社長ブログ

社長ブログ

【上を向いて歩こう!】

2020.04.22

 先日NHKニュース見ていると、歌で希望をと、「上を向いて歩こう」をうたうプロジェクト動画をインターネット上で公開しているという内容があった。演出家の宮本亜門さんが呼びかけ、企画したプロジェクトで、600人以上の方々が参加しているとのこと。

 

 動画では、医療従事者は勿論、スーパー店員やバスドライバー、自衛隊の方々、鉄道の手すりを消毒する方々まで、社会の為に頑張る方々を中心に、それぞれ合唱している様子が流れていました。

 

 YouTubeで公開されていると思いますので、一度でも観た方は分かると思いますが、心に強く響き、ぐっと強く込み上げてくる内容です。

 

 NHKニュースでこの映像が流れて、スタジオに戻り有馬キャスターが、「泣けちゃいましたね」とコメント。続けて何かを語ろうとすると、言葉を詰まらせてしばし無言・・・。放送事故かと思ったが、彼の言葉が途切れ途切れとなり、更に言葉がかすれる・・・。そして声を震わせている。

 

 NHKでこういったことは極めて稀であろう。

 

 私も少し感情が高ぶりながら、彼を見ていて感じたことがある。この数か月、毎日毎日この暗く先の見えないニュースを語り続けている彼の仕事。他局のキャスターが感染したように、医療従事者だけではなく、彼らもまたリスクも有りながら、日本国民の為に日々の真実を伝え続けている。精神的に、我々には理解出来ない程、辛く苦しい仕事であり、逃げるわけにはいかない彼らのプレッシャーは想像を絶するのかもしれない。色々な感情の中でのあの動画により、少しだけ心の中身がこぼれたのだろうか。

 

 通常以上にニュースに張り付く毎日で、それすら日常になりつつあるが、我々国民に伝えるという仕事を真摯にこなす彼らに対しても、感謝の気持ちをより持たないとと感じた一場面でした。全てに感謝しつつ、「上を向いて歩こう!」

 

 


【マスク2枚】

2020.04.03

 マスク2枚。

 

 今の日本国民全てが、色々感じる言葉でしょう。ご存知の通り、安倍首相は1世帯につき布製マスク2枚を配布する方針を表明した。これを受け、国民の大多数がネガティブキャンペーンで大騒ぎ。「前代未聞の愚策」だの、「国民をバカにしている」だの、挙句の果てには「アベノマスク」と揶揄されたり。

 

 確かに私も最初に聞いたときは、「は??」というリアクションでした。

 

 しかし、政府が配布予定のマスクはマスクは1枚200円らしいです。これに単純計算で日本国内約5,000万世帯に各2枚配布すると、コストは200億円になる。それに梱包代、送料を加えるとかなりの予算措置になることは、誰でも想像出来ますね。

 

 こう言うと、だったらマスク工場を支援しろとか、他に税金を有効的な投入できないのかという論争になる。しかしどう考えても既に国内だけではなく、世界中のマスク工場がフル生産しているはずですし、仮にマスクがあったとしても、世界中がマスク争奪戦を繰り広げているのが現状です。

 

 ここで今回のポイントですが、世の中が危機的、かつ閉鎖的な状況になる中で、政府が何をやっても「言葉狩り」的な批判される風潮が強まっていることを、強く懸念します。

 

 日本政府がマスク2枚配布だけで、他何もしなければそれはとんでもないことです。しかし、色々な試みを表明し推し進めており、このマスク2枚はその中の一つに過ぎないということです。しかもマスクは配布されるわけで、買えと言っているわけではなく、無料配布なわけです。(原資が税金だと言われればそれまでですが・・・)

 

 政府はこのマスク2枚だけではなく、今後多岐にわたる対策を打ち出すでしょう。勿論この危機に対して、民主的に議論を重ねることは当然必要です。しかし今は何よりスピードが大切なわけです。スピードを優先すればミスは必ず出ます。

 

 今はそれに対して都度批判するのではなく、国民一人一人が一致団結し、批判に向けるパワーを前向きな方向に集結させ、スピード感を持ちこの世界的危機を乗り切ることが最も重要だと考えます。

 

 全人類が経験したことが無い程の、大きな危機を迎えているわけです。未曾有の事態に対して100%の対応が出来れば、そもそもこんな事態に陥ってないわけです。

 

 一人一人の意識を上げることが、我々一人一人に今最も求められていることではないでしょうか。

 

 


【新型コロナウイルスとの戦い】

2020.03.11

 新型コロナウイルスが、日本のみならず世界中を混乱に陥れています。日々状況は悪化の一途を辿り、世界中の不安も悪い方向に進んている感は否めません。

 

 その渦も、東アジアからヨーロッパに移りつつありますが、日本もまだまだ予断は許さず、まさに一寸先は闇状態から抜け出す気配すらありません。

 

 我々川口グループも、この世界的危機に直面し、一企業として出来る限りの対策対応をおこなっております。海外出張・国内出張・会社イベントの中止及び自粛。外部との接触、そして社内ミーティングを極限まで行わない等は勿論ですが、全ての社員に業務より、個人生活及び家族優先するよう指示を出しております。

 

 こういう時こそ、自分自身そして自分の周りにいる家族や大切な方々との時間を大事にしてほしいという気持ちです。勿論プロフェッショナルとして、出社する限りはプロとして最善の仕事をすべきです。しかしこういった緊急時にこそ、柔軟な対応、柔軟な行動をしてほしいと考えます。

 

 今、我々が考え実行すべき事。これは感染者数を抑えるのは勿論ですが、何より最悪の事態である、お亡くなりになる方を一人でも減らすこと。その為にすべきことは、現時点で日本が世界の中で他国より出来ていること、即ち「医療崩壊」を防ぐことだと思います。

 

 クルーズ船感染者数を含め、やたらと感染者数を増やして公表したがるマスコミや、不安を互いにあおるSNS等、現代は情報に溢れています。勿論、情報発信は必須であり、正しいことは行うべきですが、今はそれらが「医療崩壊」に結び付かないよう対処することが最も大切だと考えます。

 

 世界中はもとより、日本国民全員、鳥取県民全員、そして我々川口グループで働く全てのメンバーとその家族が、自らを大切にし、この歴史的難局を乗り越えて欲しいという気持ちです。

 

 たった半年も経たぬほど前に、我々日本人は素晴らしいワードを手に入れました。今こそ、その言葉を高らかに掲げ、互いを思いやり、一つとなり、勝利を手に入れたいですね。

 

「ONE TEAM!!」

 

 全ての皆様に、一日も早い、平穏と幸せがやってくることを心から望んでいます。