社長ブログ   |  【President Trump’s COVID-19 ②】

社長ブログ

【President Trump’s COVID-19 ②】

2020.10.15

 超エンターテイメントであるアメリカ大統領選挙直前での、トランプ大統領の新型コロナウイルス感染。これが今回のトピックだが、彼は1か月前の時点で、バイデンに大きく水をあけられて再選は難しいだろうというのが、大手メディアの統計データと見解。

 

 そしてドナルド・トランプアメリカ大統領の新型コロナウイルス感染。前回記述した通り、世界トップの医療チームが、彼を回復させるという大前提でだが、この選挙最終局面で、状況は大きく変わるということ。

 

 メディアは相変わらず、トランプに対してネガティブキャンペーンの嵐。保守派層や高齢者層が、今回のマスクを疎かにした彼の行動と感染で、彼はさらに大きく支持率を下げたというのが一般的な評価らしい。

 

 本当にそうだろうか?

 

 アメリカ人は、強いリーダーを求める。極論で、これはアメリカ人だけではなく日本人も同じだろう。新型コロナウイルスに打ち勝ったという事実。何故ならば、アメリカ大統領選挙はノンフィクション・エンターテイメントであり、ハリウッド映画のような結末を求めるからだ。

 

 アメリカ大統領選挙は、11月3日。

 

 直前での支持率はバイデンが約10ポイントリードと言われ続けている。もっといえば、今年に入ってからバイデンが大きくリードし続けているらしい。

 

 そしてメディアは連日、トランプ非難のネガティブキャンペーン。そのメディアとは、CNN、NBC、ABCのTV局は勿論、ワシントンポストやニューヨークタイムスといった全国紙で、その翻訳された情報を我々日本人も目にする。

 連日この報道を見ていると、トランプが再選するわけがないと思って当然だ。だがこれがメディア報道の怖いところであることを感じている人がどれほどいるだろうか。要するにメディアの報道が全て真実では無いということ。

 

 ちなみに今回の選挙を言い換えれば、「トランプ vs バイデン」ではない。「トランプ vs アンチ・トランプ」という構図だ。もしくは、「トランプ vs メディア」の最終決戦。

 

 前回4年前選挙も同様であったが、当時もトランプは圧倒的不利と言われていた。しかしアメリカ人には一定数の、隠れトランプファンがいる。トランプ支持と言うと、無教養だとみられるからという理由も含めて、アメリカ人は我々日本人の想像以上に他人の目を気にする人が多い。

 

 更に言えば、自国最優先をするという彼の発言を頼もしく思うのは、その国民として当然である。「America First」、当たり前のことだ。自国のリーダーがこれを考えるのは当然であるし、日本の総理大臣が「日本より他国優先主義」っといえば、日本国民としてどう思うかということだ。「America First」という発言は、トランプ大統領だから批判されただけのことであり、本来は超正論であることは明白である。

 

 4年前のように大どんでん返しが起きる可能性は、メディアが騒いでいるよりずっと高い可能性を残していることを理解した上で、このノンフィクション・エンターテイメント鑑賞という角度で見ると、エキサイト出来るはずだ。新型コロナウイルスに打ち勝った、強き大統領が復活したというストーリー。

 

 そしてこのストーリーの結果は、、、メディアが騒いでいるように、圧倒的に差が開いてバイデンが当選するという結末にならないことだけは明白であろうと私は思っている。何故ならアメリカ人は、この4年に一度のエンターテイメントを楽しみにしているからだ。

 

 いずれにしても、キーはスイングステート、ずばりフロリダ州であろう。