社長ブログ   |  【2017年度 川口グループ キックオフミーティング】

社長ブログ

【2017年度 川口グループ キックオフミーティング】

2017.04.22

 4月21日(金)とりぎん文化会館にて「2017年度 川口グループ キックオフミーティング」を開催致しまし、本年は残念ながらKBC製造部門の一部メンバーが業務の為不参加となりましたが、それでも過去最高となる約170名のグループ社員に参加頂きました。

 

 毎年4月第四金曜日午後13時~行うこのカンパニーイベント、170名のメンバーに会社のそして私の思いや考えを伝える大切な大切なイベントですから、当然テンションも上がります。今年も直前にコンビニで一番高いユンケル飲んでぶつけるべき自分のパワーもしっかり盛り上げ、この会にのぞみます。

 さすがに何度も重ねてきてますので、「緊張」をするという不安はほぼゼロですが、敢えて言えば「しっかり伝えられるだろうか?伝わるだろうか?」という不安はゼロではありません。そしてそれを達成する為に一番大事なことは言葉のテクニックやスライドの完成度ではなく、「伝える気持ちとパワー」だと信じています。

 私のプレゼンはトータル1時半の長丁場ですが、顔をしっかり上げ、相手の目を見、そして気持ちとパワーを持った自分の言葉で相手に話すのではなく相手に思いを伝えること。毎年のことですがこれらを私は一番意識します。よって原稿は持たない、マイクも持たない、両手は自由のままでを基本とし、出来る限り自分が用意したスライドは見ず参加者の目を見ながら話すということを特に意識します。

 

 当日しっかり出来たかどうかは自分ではさっぱり判断出来ませんし、それは参加者が判断することだと思ってます。なので、私は冒頭に必ず毎年言うことがあります。「私のプレゼン中、眠かったら寝て下さい」っと。寝てしまうほどつまらないプレゼンをするのは私の責任ということです。個人的に学生時代は授業中良く寝てましたが・・・。でも面白い授業、講義は必ず起きてました。寝られてしまうって程度の話しか出来ないのは自己責任だと私は思うので、寝ている人を見つけても怒りたいとも思いません(本音)。

 ただ私の中で内緒で嬉しいのは、年々寝てしまう方が少なくなっているのはちょっとガッツポーズですね(笑)。皆さんが思っている以上に寝ている人は見えますからねぇ。

 

 さて我々が行うキックオフミーティングというのは大きく分けて3つの開催理由があります。

 

1.         川口グループ各社 2016年度の方向性・ゴールレビュー

2.         川口グループ各社 2017年度の方向性・ゴールセッティング

3.         川口グループ各社を知る・メンバーを知る・連携を図る・優秀者を称える

 

 そして恒例の表彰式ですが結果は下記のとおりでした。

 

 ■ MVP           本部由衣(リバードコーポレーション・鳥取)

 ■ 新人賞         錦織成二 (リバードコーポレーション・出雲)

 ■ スピーディワーク賞           問屋口麻実(ケイビーシー)

 ■ モラル委員会大賞            石本達矢(リバードコーポレーション・鳥取)

 ■ BEST KAIZEN賞            松本健夫(ケイビーシー)

 ■ チームワーク賞    川口やまとなでしこ会 (KGP女性会)

 

 今年川口グループの2017年度スローガンは「唯一無二」となりました。私の求める「唯一無二」の3つのキーワードは下記のとおりです。

 

① 唯一無二 人財育成

② 唯一無二 製品製造

③ 唯一無二 企業創造

 

① いつも言う通り、私は機械を雇って機械と仕事しているわけではありません。自分らしさと自分しか出来ない志事をしてくれる方を求めてます。個人としてオリジナルティーある人財になりましょう。

② 他社が作れない製品を作りましょう。他社と同じ製品の先には値段競争というレッドオーシャンしかありません。新しい製品、新しいマーケットを作り上げ、ブルーオーシャンでのみ勝負をしましょう。

③ 我々はいつでも唯一無二の企業となりましょう。そこに我々川口グループの企業価値があり、我々が地域に求められる真の企業になるでしょう。

 そして私が伝えたかったのは、例年以上に「社員ファースト」の会社経営を行う事。全ての社員と社員の家族が幸せになれるようにすることが私の今年のゴールです。

 2017年度は私にとって非常に楽しみな要素ばかりです。それほど2016年度は良い人財と良い投資が出来ましたから。本年度は今まで以上にチャレンジし飛躍の年となると確信しています。さあ最高のなかま達と新しいチャプタースタートです。今年も皆で突っ走るだけです!!

DSC_5101 DSC_5103 LINE_P2017423_190048DSC_5107 DSC_5108 DSC_5110 DSC_5111