社長ブログ   |  【W杯に見る世界で勝つということ】

社長ブログ

【W杯に見る世界で勝つということ】

2018.07.03

 益々ヒートアップする、ワールドカップ ロシア大会。しかし本日我らが日本代表は2 – 3でベルギー代表に敗れ去った。

 

 負けたものの試合内容はあまりにも素晴らしいもので、心から拍手を送りたい気持ちと、後15分で史上初のベスト8が見えていただけに、やはり負けた悔しい気持ちとが交錯する、何とも言えない気持ちはほとんどの日本人も同様であろう。

 

 丁度アメリカ出張中で、その時間は移動の為、空港のスポーツバーでその試合を見ていました。元々サッカー不毛の地と呼ばれたアメリカは、今回のワールドカップに出場もしていないので、比較的冷めた印象。しかし昔と違って、全試合TV中継している為、幸運にもホテルやスポーツバーで見ることが出来た。

 2002年日韓開催ワールドカップのときなんて、当時アメリカ在住の私や日本人の友人は、皆で集まってメキシコチャンネルで試合を見たものだ。当然スペイン語だから何がなんだか・・・。

 

 さてさて今日の試合観戦中のスポーツバーで、たまたま隣にいたアメリカ人のおっちゃんがTV見ながら一喜一憂する私に話しかけてきた。

 

アメリカ人 「君、日本人かい?」

私 「そうだよ~」

アメリカ人 「お~!!このバーで日本人はたぶん君だけだね。私も仕事で日本企業や日本人と絡むことが多いから、日本チームを応援してたんだ。勝ちそうだよね。(この時点で2-0・・・)」

私 「どうかなぁ。でも試合が終わらないと、気になって飛行機乗れないよ~(笑)」

アメリカ人 「延長戦になったら、フライトチェンジしないとね(笑)」

 

 こんなやり取りをしながら、一緒に談笑しながら仲良くなりそれぞれドリンク片手にカウンターでTV試合観戦。

 

 彼はアメリカ人には珍しく、サッカー好きらしく結構詳しい。更に日本の予選最終戦ポーランドとの試合のことも記事で読んだらしく、例の残り10分での最終パス回しの論争も良く知っていた。

 

 彼のポイントは2点。

 

① あれがサッカー先進国、例えばヨーロッパの強豪国がやったら、きっとここまで騒がれてなかったんじゃないかな。日本がやったからここまで言われているような気がする。普通に考えればパス回しは当然の戦略。

 

② 日本人はあの戦略に誇りを持つべき。勝つために最善を尽くすのは当然であり、自分の国に作戦と判断に対して自信を持たなければならない。

 

 そこから話が盛り上がったのは、「世界で勝つということ」というテーマ。

 

 彼は世界中を飛び回っているビジネスパーソンでで、話していてかなりシャープな印象。且つインターナショナルビジネスや外国諸国に対し、沢山の経験を持っているようだ。

 

 お互いの結論は、「世界で勝利を掴むためには、内容ではない結果だ」ということ。あくまでもビジネスの世界の話だが、一部外国企業は勝つためなら本当に汚いことを平気で行う。およそ日本人の発想でありえないことが普通に行われる。勝てば正義という図式。

 

 これを日本人は受け入れられない。日本人は結果よりプロセスに重きを置く傾向があるからだ。勝負に勝って試合に負ける、美しく散る等、日本人は敗者に美徳を求める。かっこ悪く勝つくらいなら、美しく死にたい。

 これはまさにサムライスピリットなんであろう。

 

 ビジネスはそうもいかない。特に日本は先進国のどの国より倒産が許されない国であるから。日本ビジネスでは負けは終了を意味し、敗者復活戦は他国のようにない文化。他先進国は、一度倒産してもチャンスはいくらでもまたやってくるし、実際掴める。

 

 ワールドカップも同じであろう。4年に一回。人生において出場一回だけの選手がほとんどだろう。綺麗に負けても敗者復活戦は無い。更に言えば美しく負けたことなんて、数か月もすれば世界中の誰の記憶にもない。

 

 ベルギーとの一戦、結果は敗れ去ったがたぶんこの内容であれば、今日以降国内外から称賛されるだろう。しかしこれもあのポーランド戦で美しく予選敗退していたら、この称賛もなかったわけだ。

 さらに残念ながらこの称賛は、敗れた中での称賛であり、仮にベスト8に進出していた時の称賛に比べたら、っと考えると誰でも分かるだろう。勝ったら、もっと称賛されていただろうことは当然である。

 

 そして前述したアメリカ人がふと言葉を発した。

 

「日本人は誠実だし真面目だし嘘つかないのは大きな長所だけど、その分スピードと決断が遅く、何よりアグレッシブに勝ちにいかない文化を変えなきゃだね。そうすればもっともっと海外進出が加速し、国も発展するだろうね。だって、製品レベルも人材レベルも世界最高だもん!世界中はMade in Japanを求めているわけだからさ。

 

ビジネスとは結局は勝ち負けの結果でしか評価されないわけだから。ワールドカップと同じだよ。勝つことが一番大事さ。」

 

 全くの同意。世界で勝つには、内容や評価にこだわらず結果にこだわること。私が今回のワールドカップで一番影響された部分かもしれない。

 

 あのボール回しがあったから見れた、素晴らしいベスト16ベルギーとの一戦。もちろん負けたことが最高に悔しいが、この素晴らしい試合を見れたすべての人に言いたい。

 

「西野監督とサムライブルーが、全世界からブーイングを浴びた、あの歴史的ボール回しがあったからこそ、日本国民はベルギーとの歴史的ナイスゲームを目撃出来た」

 

 勝たねば次がない。ワールドカップは4年に一度なんだから、批判を気にしていたら世界で結果を出すことは出来ない。

 

 あの世紀のボール回しをした日本代表メンバー、胸を張って帰国してほしい。お疲れ様 & 感動をありがとう!!

2202 2203