社長ブログ   |  【SUPERZOO 2017 in Las Vegas】

社長ブログ

【SUPERZOO 2017 in Las Vegas】

2017.07.27

 一昨日このブログに書いた通り、昨日本日と二日間 「SUPERZOO 2017」 に参加してきました。

 

 実はこのペットショー全米で二番目に大きな展示会なんですが、二番目とはいえ全米規模でのはなし。当然のことながらとんでもない大規模展示会で、じっくり見て回ると1日でもとても足りないレベルです。

 

 さてこのペットショー、今まで数回参加してきましたが年々感じるのは国産化。要するにMade in USAが増えているということです。これはトランプ大統領のAmerica First政策の影響ではなく、日本同様に食品は安心な内国産でということなんでしょう。

 

 そしてもう一つ年々感じるのは、ペットフードやスナックの商品自体に記載してある「Grain Free(グレインフリー)」「Gluten Free(グルテンフリー)」という表示です。似た表記ですが違いは下記のとおりです。

 

  • グレイン フリー ⇒ 穀物類 不使用
  • グルテン フリー ⇒ 穀物から生成されるタンパク質 不使用

 

 どちらも穀物が入っていないということでは同じですね。

メリットは簡単にですが下記のとおりです。

 

  • 消化に良い ⇒ 肥満を抑える効果がある・毛艶が良くなる
  • アレルギーリスクが低い ⇒ 穀物類はアレルギーになりやすい

 

 現在のアメリカのペットフードはおそらく半分以上にこの表記があります。日本の「無添加」という表記も同様に年々増えてきてますよね。

 

 この表記、「Gluten-Free Diet(グルテンフリーダイエット)」という数年前よりアメリカで大ブームになっているダイエット用語からの流れでしょう。日本でいう炭水化物ダイエットに近いものですが、こちらではより細分化されてます。そもそもアメリカでは空前の健康ブームとなっており、例えばベジタリアンも日本人の想像以上にたくさんいます。

 

 そのベジタリアンも細分化されると色々な種類があり、肉はダメだが卵はOKとか、動物性である卵やミルクは全てダメとかということです。今ではそういう方々向けのレストランも町中にたくさんあるほどなので、ベジタリアン人口も相当な数の方がいらっしゃるんでしょう。

 

 基本的にペットの世界は人間界における同様のレベルを求める傾向にあると言われています。ペットとはもはや家族の一員ということで、自分の家族もしくは子供に与えたいと思うことは全て与えるということだと思います。

 

 この考え方は日本でも同様であり、今後も更なる健康ブームがペット業界にも浸透するはずです。実際のところ、オーナーさんよりペットの方が良いものを食べている家庭もチラホラいるでしょうね(笑)

 

 ちなみに初日は、San DiegoよりRIVERD USAのRachelと合流し共に行動しましたが、実は彼女もベジタリアンであり最近Grain Free商品を中心の食生活にしているとのこと。

 色々参考にさせて頂かないとですね!

DSC_5526DSC_5525 DSC_5527 DSC_5530 DSC_5533 DSC_5536 DSC_5541 DSC_5544 DSC_5550 DSC_5552 DSC_5556