社長ブログ   |  【梨シーズンスタート】

社長ブログ

【梨シーズンスタート】

2020.08.27

 鳥取の夏、特に盆休みが終わると、本格的な梨シーズンが始まります。

 

 ハウス20世紀梨から始まり、新甘泉、二十世紀梨、王秋と、その種類は約20種類ほどと多種多様で、これから11月まで続きます。

 

 お盆の時期を過ぎると、鳥取県内各選果場より、初出荷式がスタートします。毎年JA組合長様をはじめ、各地域の要人の方々が集い、盆踊り・太鼓演舞・幼稚園児のお遊戯等、地域色が出てくる催し物があり、参加させて頂いている我々にとっても楽しみの一つです。

 

 今年はコロナ禍ということで、当然の如くどこも縮小にて開催若しくは中止という扱いもあるようで、しょうがないとは言え少々残念ですね。

 

 さて肝心の梨の出来栄えですが、やはり春先交配時期の天候不順により、どこも小玉傾向というのは否めませんが、糖度・食味等、素晴らしいという評判です。私も食べさせていただきましたが、本当に素晴らしい逸品です。

 

 今年は野菜高騰だけではなく、梨も単価が高いようです。消費者にとっては購入ハードルは上がりますが、当然農家さんの収入は良くなります。多少不謹慎ですが、こういう年がないと農家さんの気持ちも続かないと思います。

 

 仕事柄、梨農家の方々とは距離も近く、それは同時に農家の方々が一年間丹精込めて作ってこられている姿を見ていること言うことです。雨の中、選定されている姿、雪の中、作業されている姿、春に一生懸命交配作業、何万枚もの袋かけをしている姿、台風直前に徹夜で収穫する姿。365日の姿を見ているからこそ、当然思い入れも強くあります。

 

 そして毎年思いますが、鳥取の梨を口にした瞬間、鳥取のそして我々の秋がはじまります。鳥取県が全国に誇る、鳥取の梨。一人でも多くの方々にお召し上がりいただき、鳥取の秋の味覚を感じて欲しいですね。

 

 今年という年が、全ての梨農家さん達にとって、素晴らしいシーズンになることを切に願います。

5484454839_05484154845