社長ブログ   |  「2020年度 川口グループ スローガン」

社長ブログ

「2020年度 川口グループ スローガン」

2020.05.27

 この新型コロナウイルス対策により、2014年以来毎年4月下旬におこなっていました、「2020年度 川口グループ キックオフミーティング」は、開始以来初の延期となりました。

 

 川口グループ行事の中でも、特にに重要な位置づけにしているのがこのキックオフミーティングです。例年であれば、その前年度のレビューとそして今年度のスローガン発表をおこない、各社・各事業部の方針発表とゴール設定、更に各部門表彰者の発表と、その年度のスタートとして私の中で非常に大切にしてきたイベントであります。

 これが5月を迎えた現時点で未開催というのは非常に残念ですが、現在世界的な非常事態であり、グループメンバー全員の健康と安全確保を最優先に考えると、致し方ない判断です。

 

 キックオフミーティング延期の為、「2020年度 KGPスローガン」は、先日社内放送にて下記の通り発表致しました。

 

【2020年度 KGPスローガン: 「感謝」 】

 

 今年は、我々の人生において忘れられない一年になるはずです。今現在への不安、将来への不安、自分だけではなく家族や周りの方々に対しての不安。皆さんは現在、今まで考えなかったようなことに対してまでも、深く考える日々を過ごしていると思います。

 そんな不安の中、働いてくださっているグループメンバー全員、そしてそのご家族、いつも御協力いただいているクライアント様やお客様含めた、全ての方々に対して伝えたい感情。

 

 それは「感謝」という言葉。我々はこの「感謝」の気持ちを今まで以上に強く持ち、前に進まなければならない一年となるでしょう

 

 今まであたり前だと思い過ごしてきた日常こそ、我々にとって奇跡であることを再認識させられたことは、皆さん同様に感じているはずです。私からも、日々ハードワークしてくださっているグループメンバー全員に対しての「感謝」。サポート下さっている皆さんの御家族に対しての「感謝」。そして、この時代に仕事があるという「感謝」。感謝の気持ちは尽きません。

 

 朝、同僚の顔を見て大きな声での挨拶、休憩時間に仲の良い同僚と近い距離での日常会話、仕事が上手くいったときのクライアントとの握手、仕事仲間と向かい合い業務内容を深く話し合う時間。会社で過ごす時間内でも、今はたった4か月前の年始と全く違う環境になっています。皆さんのプライベートは、その何倍も、以前では考えられない程、大変で非現実的な時を過ごしていることでしょう。

 

 今こそ家族に、仲間に、同僚に、普通のことに、あたり前だと思っていた日常に、「感謝」すべきだと感じます。

 

 これから先、我々が生きている間にありえないと思われた程、大きな世界規模の社会的変革期を迎えるはずです。それは歴史的産業革命級の、大きなうねりであると言っても大袈裟ではないはずです。勿論現時点では、これからどういう時代がやってくるかは誰にもわかりません。

 

 ただ間違いないのは、今までの価値観が通用しない、今までの成功事例も何の役に立たない、今までの常識と非常識も逆転する可能性すらある、そんな未知の時代がやってくるということです。

 

 その時代を迎えるとき、個人として、企業として、社会として、どうやって「イノベーション」を興すのか。

 

 「イノベーション」 = 「新機軸 / 革新」

⇒ 社会に影響するほど新たなものを創造し、社会に価値を生み出すこと。

 

 「イノベーション」を興すことこそ、これからのこの未曾有の時代に柔軟に対応し、生き抜く上で、最も大切なキーワードになるでしょう。その為に最も必要なことは、全てに対してそして地域社会に対して「感謝」する気持ちです。即ちそれは、地域社会に我々の価値を生み出すことに繋がると信じています。

 

 全ては「感謝」から始まります。「感謝」から地域社会への価値を生み出しましょう。一人一人の皆さんの力が今こそ必要です。お互いを尊重し合い、そして感謝し合い、グループメンバー全員で一致団結し、必ずやこの闇から光へ向けて突破しましょう。