社長ブログ   |  【香港出張にて香港の現状】

社長ブログ

【香港出張にて香港の現状】

2019.06.30

 本日、香港に出張で来ています。

 

 ここ最近例のデモのニュースで世界中を騒がしている香港です。数週間前からニュース等で騒がれてましたが、まあ沈静化するだろうと安易に考えていたことと、狭い香港といえど、そんなにデモの近くで行動するわけじゃないだろうしと、正直高を括っていました。

 

 今回タイミング悪く、G20大阪がおこなわれる27日(木)からの香港出張。関空からのフライトはやめた方がいいだろうと、面倒ですが羽田経由にてのフライト。香港でもより、G20大阪の回避するためのフライトチケット予約の方を危惧していたくらいでした。

 

 鳥取在住の我々にとって、基本的にアジア諸国への出張は、関空発がメイン。ケースバイケースで福岡空港羽田空港や、ましては成田空港なんて国内移動の長さから絶対に選びたくないルート。

 

 理由はずばり、方向的に行って帰ってをしたくないだけ。関空まで鳥取駅からバスや電車を乗り継ぐことと、羽田まで鳥取空港からフライトで行くのは、実質的にそんなに時間は変わらない。でも気分が違う・・・。なんか無駄な時間を過ごしているようで・・・。

 

 ちなみに関空⇒韓国・仁川空港経由で、アジア各国行くときに必ず思うことがあります。関空から仁川フライトは、丁度鳥取の真上を通過する・・・。これほど切ないものはない・・・。私の関空まで向かう時間と労力とお金を返して欲しいと毎回思ってしまう程。(無理な要望)

 

 さて本題の香港に戻ろう。

今回の出張直前に分かったこと、私の出張のメインの場所が丁度デモ会場のよう・・・。最悪・・・。

 

 しかし今回ポリスはかなりウロウロし厳戒態勢は感じましたが、基本的には平穏な日常を感じました。もちろんホテルの窓から眺めての風景。TVで見る風景とは全く違い、いつも通り大都会香港の迫力を感じる景色でした。

 

 冷静に外を眺めると、やっぱり香港はハーバーシティだけあって本当に奇麗です。この街にあれだけのデモを起こす香港人のパワーが眠っているんだろうなって思うと、やはり暑い国の熱いパワーがあるんでしょうね。世界中、基本的に南側の方々はパワーがありますね。

 

 しかし香港の人口は約740万人ほどなのに、ここで200万人以上のデモが発生って日本人からしたら考えられないですね。実際、今回色々なクライアントさんと打ち合わせをしましたが、必ずデモの話題になり盛り上がりました。そして驚いたのは、私がお会いした方々のうち、実際結構なパーセンテージで、クライアントさんもデモに参加したとのこと。

 他に参加してない方々も、口々に皆不満をぶちまけてました。印象としては若い方々のほうが、熱い雰囲気を感じましたね。自分たちの将来を憂いているんでしょうか。

 

 そして香港人だからか、やっぱりというか結構大きな声で話すもんで、逆に私が周りを気にするほど(笑) 

 

 さてさて平和に帰国したいな~。

235 236 237