社長ブログ

社長ブログ

【ラグビーワールドカップ 開幕】

2019.09.20

 さあ、念願の 「ラグビーワールドカップ」 が本日開幕!

 

 日本でワールドカップ開催!まさかこんな時代が来るなんて、我々が学生の頃には夢にも思いませんでした。ヨーロッパと南半球のスポーツと言われ続けたラグビーが、アジア初はもちろん、我が日本で開催なんて、少し感傷的になる程嬉しいことです。

 

 私はスポーツするのは勿論、観戦するのも大好きなんですが、実はそのスポーツ観戦で最も好きなのは、このラグビー。

 学生の頃は、ラグビーシーズンの週末になると、仲間と聖地秩父宮や、国立競技場に足を運び、狂喜乱舞な程エキサイトしていました。そう、ラグビー観戦とは、現地で見ると、とんでもなく熱くなれるんです。

 

 もちろん、TV観戦でも十分面白く、手に汗握るのがラグビー観戦です。近年ではルールがかなり整備され、プレーが途切れることが以前より激減し、攻撃のバリエーションも飛躍的に進化したため、見ていての興奮度が格段に向上しています。

 

 今大会は前回のワールドカップで話題になった、南アフリカ相手の歴史に残るジャイアントキリング以上の衝撃が起きる可能性は高いとみます。それ程今回のジャパンは強い。20年前は、世界トップレベル国と戦うと、それこそ100点ゲームで敗れ去っていましたが、今はどことやっても十分にがっぷり四つ出来る戦力です。

 

 さてこのラグビー日本代表メンバーの話になると、ことのほか毎回話題になるのが外国人が多いと揶揄されるということ。これは非常に残念でなりません。確かに今回も半分近くが外国人というのが現実です。代表登録ルールがサッカーやオリンピックに比べて、ラグビーは比較的緩いので、こういった結果になっています。これは諸説あるものの、サッカーに比べてナショナリズムが激しくなく、即ちラグビー試合が終われば国境も含めてノーサイドという精神からのようです。

 そもそもこの2019年、ここまで世界がボーダレス化をしてきている世の中で。日本人とは同じ顔をしていないといけないという考え方からして、ナンセンスだと私は感じます。

 

 そして何より彼らは間違いなく日本人より日本人の心を持っています。百歩譲っても、外見が外国人だから日本代表ではないという考え方は、彼らにはあてはまらない。日の丸を背負い、伝統の桜ジャージを着ている彼らを応援して欲しいと切に願います。

 

 例えば2大会連続不動のジャパンのキャプテン、リーチマイケル。彼はニュージーランドから単身15歳で来日し、今では日本人の妻子と暮らし、日本での生活の方が彼の人生で長くなっているほど日本に同化している選手。彼は日本人より日本人であり、本当の侍の魂を持っている偉大な選手で、ラグビーファンの心を揺さぶる熱い日本代表です。

 

 私自身も、彼が2013年に鳥取で試合した際に、彼見たさで布施競技場まで応援に行ってきた程、以前から彼の大ファンです。下記写真は、その時鳥取では全く無名だった20代のリーチマイケル。

 563688_379327015531654_1983899348_n

 彼の有名なエピソードを一つ。

 

 リーチの日本との関わりは、彼の祖父からはじまったとのこと。70年以上前、第二次世界大戦中、リーチの祖父は太平洋戦争にて、日米の激戦地であるフィジー近くの島で戦地に駆り出されていたらしい。

 

 そう、リーチの祖父の敵国は日本であり、敵兵は日本兵。そんな戦争真っただ中のある日、森の中で彼は一人の日本兵と鉢合わせ、リーチの祖父は戦うことと死を覚悟した。しかしお互いに逆の方向に指をさし、共にその場を去ったという。

 

 リーチの談話: 「お前は向こうへ行け、俺はあっちへ行く」となり、お互い殺さなかったらしい。戦争に行きたくなかったんだろう。(日本との縁は)そこから始まったんじゃないですかね。

 

 リーチの祖父は生かされた。そして相手も生かした。相手を殺したくなかったのであろう。

 

 その数十年後、リーチマイケルはニュージーランドで生をうけ、15歳で日本へ単身移り、日本人と結婚し、日本人の魂を背負って桜のジャージを着て戦う。

 

 リーチマイケルの祖父も父も、自分を犠牲にして他人の為に尽くす人だったようで、彼の父の肝臓の一部と腎臓は、孫と出会ったことも無い人に臓器提供しているらしい。

 

 確かにリーチのプレースタイルが、まさにそうだ。彼はフランカーというFWの中ではヒーローにもなれるポジションにいながら、常に自己犠牲をし仲間を活かすプレーに徹する泥臭いことの出来るプレーヤーだ。

 

 これからワールドカップを見る方も、初めてラグビーを見る方も、とにかくリーチマイケルのプレイを見て欲しいですね。彼のプレーは文字通り兎に角泥臭い。しかし彼が徹しているのは、常に「仲間の為に、ジャパンの為に」だ。これほど献身的に、これほど他人に感動させるプレーヤーはいないという程、彼のプレーは感動を誘う。

 彼が盾となり、日本の至宝松島が決める!この風景が待ち遠しくてたまらない。

 

 おそらくリーチにとって今回のワールドカップが年齢的にも最後となるだろう。あのプレースタイルから、もはや体はボロボロであることは、容易に想像出来る。だからこそ、全ての日本人に彼を見て欲しい。彼こそ、誰よりも日本古来の「和」「侍」の精神を持った稀代のリーダーだからだ。

 

「ONE for ALL, ALL for ONE」(一人は仲間のために、仲間は一つの目的のために)

 

 日本人と戦った祖父の血を持つニュージーランド人が、ジャパンのために汗と血を流す。背番号6を見逃すな!!

 

「4年に一度じゃない。一生に一度だ。- ONCE IN A LIFETIME -」


【和諧号】

2019.09.19

 「和諧号」 これを見てピンとくる方は、よっぽどの鉄道マニアか中国通な方でしょう。

 

 そう、この「和諧号」とは、中国の新幹線の車両の名前です。新しい「復興号」と共に、TV等で見たことがある方も多いかと思います。

 

 実は今週、中国出張で、今日は日帰りで上海から南京までこの新幹線で往復してきました。中国の新幹線というと、日本人的には2011年の衝突事故&埋めるという衝撃的な事件を思い出す方がほとんどでしょうが、実はその後飛躍的に進歩を遂げているんです。

 

 技術力や整備体制は、もはや日本やドイツを凌ぐほどらしく、スピードは日本の新幹線より速く、鉄道網は日本の10倍にもなるような程。駅なんて、空港ですか??っていうくらい巨大です。やはり恐るべし14億中国人民のポテンシャル・・・。

 DSC_0015

 乗り心地も、全く問題なく快適。強いて言えば、周りの中国人の電話の声がうるさいですが、まあそれはそもそも諦めているんで(笑)

DSC_0013

 マナーと言えば、新幹線が各駅に停車した瞬間、中国人喫煙者が一斉にホームに出てきてタバコを吸いだします。中国の新幹線は基本全車禁煙らしいからでしょうが、その光景は驚きます。そして彼らはめんどくさいのかホームの灰皿まで移動せず、入口ドア出たところでタバコを吸い、吸い終わったらホームにタバコを投げるだけ・・・。消えてなかろうがお構いなし(笑)

 

 中国の特に都市部では、以前に比べてタバコマナーは劇的に良くなりましたが、やはり場所によっては衝撃的レベルの酷さですね。

 DSC_0016

 さて新幹線の話に戻ると、面白いのが社内販売。日本のように駅弁という文化があまりない中国では、出前的なサービスがあります。事前にオーダーしておくと、販売員が乗客まで例えばケンタッキー・フライド・チキンとか持ってきてくれるようです。

 

 ちなみにホームにある自販機は、ほとんど顔認証にて購入可能。先日もこのブログにて中国キャッシュレス化の話を書きましたが、この新幹線も含めて、中国の技術力やITの向上スピードは完全に日本の上を進んでいます。

 

 今は中国は、スマホレスを推進しているので、顔認証での買い物も増えてきているよう。

 

 今回の出張でも、私自身、当然の如く現金一切使用せず。全てQRコード or カード決済。

 

 そうそう新幹線の進化で思い出したのが、リニアモーターカー。とっくの昔からリニアモーターカーを走らせている中国と、我々子供の頃の夢リニアモーターカーは、未だに走っていない日本。

 

 比較しなくていいんだろうけど、やっぱり日本人としては悔しいな~。

 


【砂丘一斉清掃から砂丘の未来をおもう】

2019.09.08

 9月8日(日)鳥取砂丘にて半期に一度の恒例、「砂丘一斉清掃」に川口グループとして参加してきました。

 

 この春の参加時は、あいにくの大雨・・・っというか、ほぼ嵐(笑)。砂丘に吹き荒れる、雨風で春とはいえ、凍てつくような寒さで終了後、帰宅早々風呂に飛び込んだことを覚えてます。

 

 そして今回は、、、灼熱の暑さ・・・。砂丘というより砂漠でしたね・・・(笑)

 2214 2222

 それでも雨風があるよりはよっぽどましで、空は突き抜けるような青空。砂丘と日本海と青空のコントラストは、絶景という言葉以外見つからないほどです。

 

 我々大人になった鳥取県民は、よっぽどのことが無い限り、鳥取砂丘に来ることはありません。子供関係、もしくは鳥取県外から友人等の観光案内でたまに来るくらいでしょうか。

 

 それでも来るたびに、やっぱり絶景だな~っと惚れ惚れしてしまいます。

 

 そしていつも思うのが、これだけの規模で美しい国立公園が未だに無料ということ。これは正直信じられませんね。維持費だけでもとんでも無い程必要でしょうに。近隣にお金を使うところも少ないですし、本当に素通り観光客が多そうで、経済効果というより砂丘の維持は大丈夫なのかなっと心配してしまいます・・・。

 

 外国では基本的にNational Parkって入場料必要なんですよね。車でも徒歩でも、必ず公園の入口に料金払う場所があります。

 

 しかし多少高くってもそこを目的に行くわけですから、払うことに不思議はありません。そして維持の為に費用が必要だと入口に必ず記載してあるので、入園者は納得し気持ちよく払うわけです。

 

 ディズニーランドやUSJが目的で旅行したら、入場料払いますよね?私にしてみれば、同じ理屈だから払うべきだと思いますけどね。

 

 まあ、法律上の問題や色々あるんでしょうけど、であれば尚更変えて欲しいですよね。美しさをキープするには必ず経費が必要です。例えば入場料1,000円徴収するとなったとして、そのせいで鳥取に来る観光客って激減するとは思えません。

 

 個人的な話ですが、私は海が好きで、昔から特に海に沈む夕日を見るのが最高の贅沢だと思っています。実はこの鳥取砂丘から見る夕日って、日本トップレベルの美しさなんです。

 

 例えば日本で言えば、関東の方や太平洋側の方々は、海に沈む夕日は見れませんよね。夕日が海に沈む景色を見れることは、日本海側や西日本の特権であり、とんでもない程貴重で素晴らしいことなんです。

 ちなみに鳥取砂丘でいれば、砂像博物館のテラスから出ての展望台から見る夕日は、涙が出る程美しいですね。

 

 以前アメリカ人の友人がその景色を見て、

 

「この鳥取砂丘の夕日は、ロサンゼルスのサンタモニカ桟橋の夕日の100倍奇麗だ」

 

 っと言っていましたが、私も100%同意します。もっともっと誇りを持ってほしいし大事にしてほしいですよね。そしてその為には、ボランティアは勿論ですが、お金をかけて整備をしてほしいと感じます。

 

 世界トップレベルのハードがあるわけですから、そのハードを活かすソフトが必要であり、それには費用が必要です。ホテル誘致の話も出ていますし、他も含めてもっと議論や活動が活性化してほしいですね。

 

 まあ、だまされたと思って一度、砂像博物館からの夕日を見てみて下さい!私の人生で間違いなく、世界トップレベルの美しさであり絶景です。近くにいると意外と気付きませんが、実は鳥取がワールドクラスってものは沢山ありますよ!

 

 まさに残暑でしたが、砂丘一斉清掃しながら、砂丘の未来をおもい、清々しい休日の朝を会社のなかまと一緒に過ごせましたことに、心から感謝です。

 

 PS 写真は本日のMVP

2220 2228