社長ブログ   |  【久々のバングラデシュ】

社長ブログ

【久々のバングラデシュ】

2016.08.31

 7月の悲しい事件の後、少し間が空いてましたが久しぶりにバングラデシュを訪れました。

 

 どうしても訪問しないといけない仕事があり、当然ながら滞在中は厳戒態勢の中でした。しかしバングラデシュは以前と何も変化のない様子。皆日常の中、いつも通りの生活をしているようです。私はというとさすがにこういう時期なので空港から仕事場やクライアントまでは車から一歩も出ず、滞在ホテルも軍に守られているというホテルでしたので、別段変なこともなく帰国出来ました。

 

 以前もこのブログに書きましたがバングラデシュという国は非常に親日国であり、今でも日本人だというと喜んでくる人が沢山いる基本的には非常に温かい人柄の方々が大半です。例えばミネラルウォーターには、サムライのラベルがあり商品名は「サムライウォーター」。しかしMade In Bangladeshなんです・・・。要するにそれだけ日本製に対する信頼性や安心があるということなんでしょう。

 

 しかしまあ現実はまだまだ超発展途上国ですから、写真のとおり数十年前の日本の風景以上のインパクトはあります。

 

 今回も帰国の際、空港カウンターにてなんと私のフライトチケットが正しく購入されてないということで席が確保出来ていないとのこと・・・。出国まで1時間半前でなんということを。急遽カウンターを離れ、別部屋で再手続をし何とか購入出来たかと思うと、今回は出国検査で大行列・・・。あちら系の服装ばかりの中に、ぽつんと立っている私をイミグレスタッフが声をかけてくれ何とか特別室へ。これはやはり日本人であるという役得かも。しかし安心したのも束の間、今後はコンピューターのシステム誤作動で出国手続きが出来ないとのこと・・・。

 

 ちなみにその日は、バングラデシュにて過去の戦争の戦犯裁判の最終日。その判決が11時AMに出るので、たぶん国がストライキに入るだろうとのこと。私のフライトは10時35分AM。何がなんでも出国したいと別室で大暴れして、何とか手続きを完了。見てて怪しい感じだったが、次回の入国は大丈夫なんだろうか・・・。こういう時は英語でコミュニケーション出来ることが何よりも有難いが、結果いつも半ば言い合い・・・。

 

 それでも基本的にいい人たちなので、何とか皆で一生懸命私の為にやってくれている姿を見てこの国にいらいらしながらも愛着がわいている自分もいる。南国気質だからか、皆笑顔で基本明るく無邪気である。そして何より皆、前を上を向いて歩いている。発展を信じているんだろう。そのパワフルさは本当に尊敬するくらい力強いものがある。まぁ、人にもよりますが・・・。


 本当に色々なことがあるし、想像を絶する出来事ばかり起きる国です。しかしながら毎回離陸時のフライトの窓からバングラデシュの街並みを見ながら、私はこの国に魅せられている部分もあるんだなと強く感じる。我々もこの国と繋がりを持ち続け、この国の発展に少しでも寄与出来ればと心から思いながらバンコクへ向かいます。

 

DSC_4014DSC_4038DSC_4045 DSC_4033 DSC_4028 DSC_4023 DSC_4021DSC_4048 DSC_4046DSC_4054DSC_4020