社長ブログ   |  【インターペット出展 2019】

社長ブログ

【インターペット出展 2019】

2019.04.01

 3月28日から4日間、国内最大ペット業界展示会である、インターペット2019が東京ビックサイトにて開催され、今年もリバードペットとして出展してまいりました。

 弊社も過去最大人数である6名を鳥取から派遣し、4日間朝から晩まで一生懸命頑張ってくれました。

 

 昨年から印象が強くなったことが、とにかく外国人バイヤーの多さ。去年のこのブログにも書きましたが、今年は更にその印象が強かったですね。

 業界の訪問者数での比較だと、国内に対して海外のお客様は25%ほどと感じる程でした。

 

 これは3年ほど前だと、せいぜい1~2%程であったと感じる数字でしたから、今年は尚更驚きました。他に出展されている同業者との立ち話でも、皆さん異口同音に仰っていたので、やはり年々急速に増えているんでしょう。

 

 しかし何故にここまで外国人バイヤーが増えたのか。理由はいくつかあります。当然、海外富裕層を中心とした、高品質Made in Japan製品の安定した人気。ここ数年のインバウンドの急増から日本製品に人気拡大。

 

 そして皮肉を込めて言えば、安定した「円安」と「デフレ」が大きな要因であると感じます。

 

 要するに日本製品は安いんです。ってか、日本って何でも安いんです。このインバウンド急増は、結局日本に旅行するのが以前と比べて格段に安いということです。

 だから、海外バイヤーは高品質で安い日本製品に飛びつくというわけです。

 

 今でも私がアジアのどこどこに出張するというと、「なんでも安いんでしょ?」って言われることが多々あります。いえいえ、アジア諸国でも日本よりよっぽど高い都市はいくらでもありますよ。軽くランチするだけで、結構いい値段取られますから。

 

 やはり大半の日本人にとって、日本はまだまだアジアの盟主であり、日本の物価はとんでもなく高いという固定概念がぬぐえないんですよね。

 

 現在日本のGDP(国内総生産)は第3位。この表現がやっかいなんですよね。それは、日本を世界3位の経済大国とみてしまうということ。しかし現実日本の人口は世界10位で、日本より上位の国は、アメリカ・中国を除くと全て発展途上国なんです。

 要するに日本は経済大国であると同時に、人口も非常に多い国となるわけですから、当然のことながら、人口が多い国ほどGDP順位が上になりやすいというわけですね。

 

 その反面、日本の一人当たりの名目GDPは、なんと26位。国としての金額はそれなりだけど、個人としては世界26位というわけです。この順位はアジアでも、香港・マカオ・シンガポールより下になります。

 結局日本は一人当たりのGDP直すと、実質そこまでではないということです。

 

 振り返ってみると、日本国民の大半がこの20年間物価が上昇した感はほぼ無いと感じるでしょうから、この結果は当然です。これが俗にいう失われた20年ということです。

 

 だから、外国人バイヤーが増え、外国人観光客が増えるというわけです。

 

 インターペットに出展するだけで、それらの世界を垣間見ることが出来るのもまた面白いことだと感じます。そして大切なのはこの現実をどれだけ理解し分析し、我々の将来に繋げていくかということです。

 

 要するに海外進出を加速するということは必然であり、海外進出しなくては、我々の未来は限りなく頭打ちとなる可能性が高いということです。

 

 企業とは「ブルーオーシャン」に進み続けなければならないということを強く感じる、インターペット出展でした。