社長ブログ   |  【10年目のBIG SURPRISE ~ Part 1 ~】

社長ブログ

【10年目のBIG SURPRISE ~ Part 1 ~】

2020.06.16

 その日は早朝から倉吉スイカの出荷式があり、倉吉選果場にて式典参列及び挨拶まわり。朝の8時から汗ばむほどの暑い一日のスタートでした。

 

 昼までJA(農協)さん含めて、スイカ農家さん梨農家さんの農場訪問。弊社中部営業所の営業メンバーとの同行。しかし新型コロナウイルス対策もあり、各自の車でバラバラ移動となります。

 

 今年のスイカや梨の現時点での状況を伺いながらですが、梅雨入りもまだしてないのに、とにかく蒸し暑い・・・。帰国して10年経過し、暑い夏や寒い冬は年々慣れてきてまだ耐えられますが、どうしてもこの梅雨だけは馴染めません。息苦しいというか、なんというか。まあ日本人でも梅雨が好きな方はあまりいないでしょうけど、その日は特に酷かったですね。

 

 汗だくになりながら午前中の一通り仕事も終了。弊社中部営業所メンバーと遅めのランチを取り、鳥取市に車に戻ろうとすると、中部営業所の元気印若手営業山根さんから、ちょっと頼み事があるので、もう一度中部営業所に寄って欲しいとのこと。

 

 オフィスに戻り、個室で打ち合わせをしていると、彼が一度その個室から退席。そもそも珍しく個室で打ち合わせなんてって思っていたところ、目の前の閉まっているドアのノック音が。

 何も考えず、ノックされたからドアを開けてみると・・・。

 

「Happy Birthday!!」

 

 中部営業所全メンバーの盛大な声と激しいクラッカーの連発音。ハッとしたと同時に頭を駆け巡ったのは、

 

 「やられた・・・まんまとはめられた・・・」

 

 そうなんです、その日は私の誕生日。満面の笑顔の彼らから、メッセージ付きの色紙とプレゼントを受け取り、笑顔と戸惑いの表情を浮かべていると、その20代若手ホープの山根さんより、いきなりのお祝いメッセージ。

 

 思いもよらぬ連続攻撃に、少し込み上げてくるものが・・・。しかし横を見ると、櫨所長がニヤリとしながら動画を撮っている。そう、明らかに私を泣かそうとする演出をしているわけです。

 そう来られると、負けず嫌いの血が騒ぎます(笑)。でもそんな動画を撮る姿も、逆に感情を盛り上げてくれるんですよね。嬉しいけどやめて欲しいという私の心の叫びと葛藤が交錯します。

 

 そして今回のメインメッセンジャーである、山根さんよりの嬉しいスピーチのようなメッセージ。

 

「入社前、一般的な社長のイメージというと、正直めんどくさい人ばかりだと思っていました。でも入社後、社長っぽくなく、いつも僕ら社員と寄り添ってくれ、近い距離にいてくれ、僕の想像していた社長像を180度変えてくれました」

 

 そして、2年ほど前に、私が彼にかけた言葉を覚えていてくれて、その後に話してくれました。さすがにこのブログに記載は控えますが、勿論私も鮮明に覚えていた言葉でした。その語り合った場所とは、仕事終わった後、皆生温泉の露天風呂に二人で入ったときのこと(笑)。

 20歳ほど年齢が違う彼と、二人で露天風呂に浸かりながら2時間ほど将来について語り合った夜。その風景を、その言葉を思い出すと、それを覚えていてくれたことに対して感動しないわけがなく、こみ上げてくるものがありました。

 

 彼の、そして中部営業所メンバー全員の気持ちが伝わる、素晴らしい午後のひと時で、同時に私にとって一生忘れられない出来事となりました。中部営業所は小さな拠点ですが、櫨所長を中心に素晴らしいチームワークと素晴らしい力を持った、川口グループでも大切な拠点です。櫨さんのグループ随一の強いリーダーシップがあるからこそ、我々が目指す、農業に寄り添った企業という会社の方向性にしっかり体現している営業所。

 今日のメンバー皆の姿を見ていても、だから良い営業所という理由が素直に分かる、そんな光景でした。

 

 会社経営をしていて、最も嬉しい瞬間というのはこういう瞬間なんだよなっと、何とも言えぬ喜びをかみしめながらの、鳥取までの楽しい運転時間。いつも見る風景もまた違った景色に見えるほどの感激でした。

 

 最高の感動とサプライズをありがとう!!