社長ブログ   |  【19歳のインタビュー】

社長ブログ

【19歳のインタビュー】

2020.03.02

 先日、某報道番組にて、競泳女子の池江璃花子さんのインタビューを拝見しました。

 

 シンプルに大きな衝撃でした・・・。間違いなく、ここ最近で最も心を揺さぶられました。40歳超えたおっさんから見ると、まだまだ彼女は19歳の女の子という年齢。しかしその力強い眼差しと、意志を持った力強い言葉に圧倒され、見ていて目頭が熱くなるものがありました。

 

 御存じの通り、彼女は昨年2月「急性リンパ性白血病」を公表し、そのまま闘病生活に入りました。我々一般の国民にとってもかなりの衝撃であり、連日過熱報道され、直後の当時某大臣の軽率な発言に非難が集まるほどの社会現象とまでなったことは、記憶に新しいはずです。

 

 彼女自身、今回のインタビューで、病名を告げられた際のエピソードを話してくれました。

 

「本当にショックで大泣きした。でも部屋に戻ったら、頑張るしかないなと切り替えた。本心でポジティブな気持ちでした。五輪、金メダルという言葉から解放されてほっとして、ポジティブに切り替わったのかもしれない」

 

 え??っと自分の耳を疑ってしまいました。

 

 失礼な表現かもしれませんが、彼女はまだ19歳。自分が19歳の時を思い起こし、比較する事すら彼女に対して無礼と思えるほど、強い衝撃でした。いったいどういう精神的な強さを持っているのか、凡人の私には想像することすら出来ません。これがオリンピアンの、世界のトップで戦い続けた方の強さなのか。それとも、生まれ持っての彼女自身の強さなのか。

 

 前に進むと言葉に発するのは簡単です。彼女にとって、前に進むこと、即ち闘病がどれほどの強い意志と覚悟が必要なのかは我々には分かりません。しかしインタビューを見た限り、彼女は実直な程、真っすぐ前を向いて進んでいることが伝わってきました。

  切り替えの早さ、闘うことに対して逃げない姿勢、そして前を見てそれを実践する実行力。

 

「生きていることが奇跡」

 

という衝撃のコメントを残しながら、同時に現在の状況について、

 

「安定してます。ここからどれくらいのスピードで成長していけるか楽しみ」

 

 これからの復帰のイメージを、ここまでポジティブに考えれるなんて。この状況から先の未来を楽しみと言えるとは・・・。

 いつも思いますが、だから私はトップレベルのアスリートを心から尊敬出来ます。ビジネスの世界のプレッシャーなんて、彼女たちが生きる世界と比べればって、思ってしまいますよね。

 

 自国開催オリンピックで金メダルを!っという、十代の少女に対する期待とプレッシャーは、我々の想像を絶したはず。しかし当時の彼女に対する期待は、それをやり遂げてくれると国民は信じていた。それは彼女の、その華やかな笑顔や雰囲気が、その期待をも簡単に応えてくれそうに勝手に感じていたからだろう。

 彼女はまさに東京オリンピックのスター候補No.1でした。

 

 そこから解放されたという、彼女の心情を察する事の出来るコメントを聞いたとき、胸が締め付けられる思いがした。十代で日の丸を背負い、国民の期待を一身に背負うということの重さ。しかしそこから解放されたとはいえ、彼女の夢の舞台から遠のいたのは紛れもない事実である。

 

 あくまで個人的希望ですが、この夏の東京オリンピック最終聖火ランナー。この世紀のイベントで、この後世に残る大役が、池江璃花子さんであればと願います。彼女にとってオリンピアンとして出場する予定だった、一生に一度の自国開催オリンピックの晴れ舞台。

 

 2020年7月。本来であれば誰よりも輝く可能性を持った少女が、全ての人々を幸せにする魅力を持った彼女の笑顔と共に、そして力強く聖火を持つ彼女の姿を、あの新国立競技場の開会式で見たいと心から切望します。