社長ブログ   |  【Dia de las Madre 母の日 in メキシコ】

社長ブログ

【Dia de las Madre 母の日 in メキシコ】

2017.05.11

 世界中の誰でも「母の日」は知っていると思います。そして世界中の皆さんにとってほとんどの国では5月第二日曜日が「母の日」ですよね。しかしここメキシコでは5月10日と決まっています。なんでも1922年に、とある新聞社が5月10日を「母の日」にしよう!ってことでスタートしたようです。だからなのか分かりませんが内容も他の国とは少し違う模様。

 

 まず他国と比較してはメキシコの「母の日」は、とにかく大きなイベントです。1年でも最も大きなイベントの一つのようです。日本はもちろんアメリカより盛大に祝うほどですから。

 さてさてせっかくそのタイミングでメキシコいるので郷に入っては郷に従え。その辺は結構柔軟性があるというか楽しみたい性格なので、早速朝からメキシコ人責任者のサルバドールと一緒にショッピング。二人でプレゼント用のバラの花束とチョコレートを購入。メキシコではこれが基本プレゼントらしい。ふむふむ、勉強になる。

 言われてみると、ストリートには如何にも「母の日」用の商品が並んだ屋台みたいなお店が、軒並み並んでいます。日本の花見の屋台に近い感じですかね。

 

 そしてランチは現地メキシカンワーカーの方々と一緒にタコスランチの予定としているようで、買い物ついでにサルバドールとお店を予約。今日はサルバードルのチョイスでCarnitas Tacosのタコスタンドの店。Carnitas(カニータス)とは豚肉のタコスで、個人的にめっちゃ好きなのでラッキーとばかりに気持ちもあがる。サルバドール、GOOD JOB!(笑)

 

 さてさて午前中の仕事をこなしお昼ととなり皆でそこに移動。さあ、タコランチ。初めての店でしたが、う~ん、うまい!!いつも思いますが、メキシコ・ティファナで食べるタコスは本当に絶品。ここから10キロほどでアメリカ国境超えサンディエゴで食べるタコスとは比べ物にならないくらいここのはうまい。しかしサンディエゴもそこより200キロほど北上したロサンゼルスのタコスに比べると全然うまい。やっぱ本場がうまいのは当然ですが、単純そうで不思議な食べ物ですねぇ。

 ちなみに我が家は定期的にTacos作って家族で食べます。しかしなかなか再現出来ないのがこの単純そうな料理の難しいところ。やっぱトリティアは手作りなんだろうな~って思う今日この頃です。

 

 まぁ、そんなことはどうでもいいんですが、写真のとおり皆で大盛り上がり楽しいランチになりました。私も片言のスペイン語を駆使しなんとかコミュニケーションを図ろうとしながらでしたが、彼らは言葉通じなくっても盛り上がれる民族性。ラテン系だな~って感じです(笑)。そしてやっぱり皆でわいわい食べるランチは格別です。メキシカンって本当に底抜けに明るいから、一緒にいて楽しいんですよね。いつも笑顔で声がでかくって、笑い声も豪快で。外の天気のように突き抜けるような明るさです。

 

 結局母の日というよりは、単にタコスを食べに来たみたいになりましたが、本当に楽しい時間でした。彼女たちといると元気になれるっていうか、明るくなれるんですよね。もちろん個人個人いろいろ大変なことを抱えて生きているんでしょうが、それを全く見せないのがメキシカンの素敵なところです。やっぱり人生は楽しんだもの勝ちだなって痛感させられますよ。

 幸せの価値観も千差万別でしょうけど、彼女たちってほんと幸せそうなんですよね~。見習わないとです。

 

 そんな感じのランチでしたが、写真から皆さんに楽しそうな雰囲気が伝わると嬉しいです!!

 

 Feliz día de las Madres!! (ハッピー・マザーズデー)

DSC_5194 DSC_5196 DSC_5197 DSC_5200 DSC_5202  DSC_5206 DSC_5208 DSC_5209 DSC_5210 DSC_5211