社長ブログ   |  【歴史的ワンツー in オリンピック】

社長ブログ

【歴史的ワンツー in オリンピック】

2018.02.16

 連日の日本人選手のメダルラッシュにわく平昌オリンピック。以前もここに書きましたが、自称筋金入りのオリンピックファンである私も当然の如く連日食い入るようにTVを見ています。普段TVをあまり見ないので、既に今年一年分くらい見てるかもです・・・(笑)

 

 そして今日は日本中が歓喜に沸いた、フィギュアスケート男子、羽生選手・宇野選手により歴史に残る金・銀メダル獲得。

 

 感動はもちろんですが正直震えましたね。スポーツを見て、一喜一憂する際に感動し興奮しというのは当然のことですが、今回の羽生選手のSPの演技は正直それらをも超越していました。「よし!」っと興奮し声が出たのはSP最初の4回転サルコウの着地の瞬間だけ。後は感嘆という言葉じゃないですが、茫然と見てしまいましたね。

 どういう精神構造とトレーニングをしていれば、この状況でこんな演技が出来るのか・・・。失礼ながら背筋がゾッとする程でしたし、今までスポーツを見ていてそして歓喜の瞬間に感じたことがない感覚でした。もやは我々世代には理解できないことが今の20代の方々にはあるということでしょうか。

 

 最大級の賛辞という前提で申し上げると、凄いというよりは、もはや恐ろしいというほどの感覚でしたね。

 

 また嬉しかった半面、個人的にはオリンピックが好きだからこそ、ワンツーの2人と対照的な結果に終わった田中選手やラージヒルジャンプで二本目に進めれなかった葛西選手に目が行ってしまいますね。今、いったいどんな思いでいるんだろうと・・・。スポーツ、特にオリンピックは国を挙げてとなり、どうしても結果重視となる為、陰と陽の部分が強すぎるほど強い。仕方ないと言われるともちろんそうなんだが、気になってしょうがないですね。アマチュアスポーツの祭典であるべきオリンピックの本来の趣旨はどうなんだろうとすら考えさせられる。

 

 本来、出場するだけで凄まじいことなのがオリンピック。アテネの時代からオリンピック選手のことをオリンピアンと呼ぶ。何よりもスポーツが好きで、特にアマチュアスポーツが好きな私からすると、オリンピアンは私にとってHEROであり、地球上でもっとも尊敬する人達である。

 将来会社がどんなに大きくなろうと、プロ選手のスポンサーになることはイメージわかないけど、資金集めに苦労しているようなオリンピアン、もしくはオリンピックを目指しているようなアスリートのサポートはしたいなって思いますね。

 

 今日、羽生選手の金メダル後のインタビューの一部で

 

「全部が全部欲しい、何もかも手に入れたいけど、捨てなきゃ取れないものもある」

「普段のこととか考えかたとか、今この幸せはいらない」

「そういうもの(小さな幸せ)をすべて捨て去ってきた」

 

 それを聞いてて分かっていてもぞくっとしましたね。自分が23歳の時を考えるのも恥ずかしい・・・。

 

 ほとんど全てのオリンピアンたちは、それぞれの競技に全てを捧げているんでしょう。そんな人たちは一般生活の世の中にどれくらいいるんでしょう。

 

 そんなオリンピアンたちの4年に一回の祭典も後半戦。いつも思いますが、国の為ではなく自分の為に納得するまで競技してほしいですね。