社長ブログ   |  【ロードトリップ in バングラデシュ】

社長ブログ

【ロードトリップ in バングラデシュ】

2019.11.12

 只今バングラデシュ出張中です。ここまでフライト乗継乗継の連続で、家からバングラデシュ・ダッカ空港までのDoor to Door約24時間・・・。ブラジル行けるんじゃない?って毎度同じことを考えながらの時間を費やし、辿り着きました。

 

 まあここバングラデシュも僻地ですが、鳥取脱出するまでを考えると鳥取も十分僻地・・・。羽田に行くのも、関空行くのも、福岡空港行くのも遠いのが我が鳥取。海外出張というものの、鳥取出るまでが大変な労力。例えば羽田の近くに住んでいれば、時間もコストも大幅に削減出来るだろうなっていうのは、今更ながら毎回考えてしまいます。

 

 さてさて今回は、とある工場訪問がこの出張のミッションなんですが、その工場のロケーションが、バングラデシュの2大空港であるダッカ空港とチッタゴン空港のど真ん中に位置します。要するに、車でしか行けないってところです。

 

 首都ダッカ空港に昼12時半に到着し、いつも通り現地スタッフのヘマヨットと合流。そして車でその工場に向かうわけですが、片道4時間。そして工場訪問終わった後、チッタゴンという街まで移動なんですが、それが片道5時間。

 

 選択肢がそれしかないので、あまり気にもしてないけど、よくよく考えてみたら車で9時間運転したら、鳥取から東京まで辿り着けまっせって話です。

 

 しかもバングラデシュは9時間運転とはいえ、距離にして約400キロ弱。鳥取東京間約800キロだから、その半分。なのに時間は一緒。そう勘の良い方は気付いたと思いますが、高速道路がほとんど無いからそれだけの時間が必要というわけです。

 

 そしてもっと勘の良い方は更に分かると思いますが、高速道路が無いっていうことは、イコール道がぼろいってことです。地域によっては砂利道・・・。

 

 更に非常に勘の良い方は想像つくと思いますが、そういった道を長時間車に乗っていると、体がおかしくなる・・・。疲れる、寝れない、スマホ見た瞬間に速攻スーパー車酔いになるの三重苦です。

 

 しかし2年前に、出張で来た弊社田中さん&中嶋さんの話を聞くと驚愕。彼らは同じルートで車の故障やら渋滞やらで私が9時間かかったところを、彼らは18時間だったよう・・・。

 

 しかもその数日後、船で移動中になんと船が座礁。座礁する経験って、普通99%ありえない・・・。そんな話を聞き、私はいつもラッキーだっと言われたら、この移動でもちょっと嬉しく元気になりました(笑)

 

 そんな話をしながらホテルへ無事到着。飛行機24時間乗り継いで、そのまま車で9時間揺られ、2日振りのベットに横になった瞬間は感動そのもの。さてさてしっかり寝て、明日からのミッションをやり遂げねば!しかし体痛い・・・。