社長ブログ   |  【和諧号】

社長ブログ

【和諧号】

2019.09.19

 「和諧号」 これを見てピンとくる方は、よっぽどの鉄道マニアか中国通な方でしょう。

 

 そう、この「和諧号」とは、中国の新幹線の車両の名前です。新しい「復興号」と共に、TV等で見たことがある方も多いかと思います。

 

 実は今週、中国出張で、今日は日帰りで上海から南京までこの新幹線で往復してきました。中国の新幹線というと、日本人的には2011年の衝突事故&埋めるという衝撃的な事件を思い出す方がほとんどでしょうが、実はその後飛躍的に進歩を遂げているんです。

 

 技術力や整備体制は、もはや日本やドイツを凌ぐほどらしく、スピードは日本の新幹線より速く、鉄道網は日本の10倍にもなるような程。駅なんて、空港ですか??っていうくらい巨大です。やはり恐るべし14億中国人民のポテンシャル・・・。

 DSC_0015

 乗り心地も、全く問題なく快適。強いて言えば、周りの中国人の電話の声がうるさいですが、まあそれはそもそも諦めているんで(笑)

DSC_0013

 マナーと言えば、新幹線が各駅に停車した瞬間、中国人喫煙者が一斉にホームに出てきてタバコを吸いだします。中国の新幹線は基本全車禁煙らしいからでしょうが、その光景は驚きます。そして彼らはめんどくさいのかホームの灰皿まで移動せず、入口ドア出たところでタバコを吸い、吸い終わったらホームにタバコを投げるだけ・・・。消えてなかろうがお構いなし(笑)

 

 中国の特に都市部では、以前に比べてタバコマナーは劇的に良くなりましたが、やはり場所によっては衝撃的レベルの酷さですね。

 DSC_0016

 さて新幹線の話に戻ると、面白いのが社内販売。日本のように駅弁という文化があまりない中国では、出前的なサービスがあります。事前にオーダーしておくと、販売員が乗客まで例えばケンタッキー・フライド・チキンとか持ってきてくれるようです。

 

 ちなみにホームにある自販機は、ほとんど顔認証にて購入可能。先日もこのブログにて中国キャッシュレス化の話を書きましたが、この新幹線も含めて、中国の技術力やITの向上スピードは完全に日本の上を進んでいます。

 

 今は中国は、スマホレスを推進しているので、顔認証での買い物も増えてきているよう。

 

 今回の出張でも、私自身、当然の如く現金一切使用せず。全てQRコード or カード決済。

 

 そうそう新幹線の進化で思い出したのが、リニアモーターカー。とっくの昔からリニアモーターカーを走らせている中国と、我々子供の頃の夢リニアモーターカーは、未だに走っていない日本。

 

 比較しなくていいんだろうけど、やっぱり日本人としては悔しいな~。