社長ブログ   |  【「えるぼし認定」が取得出来た理由】

社長ブログ

【「えるぼし認定」が取得出来た理由】

2019.12.02

 12月2日(月)地元紙、日本海新聞に記載されましたが、リバードプロダクション㈱が「えるぼし認定」を取得致しました。しかも認定の段階は、3段階目。これは5つの評価項目のうち、5つの基準全て満たしたからこそ取得できた、まさに3つ星評価であり、本当に誇らしい結果でありました。

 

 実は私自身も、近いうちに日本海新聞に掲載されると聞いていたものの、いつ紙面上にとは把握してませんでした。

 

 当日2日朝、新聞を斜め読みしている中で、一つの写真があり

 

「リバードプロダクションの川北さんに似てるな~」

 

 っと眺めながら本文読むと、なんとうちの川北さんの名前が!(笑)おお!これか~!!っと朝からテンション高くなりました。

 

 ちなみにその「えるぼし」認定とはということで、厚生労働省HPから下記一文を抜粋致します。


 

<「えるぼし」認定とは>

  • 「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(以下、「女性活躍推進法」)に基づき、一定基準を満たし、女性の活躍推進に関する状況などが優良な企業を認定する制度です。

 

<認定について>

  • 主な認定基準

採用されてから仕事をしていく上で、女性が能力を発揮しやすい職場環境であるかという観点から、以下5つの評価項目が定められています。

 

  • 採用
  • 継続就業
  • 労働時間等の働き方
  • 管理職比率
  • 多様なキャリアコース

 

「えるぼし」の認定の段階

 

認定段階は3段階あり、上記5つの評価項目のうち、基準を満たしている項目数に応じて取得できる段階が決まります。

 

  •  5つ(全て)の基準を満たす:3段階目
  •  3~4つの基準を満たす:2段階目
  • 1~2つの基準を満たす:1段階目

キャプチャ

(厚生労働省HPより)


 

 そして今回特に嬉しかったのは、私が発案者でも実行者でもなかったこと。元々総務メンバーの大原さんから「えるぼし」という認定があるのでぜひ取得したいという声が上がって、弊社内女性会である、「川口やまとなでしこ会」が独自に実行し、横連携し取得までつながりました。これは本当に素晴らしいことだし、誇らしいことです。

 

 うちのメンバーにも話しましたが、今回この認証をなぜ弊社は取れたのか?この答えは非常にシンプルです。

 

 「取得するために、第一歩を踏み出し、実行したから」

 

 これが全てです。「ん?」っと思う方も多いかもしれませんが、これが簡単なようで一番難しく、かつ一番大事なことです。日本人の準備力は世界最高レベルといっても過言ではないはずです。しかし準備をしすぎたり、分析や批評や議論ばかりして何も実行しなかったりということが多すぎます。

 

 結局実行しなければ全ての時間は無駄となるわけです。達成とは、チャレンジという第一歩ありきなわけで、第一歩がないのに達成はありえないということ。

 

 これは誰しも分かっていることでありますが、これを実行するとなると意外と難しかったり、出来ていないケースがほとんどです。なぜならは人は、ミスや出来なかったときの結果を恐れるからです。

 

 しかしこれがこの30年間の日本経済の発展にブレーキをかけてきた、大きな大きな問題です。

 

 ビジネスとは結果を出すことが最も大切です。しかしその結果とは100%成功することなんてありえません。ミスをし失敗をし、その経験を糧として次に活かすから成功に結び付く。即ち、最も大切なことは第一歩を踏み出し実行すること。いくら議論をしても準備をしても結局第一歩を踏み出さないと、達成という成功には結び付くわけがないんで。

 

 そして会社の力量とは、その前進力と実行力をバックアップをどれだけ出来るかということでしょう。勿論、その過程での多くのミスを含めてのバックアップ体制です。

 

 今回リバードプロダクションが「えるぼし認定」をいただいたという素晴らしい結果。しかし私はこの結果より、第一歩を踏み出しチャレンジした彼らに心からの賛辞を贈りたいと思います。

 

 「ミスを恐れない企業カルチャー」

 

 日本でそして鳥取でビジネスをする、最大のチャレンジかもしれませんね。