社長ブログ   |  【上海での再会】

社長ブログ

【上海での再会】

2019.11.23

 只今3泊4日の上海出張に来ています。

 

 最終日の夜に2年振りに日本人の旧友と再会。

 

 彼との付き合いは約20年。初めて出会ったのはアメリカ・サンディエゴでお互いまだ20代。私より4つ年上の先輩だが、付き合いが長いだけではなく、お互い家族も仲良いことことも含めて、非常に関係が濃いため、先輩というより親友というか、何でも話せる兄貴のような存在。実際、鳥取にも家族と一緒に何度も訪れてくれているほど親しい関係。

 

 彼は2年前まで人生のうち30年間ほど、アメリカ・サンディエゴに暮らしており、とある大企業で働き、家族と共に、まさに悠々自適のアメリカンライフを過ごしていた。

 

 実は約4年前に、弊社がアメリカ・メキシコ進出する際にも、最初から会社と工場立ち上げまで共に尽力してくれた、弊社にとっても大恩人。実際今まで当社メンバーも彼に逢ったことあり、今でも何かとお世話になっている。

 

 RIVERD USAを立ち上げる際には、感謝してもしきれないほどお世話になった。当時北米進出を考えていた私が、日本からの出張でSan Diego空港に到着すると、彼が車で迎え。なんと昼間は私の為に有給取って一緒にSan Diego & Tijuanaを駆けずり回り、夜は彼の家で家族と晩飯食べ、そのまま彼の家に宿泊。次の日また起きて、家で作ってくれたコーヒー片手にメキシコまで運転してくれるなんて日々だった。

 

 一言で言えば、そのエピソードが全てを物語っているような人であり、私にとっても会社にとっても大恩人である。

 

 そんな彼から2年前に、「上海からOfferがきてる」って聞いたときは正直驚いたが、「俺のサンディエゴ出張の宿泊地が無くなるから困る!」っというやり取りをしていたのを鮮明に覚えているが、本当に突然のことだった。

 

 家族も家も仕事も安定もある現状から離れての、人生ターニングポイントとなるかもしれないOffer。

 

 「まっ、俺なら受けるね」っと、私が無責任にかる~く話したことまで覚えているが、やはり彼もOfferを受諾。流石だなと思った。上海でビジネスをするということは、恐らく世界トップレベルに過酷であろうことは、誰でも推測できる。普通に日本人の感覚でビジネスやっていては、精神的にやられるという意味でも恐らく世界一過酷なビジネスフィールド。

 

 そして彼は30年弱のアメリカ生活を終え、今から2年前単身で上海へ。その後、私もちょくちょく上海来てるが、彼は彼で出張ばかりで、私もクライアントやベンダーと逢うことがメインの為、ずっとすれ違いで逢えず。

 

 そんな彼と2年振りに、ここ上海で逢えた。そして久しぶりに語り合った。現状から昔ばなしまで色々話したが、最も印象に残ったのは夜も深くなった時間での何気ない私からの質問。

 

私 「結果、上海来て正解だった?」

彼 「間違いなく正解だったね~(笑顔)」

 

 なんとも言えず本当に嬉しかったですね。彼は単身で生活しており、この2年間この上海の地で、ビジネス上でもプライベート上でも人知れず大変なことが多々あったことは、容易に想像出来ます。しかしそれらをプラス・マイナスして、それをプラスだったと考えることが出来る彼の強さでもあり、素晴らしさでもあるでしょう。

 

 やっぱりというか、だから私は彼をずっと好きで尊敬しつつ付き合っているんだな~って再認識させられた一言であり、今回の滞在で最も心に残る言葉でした。

 

 当然の如く、人それぞれに人生があります。その人生をどの感情で受け入れるかは、結局のところ自分次第でしょう。ポジティブに捉えるか、ネガティブに捉えるのか。

 

 彼はこの激動の2年間を、間違いなく自分の人生の中で大きなプラスとして捉えている。海外で生き抜いてきた人間の強さかもしれないが、同時に間違いないのが、彼も彼の人生も前進している。限りなくポジティブに。これこそ私が知っている彼の素晴らしさだ。

 

 今、上海浦東空港でこれを書いており、これから関空に向けての帰国フライト。今回の出張は、彼から大きな刺激と勇気と元気を貰い、非常に実りある出張で清々しい気分にさせてくれた。

 

 やはり、後悔の無い、幸せな人生を過ごすのは自分次第。そしてポジティブに前に進み続けないとですね。

 

 謝謝上海、再見上海!!