スタッフブログ

スタッフブログ

最高の焼酎

2016.03.31

こんにちは(-3-)/^^ケイビーシー組立加工係の石尾です。宜しくお願いします♪

 

今回は私の大好物を紹介したいと思います。

それは焼酎です。

一日仕事して疲れた体を癒してくれる大事な特攻薬です。

世の中に多数存在する美味しい焼酎の中から選りすぐりの焼酎を芋と麦に分けてランキング形式で紹介したいと思います。

 

まずは芋部門から☆

 5位  七夕(黒)  25度  値段も安く黒麹ならではのしっかりした風味がとても良い。imo
 4位  赤兎馬(赤) 25度  芋焼酎ながらとても口当たりが良い。
 3位  茜霧島    25度  芋焼酎とは思えないくらいフルーティーな味わい。
 2位  ないな    25度  程良く広がる芋の香りと上品な甘さがとても良い。

そして栄えある1位に輝いたのは・・・

 1位  前田勝國   35度  自然な甘みとまろやかさが存分に味わえます。そして
                  おススメの飲み方は度数が高く、冷凍庫に入れても凍
                  らないのでキンキンに冷やしてストレートで飲むのが
                  最高です。

 

次は麦部門へ☆

 5位  離小島    30度  まろやかで深く厚みのある味わいです。mugi
 4位  吉四六    25度  とてもコクがあって麦がきいています。
 3位  ぼくチュウチュウ  20度  特徴的なビンに入ったとても香ばしい味わいです。
 2位  百年の孤独  40度  言わずと知れた麦の最高峰。ブランデーのような芳醇さ
                  です。

そして栄えある1位に輝いたのは・・・

 1位  久遠の滴   37度  馥郁(ふくいく)たる香りと芳醇な味わいを楽しむ事が
                  出来ます。一口飲んだらきっとはまる事間違いないで
                  しょう。

 

今回紹介させて頂いた焼酎はほんの一部であってまだまだ美味しいお酒はいっぱいあります。syotyu
お酒が好きな方、おられましたらどしどし声掛けて下さい(#’3’)♪
そして飲みながら楽しい夜を過ごしましょう(・A・)/

 

次はケイビーシー品質管理係の坂本さんです。
宜しく~☆★


我が家の新しい家族

2016.03.15

こんにちは、ケイビーシー組立加工係の山根です。 よろしくお願いいたします。

 

我が家の新しい家族の紹介をしたいと思います。

その新しい家族は2月の寒い日に我が家にやってきました。長男の部屋で何やら「カラカラカラ・・・」と音がするのでそっと覗いてみると、その部屋には見たこともないゲージがあり、さらにゲージの中を覗いてみるとひょっこり顔を出してこちらをじっと見つめている・・・ハムスターです。

長男が自分のお小遣いで買ってきたメスのジャンガリアンハムスターです。

 

最初はハムスター=ネズミと いうイメージがあり遠目に見ていたのですが、エサを食べるしぐさ、滑車を一生懸命回している姿、エサがほしくて必死に小さい手を伸ばしておねだりする姿を見ていると、日に日にかわいく見えて、今では近くで毎日顔を見るのが日課になっています。

名前もつい先日やっと決まって女子なのに「ハム助」・・・。

毎日、大好きなヒマワリの種を食べて、すくすくと成長しております。

そして、彼女の可愛さに、毎日癒されております。

写真を撮ってお見せしたいのですが、撮ろうとすると隠れてしまうためお見せできないのが残念です。

 

 

次回はケイビーシー組立加工係の石尾さん、よろしくお願いいたします。


私と洋裁

2016.02.29

寺尾さんよりバトンをいただきました、リバードコーポレーション本社製造課 吉岡です。
よろしくお願いいたします。

―灰色を選んでいる私がいる。目立つ色は好みじゃない。そっと周囲に溶け合っているのが好きなのか…。
もしかしたら、こんなところに世間知らず、井の中の蛙的な私の生き方が反映されているのかも知れない。―

__ 2

 

14年通っている趣味の洋裁教室では、吉岡蛙がそっと大海を覗き見しています。
そこに見える大海は多様な個性が重なり合って多彩な色合いの時が織りなされています。
私はもっぱら聞き役だし、その空気を楽しんでます。

先生は一流、豊富な経験を持つ人生の先輩達の軽口も面白いです。少々辛口な言葉が出ても誰も動じないです。
その中から軽快な笑いが生まれます。
吉岡蛙は洋裁教室のこのような雰囲気が好きで、ほぼ皆勤です。

娘や孫やお嫁さんの喜ぶ顔を思い浮かべて「すごい!お母さん、これネットで売れますよ!」という言葉に気持ち良くなりながら、
きっとまた灰色や黒の布を選んで身体が動かなくなるまで覗き見したいなと思ってる吉岡蛙です。

__ 1

 

ありがとうございました。

次回はケイビーシー組立加工係の山根さん、よろしくお願いいたします。