社長ブログ   |  【進化するラスベガスという街】

社長ブログ

【進化するラスベガスという街】

2017.07.24

 ただいまアメリカ・ラスベガスに来ています。目的は明日からの全米最大ペット展示会「SUPERZOO 2017」に参加するためです。

 

 ラスベガスとは誰もが知っているカジノで有名な街。写真の通り、なんと空港からスロットマシーンがふつーに並んでいます。我々日本人の感覚では考えられないですよね?

 

 この誰でも知っているラスベガス、これまではまさにカジノの街として有名になりましたが、現在ではそのギャンブルだけではなく、日本でも有名なあのシルクドソレイユ等いろいろなショーや、エンターテイメントやコンサート、そしてコンベンションの街として有名になっており、ギャンブルのイメージよりファミリーで来やすい街と変貌しています。

 

 もともとここラスベガスはまわりに何も無い完全に砂漠地方であり、効率的な税収入を考えたネバタ州がまず考えたのがカジノ収入であり、その先に考えたのが観光客UPであったようです。要するにこのカジノやエンターテイメントのあるラスベガスで展示会を行えば、全米からの出張者も子供や家族を連れてくることが出来、昼は仕事で夜は家族サービスをというプランを可能とするわけです。

 

  • ラスベガス展示会開催 ⇒ コンサートやショーの為に家族で出張 ⇒ 展示会参加者増加 & ホテル宿泊客増加 ⇒ ラスベガス展示会成功!!

 

 こんな感じで、出張という名目で家族とラスベガスに来れるわけですから、展示会の来場者は増えるでしょう。そうなると当然のことながら、展示会はラスベガスでやろう!ってなことに主催者側はなるわけです。当然、ホテル宿泊率も上がりレストランやコンサートなどのショーの集客も上がり、沢山の方が沢山のお金を落としていくということです。

 

 極めてアメリカらしい複合型かつ合理的なビジネスモデルだと思いますね。実はヨーロッパのドイツのとある町にもこういったビジネスモデルがあります。大きな展示会があると街に10万人以上の人が押し寄せるため、ホテル代も通常の5倍なんてことは日常茶飯事です。

 

 こういったスタイルは自治体とビジネス企業がまさに官民一体であり、日本における地方創生に繋がるヒントがあるような気がします。もちろんそこに日本ならではのスタイルを加味する必要があるんでしょうが、どうやって集客をするかという問題に対しての参考になるように感じます。

 

  点と点を結び、線にし、それをより太くするビジネスモデル。欧米人らしいというのは大陸の人たちのビジネスという感じがする、壮大かつ合理的なビジネスですね。

 進化する街、ラスベガス。明日からのSUPERZOOを見ながら、少しでも刺激と吸収をして帰国したいですね!!

DSC_5521 DSC_5523 DSC_3811DSC_3836DSC_5544