社長ブログ   |  【ラグビーワールドカップ 開幕】

社長ブログ

【ラグビーワールドカップ 開幕】

2019.09.20

 さあ、念願の 「ラグビーワールドカップ」 が本日開幕!

 

 日本でワールドカップ開催!まさかこんな時代が来るなんて、我々が学生の頃には夢にも思いませんでした。ヨーロッパと南半球のスポーツと言われ続けたラグビーが、アジア初はもちろん、我が日本で開催なんて、少し感傷的になる程嬉しいことです。

 

 私はスポーツするのは勿論、観戦するのも大好きなんですが、実はそのスポーツ観戦で最も好きなのは、このラグビー。

 学生の頃は、ラグビーシーズンの週末になると、仲間と聖地秩父宮や、国立競技場に足を運び、狂喜乱舞な程エキサイトしていました。そう、ラグビー観戦とは、現地で見ると、とんでもなく熱くなれるんです。

 

 もちろん、TV観戦でも十分面白く、手に汗握るのがラグビー観戦です。近年ではルールがかなり整備され、プレーが途切れることが以前より激減し、攻撃のバリエーションも飛躍的に進化したため、見ていての興奮度が格段に向上しています。

 

 今大会は前回のワールドカップで話題になった、南アフリカ相手の歴史に残るジャイアントキリング以上の衝撃が起きる可能性は高いとみます。それ程今回のジャパンは強い。20年前は、世界トップレベル国と戦うと、それこそ100点ゲームで敗れ去っていましたが、今はどことやっても十分にがっぷり四つ出来る戦力です。

 

 さてこのラグビー日本代表メンバーの話になると、ことのほか毎回話題になるのが外国人が多いと揶揄されるということ。これは非常に残念でなりません。確かに今回も半分近くが外国人というのが現実です。代表登録ルールがサッカーやオリンピックに比べて、ラグビーは比較的緩いので、こういった結果になっています。これは諸説あるものの、サッカーに比べてナショナリズムが激しくなく、即ちラグビー試合が終われば国境も含めてノーサイドという精神からのようです。

 そもそもこの2019年、ここまで世界がボーダレス化をしてきている世の中で。日本人とは同じ顔をしていないといけないという考え方からして、ナンセンスだと私は感じます。

 

 そして何より彼らは間違いなく日本人より日本人の心を持っています。百歩譲っても、外見が外国人だから日本代表ではないという考え方は、彼らにはあてはまらない。日の丸を背負い、伝統の桜ジャージを着ている彼らを応援して欲しいと切に願います。

 

 例えば2大会連続不動のジャパンのキャプテン、リーチマイケル。彼はニュージーランドから単身15歳で来日し、今では日本人の妻子と暮らし、日本での生活の方が彼の人生で長くなっているほど日本に同化している選手。彼は日本人より日本人であり、本当の侍の魂を持っている偉大な選手で、ラグビーファンの心を揺さぶる熱い日本代表です。

 

 私自身も、彼が2013年に鳥取で試合した際に、彼見たさで布施競技場まで応援に行ってきた程、以前から彼の大ファンです。下記写真は、その時鳥取では全く無名だった20代のリーチマイケル。

 563688_379327015531654_1983899348_n

 彼の有名なエピソードを一つ。

 

 リーチの日本との関わりは、彼の祖父からはじまったとのこと。70年以上前、第二次世界大戦中、リーチの祖父は太平洋戦争にて、日米の激戦地であるフィジー近くの島で戦地に駆り出されていたらしい。

 

 そう、リーチの祖父の敵国は日本であり、敵兵は日本兵。そんな戦争真っただ中のある日、森の中で彼は一人の日本兵と鉢合わせ、リーチの祖父は戦うことと死を覚悟した。しかしお互いに逆の方向に指をさし、共にその場を去ったという。

 

 リーチの談話: 「お前は向こうへ行け、俺はあっちへ行く」となり、お互い殺さなかったらしい。戦争に行きたくなかったんだろう。(日本との縁は)そこから始まったんじゃないですかね。

 

 リーチの祖父は生かされた。そして相手も生かした。相手を殺したくなかったのであろう。

 

 その数十年後、リーチマイケルはニュージーランドで生をうけ、15歳で日本へ単身移り、日本人と結婚し、日本人の魂を背負って桜のジャージを着て戦う。

 

 リーチマイケルの祖父も父も、自分を犠牲にして他人の為に尽くす人だったようで、彼の父の肝臓の一部と腎臓は、孫と出会ったことも無い人に臓器提供しているらしい。

 

 確かにリーチのプレースタイルが、まさにそうだ。彼はフランカーというFWの中ではヒーローにもなれるポジションにいながら、常に自己犠牲をし仲間を活かすプレーに徹する泥臭いことの出来るプレーヤーだ。

 

 これからワールドカップを見る方も、初めてラグビーを見る方も、とにかくリーチマイケルのプレイを見て欲しいですね。彼のプレーは文字通り兎に角泥臭い。しかし彼が徹しているのは、常に「仲間の為に、ジャパンの為に」だ。これほど献身的に、これほど他人に感動させるプレーヤーはいないという程、彼のプレーは感動を誘う。

 彼が盾となり、日本の至宝松島が決める!この風景が待ち遠しくてたまらない。

 

 おそらくリーチにとって今回のワールドカップが年齢的にも最後となるだろう。あのプレースタイルから、もはや体はボロボロであることは、容易に想像出来る。だからこそ、全ての日本人に彼を見て欲しい。彼こそ、誰よりも日本古来の「和」「侍」の精神を持った稀代のリーダーだからだ。

 

「ONE for ALL, ALL for ONE」(一人は仲間のために、仲間は一つの目的のために)

 

 日本人と戦った祖父の血を持つニュージーランド人が、ジャパンのために汗と血を流す。背番号6を見逃すな!!

 

「4年に一度じゃない。一生に一度だ。- ONCE IN A LIFETIME -」