社長ブログ   |  【マスク2枚】

社長ブログ

【マスク2枚】

2020.04.03

 マスク2枚。

 

 今の日本国民全てが、色々感じる言葉でしょう。ご存知の通り、安倍首相は1世帯につき布製マスク2枚を配布する方針を表明した。これを受け、国民の大多数がネガティブキャンペーンで大騒ぎ。「前代未聞の愚策」だの、「国民をバカにしている」だの、挙句の果てには「アベノマスク」と揶揄されたり。

 

 確かに私も最初に聞いたときは、「は??」というリアクションでした。

 

 しかし、政府が配布予定のマスクはマスクは1枚200円らしいです。これに単純計算で日本国内約5,000万世帯に各2枚配布すると、コストは200億円になる。それに梱包代、送料を加えるとかなりの予算措置になることは、誰でも想像出来ますね。

 

 こう言うと、だったらマスク工場を支援しろとか、他に税金を有効的な投入できないのかという論争になる。しかしどう考えても既に国内だけではなく、世界中のマスク工場がフル生産しているはずですし、仮にマスクがあったとしても、世界中がマスク争奪戦を繰り広げているのが現状です。

 

 ここで今回のポイントですが、世の中が危機的、かつ閉鎖的な状況になる中で、政府が何をやっても「言葉狩り」的な批判される風潮が強まっていることを、強く懸念します。

 

 日本政府がマスク2枚配布だけで、他何もしなければそれはとんでもないことです。しかし、色々な試みを表明し推し進めており、このマスク2枚はその中の一つに過ぎないということです。しかもマスクは配布されるわけで、買えと言っているわけではなく、無料配布なわけです。(原資が税金だと言われればそれまでですが・・・)

 

 政府はこのマスク2枚だけではなく、今後多岐にわたる対策を打ち出すでしょう。勿論この危機に対して、民主的に議論を重ねることは当然必要です。しかし今は何よりスピードが大切なわけです。スピードを優先すればミスは必ず出ます。

 

 今はそれに対して都度批判するのではなく、国民一人一人が一致団結し、批判に向けるパワーを前向きな方向に集結させ、スピード感を持ちこの世界的危機を乗り切ることが最も重要だと考えます。

 

 全人類が経験したことが無い程の、大きな危機を迎えているわけです。未曾有の事態に対して100%の対応が出来れば、そもそもこんな事態に陥ってないわけです。

 

 一人一人の意識を上げることが、我々一人一人に今最も求められていることではないでしょうか。