社長ブログ   |  【メキシコランチ】

社長ブログ

【メキシコランチ】

2018.03.27

 弊社メキシコ工場に出張で来ています。

 

 最近は四半期一回ペースと少しずつこちらに来る頻度は下げてきてますが、来ると必ず一回はワーカーの方々と一緒にランチするようにしています。今回はメキシコ風ピザランチ!ほんの少し普通のピザとは違います。

 

 このピザで面白いというか、いかにもメキシコという感じなのが、ピザにサルサをかけて食べるんです。サルサというのはメキシコ料理に必ず出てくる、トマトベースの辛いソースなんですが、これが意外とピザと合うんですよね。まあルーツを共にラテンと考えれば、マッチするのが当然といえば当然ですが。

 

 そんな風にメキシカンワーカーにメキシコ流食べ方を教えて貰いながら、片言のスペイン語でコミュニケーションをする時間、これもまた結構楽しい時間です。彼らってほんとにまさにラテン系というか底抜けに明るいので、一緒にいるだけで何となくこっちもハッピーになる笑顔というか雰囲気があるんですよね。

 

 そして今回はKBC永田さんが3か月の長期出張の最終週ということもあり、数名のワーカーから、もっと彼を残してくれというリクエスト。最初はメキシコ嫌々オーラを出していた彼も、3か月経過しスペイン語も少しながら、ワーカーとのコミュニケーションや信頼関係確立には目を見張るものがありました。

 

 そんな彼の姿を見ていて頼もしさを感じたことが、今回の出張の一番の収穫でもあったように思えました。まあ、彼自身は気付いてないでしょうが、一回り強く成長し帰国後、今まで以上に活躍してくれるのは間違いないでしょう。

 

 人としてもビジネスパーソンとしても、成長する為に最も大切な要素の一つに「経験」が必要であることは周知のとおりです。そして「経験」とはいくら考えていても、前に踏み出さない限りは絶対に得ることが出来ません。

 

 鳥取でオペレーションをしている我々グループ。しかしクライアント様はどんどん変化しグローバル化しています。同時に外から鳥取に入ってきている競争相手も増えてきています。それは鳥取にクライアント様に対してハイバリューを提供する為には、我々自身がグローバル化するということです。

 このグローバル化するという意味は、鳥取だけなく他46都道府県からも経験する必要性があるということです。

 

 要するに外に出ていくということは、外でビジネスをするということだけではなく、中(鳥取県内)でも他以上のサービスや商品を供給できるということです。

 鳥取県内を大切にしない限りは、当然の如く外では成功しません。基本は地元であり地域であるわけです。外を経験するということは、鳥取をより良く出来るということだと私は信じています。

 

 それらを確立するには、この「経験」をしなければ不可能に近いでしょう。当グループ一人でも多くのメンバーが、外で「経験」し、そのメンバー自身が成長できるような環境構築をしていくべきだと更に感じました。

 

 当然の如く、一番大切なのは「個」の成長ということです。今回の永田さんの頼もしさとたくましさを見て、私自身良い刺激を貰いました。本当に3か月お疲れ様でした!