社長ブログ   |  【幸せの新甘泉】

社長ブログ

【幸せの新甘泉】

2018.09.30

 不思議な題名に 「???」 という方も多いと思います。おそらく鳥取県民以外の方には、この 「新甘泉」 を読むのは容易ではないかと思います。何故ならばこれは当て字なんです。実際私も十数年前には読めませんでしたが、この漢字 「しんかんせん」 と読みます。

 

 これは鳥取県が生み出した、比較的新しい鳥取県品種の赤梨です。ご存知の通り鳥取の梨といえば、鳥取県名産物である 「二十世紀梨」 が全国的に有名ですよね。今でも鳥取県全域では二十世紀梨を栽培している生産者の方が多く、中でも東郷の二十世紀梨なんかは抜群の知名度があります。

 

 ちなみにこの二十世紀梨は青梨というカテゴリーに分けられ、溢れんばかりの果汁と絶妙な酸味とのバランスが素晴らしく、この地域ではまさに秋の味覚の王様とも呼ばれるほどの美味しい梨です。

 

 そして冒頭の 「新甘泉」、これは赤梨と呼ばれるカテゴリーの品種となり、甘みと香りがより前面に出てきており、食べた触感はみずみずしいんですが、二十世紀梨と違い酸味がほぼなく、兎に角甘い梨に仕上がっています。よって糖度が非常に高く、糖度センサーで13度以上等、色々な高い基準を超えた新甘泉だけが市場に出ることが出来るという、文字通り厳選された比較的新しい赤梨品種です。

 

 しかしながら、この新甘泉、本当に美味いとあって人気も凄まじいのです。人気があるということは、鳥取県の生産者さんにとって素晴らしいことなんですが、我々庶民にはなかなか手に入りにくいというのが現実です。そう、より高値がつく関西圏を中心とした都市部に売られていってしまうわけです・・・。冬の松葉ガニみたいなものですね。

 

 ここ1,2年、やっと地元のスーパーでも見かけるようになりましたが、それでもまだまだ絶対数は少ないようです。私の友人や、弊社社員でも食べたことがないという方が本当に多いようです。それほど、味もレア級に美味しく、手に入れることもレア級な梨なんです。

 

 ですので、仕事柄、たまに生産者の方々から梨を頂くこともあるんですが、この新甘泉だけはそうそう貰うことがありません。

 

 そんなこの夏のある日、長い間ずっとずっとお世話になっている方から電話が入りました。私自身、人間的にも仕事人としても心から尊敬している方。電話があるだけでいろんな意味で「ドキッ」としてしまうくらい、私にとっては偉大な方からで、その電話を取ると。

 

「今年からうちで新甘泉がなったから、家族で梨狩りに来いよ!」

 

 実は去年からちらっと誘われてましたが、正直半信半疑でした。疑念ではなく恐縮するからです。私が知っている限りで新甘泉の梨狩りなんでしている生産者は聞いたことがありません。今を時めく高級梨ですし、当然の如く売った方が実入りは高いわけです。なんせ、市場はまだまだ新甘泉を求めていて足りないのが現状ですから。しかも個人同士ということは、いやらしい言い方ですが無料・・・。逆に恐縮してしまいます。

 

 そんな思いを抱きながら、でもせっかくのお誘いですし、嬉しさと緊張とが入り混じりながらの訪問約束。その週末に家族で伺うと、素晴らしく美しく整備された果樹園。本当に細かいところまで手入れがいきわたっていて、これは美味しい梨が出来るだろうと確信してしまうほどの果樹園でした。

 

 そして念願の梨狩りスタート。今の子供は、青梨より甘い赤梨の方が好きな子がほとんどで、当然うちの子も同様なので大はしゃぎです。そりゃ大人の私でも新甘泉狩りなんて贅沢過ぎて、めっちゃテンション上がりますからね(笑)

 

 梨のもぎ方からレクチャー受けて、ひたすらもいでは食べ、もいでは食べの繰り返し。挙句の果てには十数個の新甘泉をお土産で頂き、本当に楽しく忘れられない一日となりました。子供も私も大満足。午前中に伺ったんですが、その日はランチを食べなかったくらいひたすら新甘泉を食べましたから(笑)

 

 しかし朝どれの新甘泉、、、なんていう贅沢品でしょう・・・。冷えてなくても最高に美味い!!こんなに美味いものなのかと、気が付けば子供より私の方が食べてましたから。本当にこの上ない幸せなひと時でしたね。果樹園を満面の笑みで走り回って梨狩りをする子供を見ていると、これ以上の幸せがあるのかと感じてしまいました。

 

 ある意味究極に贅沢な一日を過ごすことが出来ましたね。

 

 世の中には、お金では買えない、お金より価値のあることが沢山あります。もちろんお金も大事ですが、本当の幸せとは、こういった時の方が格段に高い満足感を得られますよね。ビジネスをしていると尚更大切に思うのが、こういった無償の幸せという価値観です。

 

 お金で得られる幸せにはきっと限界があるからでしょう。所詮お金なんて道具なわけであり、最高の幸せを掴む方法は結局、人から与えて貰うか、人に与えるかしかないわけです。やはり人なんです。

 

 本当に素晴らしく美味しい梨でした。しかしただ美味しいだけではなく、私の人生で一番美味しい梨の味であったことは間違いありませんね。尊敬する恩人からの贅沢な時間。子供が喜ぶといいなと思っていた梨狩りが、私にとってこの夏一番幸せな一日となりました。

 

 糖度センサーでは測れない最高の甘味と贅沢をいただいたことに、心より感謝です。