スタッフブログ   |  幸せを呼ぶ砂漠のアート

スタッフブログ

幸せを呼ぶ砂漠のアート

2021.03.15

2020年11月に入社したペットライフ事業部の西條です。

入社し、約4ヶ月経ちます。毎日初めてのことだらけで悪戦苦闘しておりますが、周りの方々がとても良くしてくれており、大変良い環境で仕事ができているな~と感じている毎日です。

 

本日は私の趣味について書きたいと思います。

私は専らインスタグラムに載せる写真を撮るのが趣味です。いわゆるフォトジェニック。『映える』写真です。鳥取に関してはcaféのご飯、スイーツを中心に新規開拓しまくって写真を撮り、インスタグラムに載せています。フォロワーの方に褒められると嬉しいからです。鳥取の映えるcaféを知りたい方は是非西條へ連絡してきてください。

 

それはさておき。

2019年10月。コロナが流行る3ヶ月程前です。アメリカ旅行へ行きました。親しい友人が住んでいたからです。何年も前にとある場所の写真を見てからずっと行きたいと思っていたところがアメリカにありました。

 

【サルベーションマウンテン】です。

 

皆さん知ってますか?

このとんでもない映えスポットを。

 

ロサンゼルスから車で3時間ほどの場所にあり、水も電気も通ってない地域です。

 

芸術家のレオナードナイトさんの手によって30年もの年月をかけて作られた作品がサルベーションマウンテン。

 

見よ!!このポップな異世界を!!

 

 

わあああぁぁぁああ~~~。すご~~~い。

フォトジェニック~~~。

 

と、思わず声に出してしまうほどすごくポップで、女の子が好きそうな作品ですね。

 

キラキラ女子に人気の観光スポットです。私が行った時も、お洒落で可愛いキラキラ女子が写真を撮りまくってました。私も撮りまくりました。

 

私が行ったのは10月でしたが、気温は真夏でした。本当の真夏に行くと気温約50度ほどの炎天下になるようなので、夏を外して行くことをオススメします。

 

コロナの影響で旅行にも行けませんが、皆さま旅行気分は味わえたでしょうか。

 

サルベーションマウンテンの近くにあるイーストジーザスというアートスポットにも行ってきましたが、それは次ブログを書く機会があれば紹介します。

 

こんな得意げに書いておりますが、初の海外旅行でした。

コロナが落ち着いたら、別の国に行きたいですね。

 

次はコーポレーションの私と同じペットライフ事業部の森岡さんお願いします。