社長ブログ   |  【インターペット出展 2018】

社長ブログ

【インターペット出展 2018】

2018.03.31

 3月末から4日間、東京ビックサイトにて国内最大ペット業界展示会である、インターペット2018が開催され、今年もリバードペットとして出展してまいりました。

 

 ここ数年出展している側ですが、例年以上に今年は衝撃を受けました。その衝撃とは、ずばりアジア系バイヤー等、アジア系業界人の来展者の多さです。

  

 そして満を持して、この展示会の為に開発した弊社の新商品を初公開。この日の為に、セールスチーム・製造チーム・R & Dチームと共に、本当に当日ギリギリまで皆熱い思いで協力し合って、間に合わせることが出来ました。

 

  我々の今回の出展目的の大きな一つに、アジアマーケットに向けての拡販戦略がありました。その新商品とはまさにそれをターゲットにし、商品デザイン・内容・価値・マーケティングを含めて、その準備をしっかりしてのぞんだつもりでしたが、そのアジア人顧客の数は我々の想像を超えていましたね。

 

 ここ数年、毎年増えているなという印象は当然持っていましたが、今年は爆発的でした。実は8年前の自身帰国以来、弊社独自商品の海外販売・戦略は私の中で大きなゴールの一つでした。当時日本は、円高真っ盛り。もちろん日本には海外モノが輸入されまくり、沢山の企業が輸入に偏ったビジネスモデルを推し進めていました。

 

 それを見て、極めて危険に感じたのは、やはり外から戻ってきたからこその感覚でした。要するに、為替リスクは自己コントロール出来ないということです。案の定、しばらくすると大きな円安がスタート。アベノミクスの入り口到来。

 

 1ドル80円が1ドル120円時代への転換期。

 

 当然多くの輸入型企業が大打撃を受けました。1.5倍のUPは通常の企業では耐えきれるレベルではなく、売れば売るほど赤字が増えるという図式です。

 

 そのころ私は、出来る限りアジアを自分の足で歩きました。北米やヨーロッパは詳しかったものの、日本を長く離れていたので、アジアには正直疎かったが故です。そこで目にしたのは、彼らの驚異的な発展するパワーと、富裕層のレベルの高さです。例えば中国14億人の内、富裕層が10%とすると、富裕層だけで日本の人口より多いわけです。

 そして外国の富裕層というのは、日本の富裕層とは規模・レベルが違います。それを自分の目で実感というか痛感しました。全ては良い意味で私の経験となったことは、私にとって本当にラッキーでしたね。

 

 そして、自分の目で見て触れて感じたのは、アジア人、特に富裕層は親日だということです。新聞、ニュース等でいわれている情報は間違いではないが、基本的に日本のメディアは先入観で物事をとらえる傾向が強く、実際の情報とはかけ離れていることが多々あります。

 

 彼ら富裕層が欲しいものは、「Made in Japan」なんです。そして彼らのビジネスのスピード感は、日本人とは明らかに異次元であり、我々のコンセプトと非常にマッチします。

 

 要するに、商品価値がしっかりあり、ビジネススピードがしっかりあれば、アジアに向けて大きな勝負が出来るという確信が今回の展示会で得ることが出来ました。良い商品をしっかりつくりしっかりマーケティングすれば、きっと世界中のわんちゃん・ねこちゃんとそのオーナーに喜んでもらえるはずですから。

 

 今回、アジアの方々と沢山つながりが出来、また我々も新しいステージに進む大きな基盤が出来たことは正直大きなラッキーを感じます。全てが希望通りの流れになりつつあるということです。

 

 今年はアジアに向けて一気に行こうと強く感じる展示会でした。キーワードは、「鳥取発!!」。鳥取産を世界中に轟かせたいですね!!