で鳥取の潜在価値を解き放ち、すべての生命へ幸福と感動を届ける』

 

【 川口グループ VISION / ビジョン = where 】

『 Forward into the New Century 』 ~ 未来の礎を創る ~

 

【 川口グループ MISSION / ミッション = what 】

『 愛する家族に いいものを。地球の仲間に いいことを。 』

 

 なぜ仕事をするのか?なぜ企業は存在するのか?誰しも一度は考えたことのある永遠のテーマです。これを定義することが「パーパス(社会的存在意義)」であり、これにより川口グループメンバーが同じ価値観を共有し、「ビジョン」を定義することで目指すべき地が明確になり、「ミッション」により我々が何をすべきかが明文化される。

 

  日々変化する激動のVUCA時代である現代社会において、変わり続ける企業であることが最も大切な事になります。その上で 「なぜ・どこへ・なにをすべきか」 これら全てを明文化した 「パーパス・ビジョン・ミッション」 は川口グループにとって不変な価値観になり、これらが我々が暮らす地域社会において、最も大切な約束事に結びつくと信じています。

 

 2022年4月1日 代表取締役社長 / CEO  川口大輔