社長ブログ   |  【2017年年頭挨拶】

社長ブログ

【2017年年頭挨拶】

2017.01.05

 新年あけましておめでとうございます。

2017年を無事迎えることが出来ましたこと、心から嬉く同時に深く感謝申し上げます。

 

 さて簡単にですが2016年を振り返ってみましょう。2016年は例年以上に新しいチャレンジの日々でした。

 

 リバードコーポレーション(RCO)として2年間の製品開発と準備期間を経て田中部長・櫨課長・本部係長・RBDヘマヨットと連携しバングラデシュからのジュートロープ輸入がスタートしました。高級誘引紐という位置付けにて早速中嶋AMを中心とし試験販売が始まりました。これは半世紀以上前に川口義治商店として行っていたまさに”原点回帰”の商いとなります。

 同時に新型イチゴトレー・トリプルスリーの開発及び販売もスタートし、現段階でも第二弾・第三弾商品の販売準備もすすめています。

 

 ケイビーシー(KBC)としては年始早々の北米視察から、7月にはRIVERD USA INCをアメリカ・サンディエゴにて設立し、9月よりRIVERD MEXICO PLANTをKBC第二工場としてメキシコ・ティファナにて稼働開始。山田EVPを中心に、田中部長と現地新しいメンバーと共に抜群のチームワークのもと、量産体制の確立まで辿り着いています。

 更にKBC鳥取工場はまさに未曾有の大量受注を受けながら、山崎工場長・前橋次長・永田課長を中心に社員全員一丸となり現在も皆でその生産をおこなう毎日であり、未だかつてない生産を実行し続ける姿にまさに感謝の一言です。

 

 川口ペット事業部(KPT)としては、とっとり匠の杜工房(TTK)に最新充填機械導入を含め大きな投資をおこないました。これら機械は日本国内でまだ2社目ということで、弊社にとって設備投資を含めて大きなチャレンジですが、同時に大きな武器となると期待しています。現在までのところ順調に受注を受けていますが、山崎執行役員を中心に更に全国へ拡販展開をすすめていきます。これもまた他社で簡単には作れない弊社オリジナル商品です。

 

 さてそれではこの2017年をどう進めていくのか。

まずは2016年キックオフミーティングで掲げた本年度のキャッチフレーズ「プロフェッショナリズム」を残り3か月で確立することであります。全従業員のプロ意識を高めること、プライドを持った仕事をすること、そして各分野のプロとして何が出来るかを意識し理解を深めることが大事であると考えます。それは即ち志事(しごと)をするということです。

 

 その上で、キックオフミーティングで同様に掲げた「KAWAGUCHI STYLE」の確立。このスタイルとは即ち川口グループの強みです。その強みとは即ち唯一無二であるということです。我々川口グループでしか出来ないものを作り上げることが「KAWAGUCHI STYLE」の確立であると考えます。

 

「KAWAGUCHI STYLE」=「強み」=「唯一無二」

 

 現在までに私自身が考える「KAWAGUCHI STYLE」とは下記の部分です。5項目全てに「他社に無い・・・」「他社に負けない・・・」というフレーズから呼んでもらえると理解し易いですね。例えば①は「①他社にない圧倒的スピード」という感じです。

 

① 圧倒的スピード

② 製販一体型グループ企業

③ グループ内チームワーク

④ 終わりなきKAIZEN活動

⑤ まず実践してみる経営哲学

 

 これらを行っていくことが2017年の新しいチャレンジになると同時に、これらを具現化出来ることが我々が生き残っていく大きな武器となるはずです。

 

 それではこれらとはどういうものなのか?分かりやすい事例を一つあげます。2017年TTK(KBC)はFSSC22000認証取得に向け動きます。このFSSC22000とは、食品製造のあらゆる分野で世界基準のトップレベル工場であるという認証であり、これを取得することによりTTKで製造したものは世界各国へ輸出出来る基準を満たすことになります。

 現在の日本の食品製造レベルは世界トップレベルですが、実は食品製造基準は先進国でもかなり低いレベルにあります。しかし2020年東京オリンピックに向け間違いなくこれらの分野も世界基準まで満たさなければという動きが日本全国で活発化するでしょう。

 そしてこのFSSC22000が取得出来れば、ペットフード製造業で言えば日本国内二番目の偉業となります。それらの時代がやってきたとき、これ認証は弊社にとって大きな大きな武器となるでしょう。

 

 もちろん取得が我々のゴールではなくその先に真のゴールがあります。

それはまずRCOがまず長年お付き合いしてきた地域農協様を含め生産者様より最高の原材料を仕入れ、モノ創りを極めたKBCの技術力とTTKの生産力で最高の製品を創りあげ、KPT・RCOのルートを使い販売すると同時に、RUS・RBD・長く工場のあった中国等諸外国へ輸出販売をすすめていく。

 

 これらが2017年の外部戦略の軸として考えています。

 

 内部戦略の軸は「プロフェッショナル人財育成&ITシステム改革元年」です。例年以上に積極的にリクルーティング活動を行い、セミナー等外部機関への参加推進することによっての人財育成を掲げます。川口グループの全てと言っていいこの人財を大切に、そして成長させることが会社にとっての責務と考えております。

 

 しかしながらここ近年リクルーティング人財確保は全国的に困難を極めており、これは川口グループも例外ではありません。そしてこれから先、人財不足は全ての企業にとって避けて通れない大きな問題です。人財不足は結果的に一人一人の業務負担過多により、残業の増加や有休が取りにくいという職場環境の悪化となり、最終的に経営悪化になっていくでしょう。

 これをクリアするための次のキーワードがITシステム改革元年というものです。2017年川口グループは大規模なITシステム改革に取り組みます。これにより全てのシステム効率化をはかり近い将来の人財不足時代に対応していくという戦略になります。そしてこれは一人一人の従業員の負担過多の解消に繋がるべき大きな武器となると私は信じています。

 

 この「プロフェッショナル人財育成&ITシステム改革」が達成されたとき、我々川口グループは全国レベルの企業に飛躍出来るでしょう。

 

 これらが2017年の我々のチャレンジでありゴールであると考えています。同時にこれらはまさに弊社しか出来ない挑戦であると確信を持っています。即ちこれが「KAWAGUCHI STYLE」です。弊社の「強み」であり「唯一無二」である弊社だけが出来るチャレンジであるからです。

 

 これが私の掲げる「KAWAGUCHI STYLE」です。本年は今まで以上に、川口グループでしか出来ないことを推し進めていきます。これを確立するにはやはりプロフェッショナリズムが大きなポイントとなるでしょう。しかし皆がプロフェッショナリズムを持った志事(しごと)を行う事が出来たときが、「KAWAGUCHI STYLE」の完成に一歩近づくときでしょう。

 

 2017年また新しい年が始まります。例年と変わらないのは、我々川口グループは攻め続けるということです。現状維持とは企業の衰退です。新しい世界と可能性が直ぐ目の前に来ています。それを掴むために、前に、前に、共に進んでいきましょう!従業員の皆様、本年も宜しくお願い致します!!

 

2017年1月5日

川口グループ 代表取締役 川口大輔