社長ブログ   |  【ヘマヨット宅にてディナー in バングラデシュ】

社長ブログ

【ヘマヨット宅にてディナー in バングラデシュ】

2017.09.15

 現在バングラデシュにて出張中ですが、昨晩弊社RIVERD Bangladesh現地スタッフであるヘマヨット氏の自宅にてディナーに招待頂きました。

 

 ここバングラデシュでは、親交ある友人や同僚を自宅に招くという習慣が比較的盛んであり、今回のご招待は私にとっても非常に嬉しいかぎりでした。

 

 当日、夕方に予定の仕事を完了させ、私の滞在ホテルから出発したのが17時30分過ぎ。ヘマヨットの自宅までは約20キロ。日本で高速乗れば15分程度で到着する距離。ディナーにしては早すぎると感じるでしょうが、ここはバングラデシュ。他アジア諸国と同じように交通渋滞は凄まじいの一言。

 凄まじさでいえば、他アジア諸国よりワンランク上か。ネガティブ要素なのでワンランク下と表現すべきか(笑)。いずれにしても東京の首都高渋滞なんてかわいいものってくらい凄まじい渋滞です。

 

 普段でも渋滞の際に車の中で1時間ほどウトウトして目が覚めると、1ブロックも進んでなく景色が全く同じなんてことは日常茶飯事。クラクションは鳴りっぱなし、、、路上で喧嘩はしっぱなし、、、しかしお互い車をこするなんてことでは眉一つ動かさず、、、まあ、世界中でここより酷い渋滞は見たことありません。

 実際私は大概の国で運転する自信はありますが、さすがにここでは許して下さいませという感じ・・・。

 

 まあ、そんなわけでこの日もたった20キロの距離で到着したのは20時30分過ぎ・・・。3時間です!!一般的に日本の不動産の駅から何分という表記は80mで1分らしい。そう、歩いても結構近くまで来てるじゃん!!ってな時間(笑)。まあ歩きたかないですが・・・。

 

 さてそこからは素晴らしいディナーが待っていました。伝統的バングラデシュの家庭料理で、彼の奥さんと息子さんが準備してくれた写真のディナー。本当に美味しかったですよ!特に私は各地のローカルフードが大好きなので、レストランでは食べれない家庭の味に舌鼓を打ちました。

 

 特にこのエビ。日本でいうブラックタイガーらしいんですが、ほんとにブラックタイガー??ってくらいデカい!デカいわりに味もしっかりしていて味噌も濃厚で本当に美味いんです。結局ヘマヨットに勧められ続けて7,8個食べてしまい超満腹。

 

 ディナーでは下記写真のヘマヨット息子さんも一緒です。彼は17歳で現在ダッカ大学受験のため猛勉強。そのダッカ大学、首都ダッカにあるバングラデシュ最難関の大学で、日本でいう東京大学のようなもので大変歴史あり由緒ある国立大学とのこと。ちなみにヘマヨット自身もダッカ大学卒業者。

 その為、彼は一日7-8時間の猛勉強の毎日らしく。しかし1日24時間の三分の一勉強って、、、自分の学生時代を思い出すと恥ずかしい限りです、、、ほんと恐れ入りました。そこまでの努力、報われてほしいですね!

 

 家も本当におしゃれで、まさにバングラデシュ文化を感じることのできる美しさ。南アジア文化は本当に美しいですね。センスの良いインテリアになんとも落ち着く雰囲気でした。

 

 おいしいディナーと楽しい会話と素晴らしい家で、本当に楽しい時間を過ごせたこと、心から彼らに感謝です。少し残念だったのは彼の奥さんにお逢い出来なかったこと。夜は女性がゲストがいるところに出てこれないという宗教上の理由からなので、仕方ないですけどね。

 

 彼の息子さんに、くれぐれもMomに美味しい料理をありがとう!と伝えてくださいと言い、ヘマヨット家を離れました。

 

 いつも彼から自宅に来てくれと言われ続けていたものの、やはり出張中は朝から晩まで走り回っているのでなかなか時間が取れず実現出来てませんでした。彼との付き合いも約4年でやっと実現した今宵のひと時。なんとも言えない嬉しさと満足感に浸れる夜となりました。

 本当に私は幸せ者です。

 

 「Hey, Hemayet. Thanks a lot for your invitation to the wonderful dinner last night. I had excellent time with your son and you. I still really appreciate all you have done for us and our company. I am proud of you!!」

DSC_5997 DSC_5998 DSC_5999 DSC_6000 DSC_6001 DSC_6002 DSC_6003