社長ブログ   |  【六本木ヒルズにて時代を感じる】

社長ブログ

【六本木ヒルズにて時代を感じる】

2016.10.05

 先週のAmazon友人から紹介を受け、新たなプロジェクトの為六本木を訪れてます。

 

 昔は良く遊んだ街でしたが、まさか大人になり仕事で来るとは夢にも思いませんでしたが、それだけこの六本木という街が変わってきているということでしょう。ちなみにアマンドとかってまだあるのかな?(笑)

 

 訪問するのは写真のとおり六本木ヒルズ内のとある飛ぶ鳥も落とす勢いのマーケティング企業。考えてみると初見参。入ってみるとなんだか懐かしいアメリカやヨーロッパ系の社名に覚えのある外資企業が多いようですね。さすがにビルに入るのにはセキュリティー手続きが面倒でちょっと外国的な感じです。っが、手続きしちゃえば、その後は海外のビルでは考えられないくらいセキュリティーチェックも甘々で、その辺はまさに日本のビルの危機意識の低さを感じますね(笑)

 

 さてミーティングも思いのほか上手くいき、内容ある良いステップとなりました。こういうところで最先端のマーケティングの一部を垣間見ると、本当に時代が大きく変わっていることを痛感しますね。去年正しいと思っていたことが、もう時代遅れになっている。スピード感は年々早まっています。1日ぼーっとしているだけで時代に取り残される恐怖感すらある時代です。40代のおっさんだから追いつけないという言い訳はビジネスの世界では負けセリフです。

 時代がどこに向かいそして進み、それの半歩前を我々が進むことが大切であり、今日正しいことは明日正しいとは限らない。

 

 トップとして一番大切なことの一つは、時代を読み取ること。ヒルズ内を歩いている人々の圧倒的な若さ、そして外国人ばかりの六本木ヒルズを見ているとそんなことを感じずにはいられません。鳥取・島根の全社員を正しい方向へ導くこと。まだまだやるべきことは山積ですが、皆を幸せにせねばです。まだまだ勉強と経験が必要だと強く感じたという意味でも、かなり有意義な刺激を受けた初ヒルズでした。

 

 PS 写真にある、六本木ヒルズ下をベビーカーと散歩する方々を沢山見ましたが、一体どちらにお住まいなのでしょうか・・・(笑)

dsc_4162dsc_4164 dsc_4166 dsc_4168 dsc_4170