社長ブログ   |  【(歴史的極寒 in 関東)というエピソード】

社長ブログ

【(歴史的極寒 in 関東)というエピソード】

2018.01.25

 ご存知の通り、今日現在日本列島を歴史的寒波が覆っています。

 

 たまたま関東出張中であった私は、運悪くこの極寒に遭遇・・・。しかしマイナス4度という首都圏では48年ぶりという記録的極寒。普通なら不運にもと思うでしょうが、私からしたらこの経験出来たのはちょっと嬉しかったりする部分も少しあるんですけどね。

 

 自分の中での良く出てくるキーワードに、「インパクトある出来事=忘れない思い出」があります。分かりやすく言うと、インパクトのあるエピソードって、数年後にも覚えてますよね?それをいかに自分の周りの人と共有するようにするかというを日々強く意識しています。なるべく人生にはインパクトのある出来事を多くしたいってことです。

 

 例えば、昨晩は天候不順の為飛行機キャンセルだったんで、急遽東京宿泊となり、夜も時間あったんで都内に住む後輩と久しぶりに再会し飲みに行ったんですが、それはそれで偶然から生まれたインパクトのあるエピソードですよね。おまけに翌朝が48年ぶりの寒さだったとかっていうのはある意味嬉しいことと捉えることが出来るってことです。

 

 なぜかというと、5年後10年後に振り返ったりまた彼と会った際に、「あの時は飛行機キャンセルだったし、翌朝マイナス4度だったね~」みたいな会話で盛り上がるし、何よりお互いの記憶と思い出に残り続ける可能性が高いってことです。

 

 前回書いたブログのちゃんこ鍋屋さんでの食事をしたことも同様の考え方なんですが、その時々のタイムリーな話題を共有できるってことは、記憶と思い出にに残りやすいってことです。

 

 それが上に書いた、「インパクトある出来事=忘れない思い出」ってことです。だから誰かと一緒に飲み会したり食事するときも自分が幹事であれば、必ず一風変わったチョイスをするように心がけてます。人ってやっぱりお互いに思い出話をするのが好きですからね。

 

 私は長い間、温暖な南カリフォルニアで暮らしていたから尚更なんでしょうが、あっちは年中それなりに暖かいので(朝晩は寒いけど)、一つ一つの思い出がぼんやりしてることが多いんですよね。要するに四季がはっきりしてないんです。

 日本で暮らしてると、「あれ?前回会った時っておでん屋行ったから冬だったよね?」とか、「あの日って暑くって38度くらい出てたときだよね?」とかって会話が日常にあると思いますが、これが重要なポイントなんですよね。これが四季がある素晴らしさってことと共に、各々の記憶や思い出が確実に残りやすいということです。

 

 実は企業にとっても季節感は本当に大切なことです。寒くなってきたから、このプロジェクトの時期だとか、雪が降ってきたから、去年はこれやってたよとか。日本人にとって季節が業務を思い出させる効果があります。

 

 私が大事にしているのは会社イベントです。これは楽しいとか面倒だとか賛否両論あると思いますが、全く別の角度で一つ大事な要素は「季節感」を感じることが出来るってことです。そうすることによって仕事もプライベートも何かを思い出させてくれたり何かインパクトのある出来事や思い出を作ってくれるということです。

 

 皆さんも何かするときに何かを連動や連携させるようにすると記憶に残りやすく、さらには行動準備がしやすくなるんで意識してみるもの良いかもしれませんよ。もっと言えば、記憶に残したいときは敢えて何らかのインパクトのある出来事や演出とセットにする努力をすれば、効果はアップするはずです。

 

 サプライズ誕生日パーティーをやる意味っていうのは主役に驚いてもらうってことが一番大事でしょうが、それと同じくらい、実は後年になってもエピソードとして語り続けてることも大きな意味があると思いますけどね。普通の誕生日パーティーより、思い出話に登場する頻度って多くないですか?ってことです。

 

 まあ、そんなわけですが、現在25日(木)12時、ここは羽田空港。今朝早くから天候不順でフライト連続欠航ですので、空港で身動き取れずPCを叩きながらこの文章を書いているところです・・・。いったいいつ鳥取に帰れるのやら・・・。

 

 でもこれもまたインパクトのある出来事であったので、良しとしましょうか!!コントロール出来ないことに喜怒哀楽しててもしょうがないし、どうせ同じ状況なら人生ポジティブに考える方が楽しく生きれますからね。

 5年後くらいに、48年ぶりの大寒波の日は羽田空港でブログを書いてたって自分エピソードで懐かしく思い出すことでしょう。