社長ブログ   |  【第52回 鳥取しゃんしゃん祭り 傘踊り出陣】

社長ブログ

【第52回 鳥取しゃんしゃん祭り 傘踊り出陣】

2017.08.17

8月14日(月)第52回 鳥取しゃんしゃん祭りが開催され、例年通り弊社も「川口グループ連」として総勢約50名にて参加してきました。

 

 早いもので今年で4年目の参加となりましたが、今年は去年のより更に創作踊りをバージョンアップさせたようです。当然踊る方は大変でしょうが、我々街頭から見学するものにとっては、踊りの美しさや鮮やかさの完成度が毎年レベルアップをしており、それを間近で感じることが出来ることは大きな楽しみの一つです。

 

 本番当日は2時間半の長丁場で踊りますが、今年は残念ながら雨により9時までの予定が8時半までとなりました。まぁ、雨乞い祭りなんで正しい姿なのかもしれませんが・・・。ただ、立場的に参加者全てに最後まで踊らせてあげたかったというのが本音ですけど、こればっかりはしょうがありません。

 

 立場的にというのは、やはり皆の日々の努力を見ているからです。毎年春先からその年のしゃんしゃん祭り実行委員会というのが発足し、今年は歴代初の女性総監督となった本部さんを中心に、平日業務後と日曜日に地区の体育館を借りての練習という名の猛特訓であったようです(笑)

  レベルが上がっていることにより、当然新人さんには非常にハードルが高かったようですが、それでも今年は新しい顔ぶれがかなり増えていたことは嬉しい限りでしたね。

 

 そして今年も「美クラス」に入ることが出来、なんとこれは企業連としては最上位であったようです。よって我々はバードハットからスタートし、一番盛り上がる駅方面から本通りに入るルートで演舞が出来たことで、皆例年以上に誇らしそうに見えました。

 

 例年言いますが、私の求める理想の会社像がこの「川口グループ連 傘踊り」に全て詰まっていると言っても過言ではありません。

 

 私が一切この傘踊りに関わらなくなり早2年、参加社員メンバーのみで全て運営出来ています。私がでしゃばると、どうしても企業人として出ないといけない雰囲気はゼロではないでしょう。しかし私が関わらなければ、本当に踊りたくって踊っているメンバーのみが参加してくれるはずです。これが企業連の本質だというのが私の考えです。

 今のメンバーは本当に楽しそうに踊っています。これは4年前と今年とでは慣れもあるでしょうが、確実に笑顔がいきいきしてましたね。

 

 当日の打ち上げにて、本部総監督より来年はこれまた女性の瀧村総監督に引き継がれとの発表があったようですが、また新しい何か楽しいことが起きるといいですね。

 組織というものはトップが替ると組織も変わります。しかし土台が出来た今なら決して悪い方向には行かないでしょう。どういう化学反応があってもどういう方向に進んでも、それはきっと正解となるはずです。

 

 仕事や日常と同じで前に進み続ければ失敗なんて無いんです。来年のしゃんしゃん祭りも、「川口グループ連」にとって大成功となるでしょう。常に前に前にです!!

 

 当日の参加してくれた「川口グループ連」と沿道に応援に来てくれた社員の家族や他社員の方々全てに、心からの感謝と心からの拍手を送りたいと思います。

 

 彼らは私の最大の誇りです!!

DSC_5726 写真④1502715762672 1502715776367 line_1502702733095 写真①