スタッフブログ

スタッフブログ

感銘を受けた言葉

2020.05.15

車載の田中さんからバトンをもらった下多です。今回でブログは二回目になります。

今、世の中は新型コロナウイルスの影響で様々なことが出来なくなっています。中でも僕が残念なのは、スポーツが中止になっていることです。

いろんなスポーツが好きなのですが、特に野球がないのは今までにないことなので戸惑っています。その野球選手の中で特に大好きだったのは、惜しくも去年引退したイチロー選手です。イチロー選手のプレーを見るのが当たり前だった日々は、何よりもかえがたい日々でした。

イチロー選手との出会いは小学校六年生の時です。僕も野球をやっていて、イチロー選手のバッティング、守備、走塁全てが憧れでした。僕にとってイチロー選手が野球選手というものを越えた存在になったので、プレーにおいてだけではありません。イチロー選手の言葉が心に響いたからです。

学生時代悶々としていた時、イチロー選手のプレーを見て心を晴らし、イチロー選手の言葉を聞いて進む方向を見つけていたのです。何に向かっていいか分からない自分に響いた言葉にこんなものがあります。

 

「小さなことを重ねることが、とんでもない所に行くただ一つの道」

 

この言葉は、イチロー選手がメジャーリーグの年間最多安打の記録を超えた時のものです。

その時の僕は、目の前のことに身が入らず、何もかもいい加減にやっていました。でも、それではいけないとイチロー選手が言ってくれたのです。目の前の小さな事、当たり前の事を毎日積み重ねる、それが自分が進むべき道につながっていることに気づかされたのです。そしてイチロー選手は、それを実際にプレーでも示してくれていたのです。それが僕だけではなく、世の中のたくさんの人が、イチロー選手を特別な存在として受け入れているのだと思います。イチロー選手の打つヒットはただのヒットではないのです。イチロー選手の言葉を借りれば「芸術品」なのです。

 

芸術は人の【喜怒哀楽】を起こし、収め、慰める。イチロー選手が一本のヒットを打つように僕達も一歩踏み出したい。そして、コロナで後ろ向きになっている今だからこそ、一人一人の一歩が求められているのではないでしょうか。

 次は、円筒加工係の西田さんです。


新型コロナウイルス

2020.04.30

皆さん、こんにちは。

リバードプロダクション 車載加工係の田中です。

この春から主任になり、分からないことがたくさんあり、毎日が大変ですが、

色々な人の協力があり、毎日なんとかなっている状態です。

 

最近ニュースでコロナウイルスを聞かない日がないですね。

新型コロナウイルスに感染しないようにするために一人ひとりが出来る対策は

 

①手洗い

ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、

自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。

外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。

 

②普段の健康管理

普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、

免疫力を高めておきます。

 

③適度な湿度を保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。

乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちます。

 

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

このサイトからの転載ですが、一人ひとりが対策すれば少しは、

感染者が減ると思うので、みんなで対策していきましょう。

 

次回は、円筒加工係の下多さんお願いします。


脳トレ

2020.04.15

皆さん、こんにちは。

リバードプロダクション 品質管理課の中村です。
今年1月に入社し、3カ月経ちました。
日々業務を習得・確認しながらの毎日で、体力・気力を奮い立たせて取り組んでいます。

 早いもので季節も冬から春に移り変わり、食事会や旅行など計画したいところでしたが、
2月、3月新型コロナウィルスが流行し、4月に入って鳥取でも感染者が判明した為、自粛せざるを得ないですね。
今後も生活管理・体調管理を行い、外出自粛等出来る事をしていきましょう。

 そこで家にいることが多くなり、近年私がハマったパズルをご紹介します。
 数独(すうどく)というパズルで、3×3のブロックに区切られた9×9の正方形の枠内に
1~9までの数字を入れるペンシルパズルの一つです。
「ナンバープレース(ナンプレ)」と呼ばれています。
ペンシルパズルとは、図示された問題に対して答えを徐々に書き込むことによって、最終的な解答を行う形式の
パズルのことで、迷路やクロスワードパズル、このナンプレが代表的なものだそうです。

一問解けるとスッキリ!!するのですが、詰まってしまうと悶々とする、ちょっとしたストレスになるかも・・(笑)

最近では、地元新聞に毎週日曜に掲載されていますし、書店には懸賞応募つきの冊子や、
百均にも難易度毎の冊子もありますので、一度試してみるのはいかがでしょうか。
それぞれ違った楽しみ方があるかもしれません。

ナンプレをすることで、脳が鍛えられることを期待します。

次回は、車載工程 田中さんにお願いします。