CEO blog

CEO blog

Facebook提訴 ~前編~

2020.12.11

 いきなり物騒なタイトルだが、今週世界中を騒がしているのが、この 「米連邦取引委員会(FTC)とNew York州など48州・特別区の司法長官が12月9日、ワシントンDC 連邦地裁に対し、Facebookを反トラスト法(独占禁止法)違反で提訴した」 というニュース。

 

 FTC等の提訴内容を簡単に要約すると、下記の通り。

 

 Facebookが以前、市場の独占を脅かされることを恐れて写真共有アプリ「Instagram」や通信アプリ「WhatsApp」などを買収する戦略を取ってきたと主張し、両事業の売却を求めたということ。

 要するに、Facebookは脅威になるそうなポテンシャルの有る競合企業を、続々と買収してきたことが市場では不当であるということに対しての提訴。

 

 しかしFTCは、以前上記2社の買収を容認していたという現実があるので、この問題は厄介だ。一度容認した事実がありながら、ここに来てFTCは提訴をおこなったというのは、なかなかレアケース。

 

 ちなみに、日本ではあまりなじみのないWhatsAppは、日本でいうLINEのようなメッセージアプリ。LINEは日本では浸透したが、他の国ではそれぞれ別のメッセージアプリが主流であり、WhatsAppはアメリカ等がメインであり、韓国ではカカオトーク、中国ではWeChatが主流。

 

 さて話を戻し、FacebookがWhatsAppやInstagramを買収したわけだが、現在世界ではFacebook単体の月間ユーザー数は世界で27億人。Instagram、WhatsApp、Messengerを加えると、その数は32億人。78億人の世界人口の4割に上る。

 

 これを見ると、少しだけ日本的な発想かもしれないが、プラットフォームが少なければ少ない程、消費者にとっては便利じゃないかと感じる方も多々あるはず。世界中の全ての人々がLINEを使ってくれ、TwitterもFacebookもInstagramも一緒になってしまえば、それぞれアプリを立ち上げる必要性もないし、便利に決まっている。

 

 Facebookがドンドン大きくなれば、それこそアメリカの国益になるだろうし、会社は大きい程体力もあり、安定企業として社会の中で存在感を増してくれるだろう。日本人としては、そういった日々ライバル会社とせめぎ合う企業より、案敵的な企業で働きたいと考える方は多いのはないだろうか。

 

 日本人は、競争より安定を求める傾向にあるから、上記の発想は当然かもしれない。実際、トヨタ自動車が嫌いな日本人は少なく、逆に日本の誇りであり、更に世界に向けて発展して欲しいと願っている方が多いはず。

 

 そういう日本企業を提訴されれば、日本人ならどう思うのか。答えは容易だ。

 

 では何故、アメリカ大企業であるFacebookをFTCは提訴したのか?続きはまた・・・。


【ブログ5周年!】

2020.11.30

 皆さんのお陰様で、気付けばこのCEOブログもこの10月で5周年を迎え、6年目に突入していました。

 

 読み返してみると、初回は2015年10月1日。

 

【川口グループHP & ブログ開設】

http://www.kawaguchi-group.jp/blog_president/258/

 

 真っ先に感じたのは、今より5歳も若いことへの羨望・・・。5歳若けりゃ、あれも出来るこれも出来るって、今より更に欲が出そうです(笑)

 

 自分でも5年前の初回ブログを読み直してみましたので、下記に一部を抜粋します。

 

 川口グループ全従業員が私の考え方を共有することが出来、更に少しでも社外の方々が川口グループの取り組みを御理解頂けますと幸いです。どういう内容、方向性になるかは今後の流れ次第ですね(笑)。個人的に仕事でもなんでも、「取り敢えずやってみよう!ダメならやり直せばいいだけじゃないか」と思ってますから。何でもそうですがやらないよりもまずはやってみるべきです。ありきたりですが、第一歩が無ければ絶対に第二歩目はありませんからね。そういう感じで紆余曲折しながら前に進み続けるようなそんなブログになることに期待します。

 

 この感覚は、5年経った今でも全くの不変であり、自分の中でもぶれずに、今でも日々念頭に掲げている言葉です。

 

 この5年間、毎月平均約3回程、ブログをUPしてきました。勿論大手企業や有名人のような、多数のフォロワーがいるわけではありませんが、それでも「見ました!楽しみに読んでいます!」という身近な方や、ビジネス関係者、面接にいらっしゃる方、そしてお世話になっている方からの言葉は、本来筆不精の私からすると、大きな大きなモチベーションになります。

 

 自分でも5年前に書いている通り、「第一歩が無ければ絶対に第二歩目はありませんから」。5年前におこなった第一歩が、今日に繋がっていると思います。

 

 Continuity is the father of success.(継続は力なり)

 

 5年間、サポートいただいた皆様に心から感謝です。さてさて次の5年後は、どういったステージ、どういった姿になっているのか、今からワクワク楽しみです(歳はとりたくありませんが・・・)

 

 

 


【ボランティアの本質とは】

2020.11.29

 前回の地域清掃活動をおこなってみて、改めて「ボランティア」という言葉の本質を考えるようになり、色々調べてみました。

 

 そもそもボランティア(volunteer)の語源は、ラテン語の「volo」とのこと。意味は「自分から進んでおこなうこと」「喜んでおこなうこと」というように、受動的ではなく逆に能動的な表現のようです。要するに「自発的」「主体性」であることのようですね。

 

 現代社会で特に日本では「ボランティア」が語られるとき、肝心の「自発性」「主体性」がポイントではなく、どちらかということ「良いことだから、子ども達全員にやらせよう」という方が多いかもしれません。しかし、本来ボランティアとは、「自発性」「主体性」がないと意味がないはずです。要するに自分が好きなこと、得意なこと、大切に思っていること、何とかしないといけない事、あるいは憤りを感じること、放っておけないと思うこと。そこからスタートすることに大きな意味があるのです。

 

 義務や強制ではなく「volo(自発性・主体性)」であるからこそ、小さな問題の為に動いたり、「volo」だからこそ、もっとニーズに応えたいと思い、それが前例のない先駆的な取り組みを生み出すことに繋がります。そして、「volo」だからこそ、無償でも取り組むという「無償性」のアクションに結び付くはずです。

 

 日本ではこのボランティアという意味は、どうやら「奉仕活動」という本来の意味とは少し異なる訳語が使われるようになったようです。だからこそ、「自発性」「主体性」よりも「善い行い」というとらえ方が広がっているように感じます。よってボランティアといえば「福祉分野」的なイメージも浸透したように思われます。しかし、本来のボランティア活動は、福祉、医療、教育、環境、国際交流、多文化共生、国際協力、さらにスポーツ、文化、芸術なども含めた多様な分野で取り組まれています。

 

 ボランティアと言えば、災害時・緊急時にアクションをする方のイメージも強いようですが、今年開催予定であった東京オリンピックのおかげで、少しずつ社会認識の変化がみられるように感じますし、これは素晴らしいことであるはずです。

 

 活動分野や内容は何であれ、一人ひとりが、「自発的」「主体的」に社会の多様な課題に取り組むことによって、様々な発見やアイディア、解決策が生まれます。それが地域社会の基盤を強くしていきます。一人ひとりを活かし合える住み良い社会を作っていくために、ボランティア活動を社会に広めることは社会の一員として非常に大切だと思います。そしてこれは、一企業である我々も同様に取り組んでいくことが、結果として地域社会貢献に結び付くはずです。

 

 こういう活動をすると、必ず偽善行為だという揶揄も出るでしょうが、例え偽善活動としてもやらないよりはやった方がいいことは誰の目にも明らかであり、そしてそれが「自発的」「主体性」があれば尚更です。

 

 先日の弊社メンバーが取り組んだ、地域清掃活動は、まさに「自発的」「主体性」あるボランティア活動として我が会社のスタッフながら、非常に誇らしいですね。何故ならば、私は一切の指示を出していなく、彼彼女たちが、自発的に取り組んだことだからです。