CEO blog

CEO blog

【平成の三四郎】

2021.03.24

 本日3月24日、突然の訃報に一瞬時間が止まったような衝撃を覚えた。

 

 柔道家 古賀稔彦氏の死去。

 

 私世代なら、誰しも大きな感動という記憶があり、多くの感動を貰った柔道家である。真っ先に思い出されるのが、伝説となったバルセロナ五輪での金メダル獲得。決勝の赤い旗が二本上がった瞬間の彼の雄叫びは、今での多くの方々の脳裏に焼き付いているオリンピック名シーンの一つであろう。オリンピック直前、同僚の吉田秀彦氏との練習での左ひざの負傷。歩くこともできない程の大怪我をした71キロ級の彼は、練習できないため絶食をしながら減量した逸話も有名だ。

 

 そもそも先輩と後輩の関係だった彼らはオリンピックでも同部屋。古賀氏に怪我をさせ、誰よりも責任を背負っていた吉田秀彦氏は、自分が獲得した金メダルより嬉しかったと語っていたし、現に古賀氏の金メダルの瞬間、人目をはばからず号泣していたシーンが忘れられない。実際古賀氏の試合の数日前、吉田氏は自分が金メダルを獲得した夜、古賀氏を気使って相部屋に戻らずリビングで寝たという程、責任を感じていたのであろう。

 

 まさに柔道家という二人のエピソードは、柔道が国技の一つであろう日本人として誇らしく思えるほどかっこいい。

 

 実は私が古賀氏の現役時代、最もかっこよかったシーンは1990年全日本柔道選手権大会での無差別級での試合。31年前であったが、私はTVにかじりつき、夜のNHKサンデースポーツでの特集も鮮明に覚えているほど衝撃的でした。

 

 「柔よく剛を制す」

 

 まだブルーの柔道着がメジャーでない頃、まさに日本的な柔道がそこにあった。当時既に人気のあった世界王者小川直也氏が完全にヒール役となるほど異様な雰囲気の決勝戦。今でいうボクサー井上尚弥がヘビー級チャンピオンに挑むようなもの。結果は破れるが、幾度となく背負い投げを仕掛ける姿に、日本柔道ここに有りを感じさせる感動的な決勝戦であった。

 

 あの決勝戦から31年。自国開催を4か月と迫った今、連日のようにオリンピックスキャンダルに翻弄される東京オリンピック。開催自体が危ぶまれる日本の現状を、病床にいた平成の三四郎の目にはどう映っていたのであろうか。

 

 ちなみに古賀氏、バルセロナ五輪直前の大怪我で歩行も困難な状況で、更に周囲が持つ絶望的な雰囲気の中、彼自身だけは試合への出場辞退を1%も考えていなかったらしい。

 

 心より御冥福をお祈り致します。


【10年前の今日 ~マッチング寄付~】

2021.03.12

 東日本大震災直後の週末。TVやネットニュースにかじりつきながら、自分に、自分の会社に一体何が出来るだろうというのを考え続けた時間だったことは、10年経過した今でも鮮明に覚えています。

 

 自分自身居ても経ってもいられず、すぐにでも被災地に駆けつけボランティア活動を行うことも視野に入れ、ネットリサーチしましたが、遠い鳥取から東北に辿り着くことすら不可能に近い状況だと言うことがすぐ判明。東北出身の方々が故郷に戻ることすら困難であることから、それも当然だと理解し断念。

 

 そこで思い出したのが、以前アメリカで勤務していた企業でおこなわれていた、「マッチング寄付システム」。10年前の時点では、日本ではまだまだ取り入れている企業が少なかったシステムだ。その「マッチング寄付システム」とは、会社従業員サイドから寄せられた義援金に対して、会社サイドがその同額を上乗せ(マッチング)寄付する制度です。要するに、従業員Aさんが1,000円寄付してくださると、それに対して会社も同額1,000円寄付し、合計2,000円になります。即ち、従業員1,000人が各1,000円寄付してくださり、その合計が100万円になると、会社サイドからも同額100万円をマッチングさせ、合計200万円の寄付が出来るというシステムです。

 

 通常、企業や社会団体等が災害時に寄付金・義援金を募りますが、従業員の方々にお願いするだけではなく、「貴方の1,000円は会社も同額マッチングすることによって2,000円となりますよ」というお願いをし、相乗効果を生みましょう!というコンセプト。勿論ご自分たちの生活を辛くしてまで行う必要はありません。普段飲むコーヒー一杯、タバコ一箱、飲み屋一軒という嗜好品を減らして、ほんの少しでもいいのでお願いしますということが最も大事です。

 

 実はこのシステム、欧米では古くからスタンダードな寄付システムで定着しており、日本でも徐々に増えてきている文化です。

 

 そして今や、国内外での災害時に、我々川口グループ全ての企業一丸となり行っているシステムがこの「マッチング寄付システム」となります。今では災害が起こると、会社メンバーから「マッチング寄付しましょう!!」っという声が自発的にあがるようになってきました。10年経過し、確実の我々の企業カルチャーには浸透したと実感します。そういう意味では川口グループ72年の歴史の中でも大きなターニングポイントでした。

 10年経過しても、まだまだ復興途中の東北地方。自宅に戻れない方も多々いらっしゃるようです。そして国内外では毎年のように未曾有の災害が起こっています。何が正解かということは我々には分からないというのが本音ですが、何もしないより何かアクションを起こすことが正解であるだろいうということだけはぶれず、この「マッチング寄付システム」だけではなく、また新しいアクションが起こせるよう日々考えて準備を進めていきたいと思います。

 

 あれから10年。一人でも、そして少しでも被災者の心の傷が癒えることを祈りつつ、我々も成長し今一度何が出来るのかを考え、そして新しいアクションをおこしていきたいですね。


【10年前の今日】

2021.03.11

 本日2021年3月11日、あの震災から10年が経ちました。まだ10年、もう10年、被災者の方々含めたそれぞれの感じ方は違うはずです。

 

 私もあの日、あの時間のことは鮮明に覚えています。午後14時46分過ぎ鳥取市内にいた私は、クライアントさんの駐車場の車の中で、アポ時間まで車内でPC業務。すると突然の緊急速報。慌てて車内TVつけると、千葉方面で火の手が上がっている映像。しかし震源地は宮城県沖と表示されているが、映像は東京のまま。アンカーたちのパニック状態はプリウスの小さな車内TVでも伝わってくる。

 

 見たこともないマグニチュード、そして震度の大きさに恐怖を覚え、関東や東北の友人に震える手で電話するも誰も繋がらない。電話が不通なことから、これはとんでもなく恐ろしいことが起きた、そしてこの後更に恐ろしいことが起きることを、直感的に震えと共に感じた記憶がある。

 

 直後、クライアントさんとのアポ時間になり地震が起きたことを伝えたり、その後オフィスに戻って同僚と話しても、意外と皆ぴんと来てないようだった。その時感じたのは、この山陰地方と東北地方との距離感。確かに繋がりや所縁があまりない地域同士かもしれないと感じたのを覚えている。当時私は帰国してまだ1年も経っていないことから、この部分に驚いたこともまた事実だった。

 

 金曜日の午後だったこともあり、週末にかけて電話し続けていると、何人かに繋がりはじめ、TVやネットの情報と共に被害が徐々に判明し始める。やはりTVやネットと違い、被災した友人から直接聞いた話は現実感や恐怖感が凄まじかった。結局私はその夜一睡もできず、津波の有った夜の東北の映像を見続けた。真っ暗な海に点在する炎の映像が未だに脳裏に焼き付いている。

 

 鳥取と東北、遠く離れているが同じ日本で日本人が恐怖と共に凄す時を過ごしている。何とも言えない重い週末を過ごし、人生でも経験無いくらい、自分たちが一体何が出来るのかを考える週末だった。