社長ブログ   |  【アメリカ大統領選挙結果を見て】

社長ブログ

【アメリカ大統領選挙結果を見て】

2016.11.09

 本日2016年11月9日(アメリカ時間8日)は、歴史の分岐点として後年語り継がれる日となるかもしれない。そう御存知の通りアメリカ大統領選挙にてトランプ候補が当選確定としたことである。

 

 世界中が「世紀の番狂わせ」という報道をしているが、果たして本当にそうであるのだろうか?私自身、かなり前からこの結果はある程度予想していたし、実は多数のアメリカ人もこの結果を予想していたんではないかと思う。実際投票していたのは彼ら自身ですからね。結果的に一番驚いているのは日本を含めた外国人と世界中のメディアではないだろうか。

 

 今回の結果は日本のメディアだけではなく、アメリカ本国のメディアも大きく翻弄された結果であった。アメリカ新聞100社の中で、クリントン支持は52社、トランプ支持はなんとたったの2社であったそうだ。

 日本のメディアに至っては、トランプのネガティブな部分ばかりフォーカスし、まるで日本にとって悪の権化のような偏った捉え方をさせていた。実際私も何人もの方から「もしトランプが大統領になったとしたら、アメリカ人の倫理観を疑う」的な発言をうけたが、日本のメディアだけ見てればそう洗脳させられるのも致し方ないと思える程、酷い報道だった。

 

 私はそれらに対しかなり懐疑的な印象を持っていたが、たぶん多数のアメリカ人が同様な感覚を持っていたことは投票数から明らかである。これはどういうことかというと、メディア情報信頼性の失落に通じる。メディアはもはや人々を代弁する役でも真実を伝えることすら出来ていない意味で言えば、メディアが伝える「世論」とはもはや無意味なのかもしれない。要するにこの情報化社会においてメディアに振り回される部分が小さくなっているのかもしれないということだ。

 そしてそのメディアを罵倒しながら喧嘩をし、結果的にメディアを効果的に使う術はあの橋下前大阪市長に近いものを感じる程たくみであった。

 

 今回の結果はアメリカ人のアメリカ人たる「本音と建前」の部分が見え隠れする。トランプ支持と発言すると、無知論者だと指差されることを恐れながら、投票所に行くと結局トランプに投票していたという事実が一体何千万人いたんだろうか・・・。

 

 そして以前もこのブログに書いたが、物事の表裏一体性と自分がその現状に置き換えた時に感じる世界観がポイントである。結局人間とは自分と家族を含めた身の回りの人間が大事である、それを脅かすものは全て敵となりえる。自分のお金、家族のお金は自分たちのお金であり、見ず知らずの不法移民や外国人に払うほど寛大な人は少ないということだ。もちろん溢れるほどのお金を持っている富裕層は違うだろうが。下記私がこの7月13日に記載したブログである。

 

【真のグローバル化の意味とは】

http://www.kawaguchi-group.jp/blog_president/1581/

 

 要するに我々が現在のアメリカ人の状況になったことがないので、それを「なぜトランプなんかに投票するの?」という議論すらナンセンスに思えるのは私だけだろうか。        

 

 今回の選挙はアメリカ民主主義の成熟性と怖さを感じる。一票の力が世界を変えるのである。不法移民をいくらバッシングしようと、彼らは不法移民であるために選挙の投票権はない・・・。トランプは全て分かっていたかのようだ。イギリスのEU離脱も同様であった。

 

 しかしながら今回の結果はネガティブだけではないはずだ。そして多種多様の価値観があることがアメリカ最大の強みであり魅力であると私は感じる。価値観とは皆と同様であるべき、価値観とはたくさんあるものではないという教育を受け続けた日本人とは根本的に違うのだ。

 今回の結果の一部は「現状の流れで=クリントン」「現状の打破を=トランプ」とも取れるはずである。即ちこれがアメリカの強さだろう。世界No1国家であるアメリカでも更にKAIZENを求める人もいる。

 こういう国民が多い国家はきっと強いはずだ。そして同様なことが企業にも言えるであろう。

 

 今後世界がどう動いていくのかは私には分からない。しかし世界が大きく変わっていくことは間違いない。我々鳥取にいても決して対岸の問題ではない。この時代と流れを敏感にそして大胆に掴んでいかねばこの時代から取り残される。

 トランプ大統領誕生という結果は、我々にとって考えさせられることがあまりにも多いが、我々も前に進んで行かなければならないということだけは間違いない。

 

 新しい価値観と新しい時代の幕開けであることもまた間違いない一日であったようだ。