社長ブログ   |  【イチロー引退会見を見て ②】

社長ブログ

【イチロー引退会見を見て ②】

2019.03.31

 イチロー引退会見で、実は最も衝撃を受けた一つに、「一弓」の名前が出たことだ。これはネット上でも大きな話題になった模様で、共有者が沢山いることを非常に嬉しく思った。

 

 その一弓とはイチロー家の愛犬の柴犬。イチローと弓子夫人との名前から取ったのだろうが、私も10年以上前にイチローのドキュメント番組で見たのが最後だったが、ファンにとっては超有名犬である。

 しかしここ数年、全く近況を明らかにされておらず、正直失礼ながらまだ生存しているとは思っておらず、本当に名前が聞けただけで感動した。

 

 一弓が発端になったかどうかは微妙だが、2000年代アメリカでは結構な柴犬ブームだった。発音は、「シバイ~ヌッ」(イにアクセント)。本当に街で散歩しているオーナーが沢山いたし、シバイヌは今でも普通に英語となっていて、普通にアメリカ人相手に通じる単語。

 私はペット関係の仕事をしているからというより、元々生粋の愛犬家なので、実はずっと一弓のことは気になっていた。10数年前、そのドキュメント番組でイチローの定番朝カレーの後、一弓とソファーで戯れるシーンの笑顔が、今でも目に焼き付いている。まさに勝負師が仮面を脱ぐ数少ない瞬間。

 

 犬の寿命は年々飛躍的に伸びている。私が子供の頃から比較すると、倍近いらしく、小型犬の犬種によっては15歳前後は普通らしい。一般的に言われるその理由は、当然のことながら医学の進歩とドッグフードの品質向上。

 しかしそれにしても、中型犬である柴犬の17歳は凄い。

 

 イチロー会見中、一弓の話題になった際、記者一同和やかな雰囲気になったようだが、逆にイチローは真剣な顔つきだったらしい。私は現時点でまだ引退会見を見ていないので、あくまでもニュースの描写だが、イチローだけ明らかに違ったようだ。

 

 私の見解として、一弓がイチローを支えていた家族だったことは容易に想像できる。私も我が犬に、日々支えられ癒されていることを実感出来るし、自分の日々のエネルギーは我が愛犬から、とんでもない程貰っている。

 

 犬の17歳とは、人間年齢でいう100歳を超えるという。イチローの現役引退を発表された今、一弓が一日でも長く生きて欲しいと心から思う。

 

 一説によると、犬にとって最も嬉しいことは、ご飯の時間でもなく、遊びの時間でもなく、飼い主と一緒に過ごす時間らしい。一弓は17歳と長く生きているが、現実として遠征続きで1年の半分以下しか家にいないMLBプレーヤーのイチローと過ごした時間は、かなり少ないことは容易に想像出来る。

 

 一弓が17年間寂しい思いをしたんであろうこともまた、容易に想像出来る。大きなお世話だが、これからの余生を、少しでも長くオーナーと過ごしてほしいと切に思う。

 

 世界のイチローを間近で支えてきた、陰の最大の功労者でもある一弓にも、心からお疲れ様と言わなくてはならない。