社長ブログ   |  【大谷翔平がMLBで活躍しているわけ】

社長ブログ

【大谷翔平がMLBで活躍しているわけ】

2018.04.26

 この4月、日本のスポーツ界で最も話題を提供したのは、間違いなく「大谷翔平」であった。弱冠23歳。何が凄いって、比較対象があの「ベーブルース」。歴史上の人物と比較される23歳。

 

 ただし話の腰を折るようで申し訳ないが、正直日本人が思っているほど、全てのアメリカ人が彼を知っていて熱狂しているわけではない。アメリカという国はまさに多種多様であり、スポーツに関しても日本の数倍数十倍、多種多様であり、私の感覚ではアメリカ人で大谷翔平を知っているのは、10人聞いて一人いればいいほう。

 日本のメディアが好きなフレーズ、「全米が熱狂!」は残念ながら正直う~んってな感じである。

 

 しかしそれで彼がやっていることが色あせることはなく、間違いなく誰も歩んでいない道を進んでいる。私レベルが軽はずみに、「凄い!」というのもおこがましい位の偉業なことは間違いない。

 

 そもそも彼が18歳で日本かメジャーかとドラフト直後に騒がれていたころから、二刀流論戦はヒートアップ。ほとんどのプロ野球OBは否定、一般人も野球を少しでも知っている人はほぼ否定のオンパレード。

 

 しかし私は当時から大変違和感を持ちながら、親しい人たちには「二刀流を挑戦すべきだ」と言い続けていた。

 何故か?もちろん私は成功するかどうかなんていう保証は微塵も持っていなかった。しかし、弱冠18歳の少年が持つ希望を、大の大人が異口同音で否定することの異様な風景に違和感を覚えたのだ。

 理由は皆、「出来るわけがない」「誰もやったことがない」という抽象的な理由ばかり。今までの人は出来なかったが、大谷翔平が出来なかったというわけではない。もっと言えば、今までだって出来た人はいたかもしれないが、やらなかったもしくはやらせなかったからだという可能性の話は誰もしない。

 

 そこから5年間の彼の活躍は、私の中でひそかに痛快そのものでした(笑)。古い固定観念にとらわれた人達に、泡を吹かせる若者の姿。そして時が経過すると今まで否定してきた人々が、彼に熱狂し応援する。個人的に、可能性ある若者が大の大人を驚かせる構図が大好きだから尚更かもしれない。

 

 さて、話を今回タイトルの【大谷翔平がMLBで活躍しているわけ】に戻そう。私は野球の専門家でも解説者でも無いので専門的な話はしないし出来ないことが大前提。

 しかし彼が活躍をしているわけが一つだけ分かる。それは私の中で非常にシンプルだ。

 

 「彼がメジャーに二刀流としてチャレンジしたから活躍出来ている」

 

 たったそれだけだ。当然の如く、メジャーにチャレンジしたから活躍出来ている。もっと言えば、二刀流にチャレンジしたから、二刀流としてメジャーで活躍している。そんなしょうもない理由って・・・って思っている人は良く考えてほしい。全ての成功や活躍とは、チャレンジすることからはじまることを、人間は年を取れば取るほど忘れてしまうから。

 

 彼の活躍の大元は「チャレンジしたから」だということ。アメリカに来なければアメリカで活躍出来ないということ。チープに聞こえるかもしれないが、良く言う宝くじは買わないと当たらないとの全く同じ論理だ。人はチャレンジしなければ何も起きない。失敗を恐れず何かをしなければ何も起きない。

 

 これが彼が活躍する中で、私レベルが分かるたった一つの理由だ。しかし人生において最も重要なことだと再認識されられた。誰もやったことの無いことばかりを突き進む、23歳の彼からは学ぶことばかりだ。

 

 我々川口グループは、明日27日(金)1年に一度のキックオフミーティング。世界で戦う23歳の若者から大きな刺激を受け、我々も誰にも負けないチャレンジしよう!!