社長ブログ   |  【Uber (ウーバー)】

社長ブログ

【Uber (ウーバー)】

2016.11.30

 前回のブログにも書きました、Uber(ウーバー)の実体験をここで少し。

 

 只今、アメリカはコロラド州デンバーに出張で来ています。今回初めて逢う予定のクライアントがここデンバーにオフィスを構えているということでの訪問ですが、日本人にとって比較的マイナーなここデンバーには、なんと成田空港とのユナイテッド航空直行便が飛んでいます。久々のアメリカ系航空会社の機内は、まるで冷凍庫のような寒さで凍えるように相変わらずレベルのサービスを受け、相変わらずレベルの機内食は食べず10時間を過ごし、やっとここデンバーまでたどりつきました。

 

 さてデンバーという街、スポーツ好きな方からするとちょくちょく聞く名前です。野球好きなら今年8月のイチローのメジャー3000本安打達成した球場ですし、一昔前に野茂英雄がノーヒットノーランした場所でもあります。そしてアメリカンフットボールではあのペイトンマニングを擁し去年のスーパーボールを劇的に制した名門デンバーブロンコスの本拠地です。そしてQちゃんこと高橋選手をはじめ、多くのマラソンランナーがここで高地トレーニングをします。そう、ここはロッキー山脈の麓で標高1,600メートル以上の高地なんです。

 

 まあ、そんな余談はそこそこにして、今回はUberのトピックです。Uberとは日本でいうハイヤーにニュアンスが近く、ドライバーは自家用車を利用し空いた時間で仕事をすることが可能なシステムです。そして利用は基本的に全てスマホ上ですませます。

 まずUberのセットアップは、自分のスマホにUberアプリを入れて、そこに自分のプロフィールとクレジットカード情報を入力すれば完了。せいぜい5分もあれば十分ですね。もちろん初回のみでOKです。

 

 これであなたはもう世界中のUberを利用可能となるわけです。それではアプリ上でUberを呼びます。このとき今自分がいる場所を位置情報GPSで指定してもいいですし、例えば1時間後に自分がいるべき場所をしてすることもOKです。当然住所入力でもいいですし、スマホらしく位置情報をマップ上にドラッグして指定してもOKです。さらに自分の行先もここで入力します。この時点でおよその見積金額まで出るので利用前に本当に安心出来ますね。

line_p2016121_072909

 さあUber呼び出しを決定をして通信開始すると、アプリが最寄りのUber車を呼び出します。日本でいう流しのタクシーみたいにそこら中にいるので、だいたい4,5分でお迎えに来てくれます。ここで感動なのは、車種・ナンバーはもちろん、運転手の顔写真や評価数字まで記載されているので本当に安心です。下の写真は一部モザイクをかけてますがなんとなく雰囲気はわかると思います。

 そして自分の位置までUberが移動してくる様子がわかるので、あと3分・あと2分・あと1分で到着しますという細かい状況確認までわかるわけです。

 

 車が到着すると、スマホ上で到着したことを告げられ、自分の顔をスマホ画面から現実社会に戻すとそこにはスマホに出ていた運転手と車がいるというわけです。早速車に乗ると、運転手のハンドルの横にはスマホがセットされてます。そう、スマホは私のスマホのUberアプリとリンクされているので、既に私の行先は指定されているわけです。ここまで会話をしながらでもOKですし、言葉がわからなければ会話しなくてもOK。すべてのコミュニケーションはスマホ上で完了しているからです。

 

 そうこうして目的地まで到着すると、スマホが到着を知らせてくれます。もちろん運転手も教えてくれますが(笑)。ここでもう一つポイントなのは支払いはカード決済ですが、すでにアプリ上に登録してあるので何もする必要性がありません。到着したら車から降りるだけです。そして海外で面倒なチップを払う必要も全くないということですので、初めていく海外では便利ですね。

 Uber降りて、数分もすればUberアプリからメールで領収書が届きます。さらに日本語スマホを使っていると日本語で届くという素晴らしさ。

 

 そして前回のブログにも書きましたが、最大の魅力は料金がタクシーの半額以下・・・。オペレーター等の人件費の削減効果でしょうね。それとUber運転手は基本自分の車を使うためにそのコストもカット出来るということです。

 わかりやすく言うと、日本のハイヤーのデジタル版みたいな感じですかね。

 

 安くて便利で安全なこのUber。流行らないわけがありません。まさに今の全世界のイノベーションを巻き起こしてます。日本は白タク規制等に引っかかるということで、まさに規制鎖国しているようですが・・・。既得権益を守ることも大事ですが、消費者が求めていることを考えると規制緩和させるべきだと思います。

 

 さてこのUberをはじめた方は、日々暮らしててどうしてこんなサービスがないかと疑問に感じ、世の中にないもんだから自分で始めたというわけです。去年のUberの売り上げは1年間で1兆円を軽く超えるらしい・・・。ほんとにふつーに暮らしててふつーの疑問点からとんでもないイノベーションが生まれる時代。

 皆さんの身近な生活に100億円規模のビジネスチャンスが眠ってるはずです。考えて行動すれば、誰にでも平等なチャンスはあるはずです。ミリオネラー・ビリオネラーへのチャンスを探してみてはいかがですか?意外といけるかもしれませんよ!!

 

 

line_p20161130_075541705 dsc_4304 dsc_4308